\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
大江戸医聞 十八文おおえどいぶんじゅうはちもん

大江戸医聞 十八文
(c)講談社
著者・作者
石ノ森章太郎(いしのもりしょうたろう)
掲載雑誌
石ノ森章太郎デジタル大全
発行元
講談社
ジャンル
少年漫画 医療・病院系
キーワード
アクション時代モノ歴史日常人情
配信
3巻 完結
1人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「大江戸医聞 十八文」のあらすじ | ストーリー

「一服十八文じゃ。」──将軍も町人も売春婦も分け隔てなく、たった十八文で診療する名医・長田徳本(ながた とくほん)。牛にまたがり酒を飲み、乞食同然の出で立ちで「十八文じゃ」と呼び売りするこの男を、名医と言う者あればヤブと言う者あり。ある日、城から将軍家光の使者がやってくるのだが……!? 伝説の医聖・長田徳本の活躍が、石ノ森章太郎の医療モノ人情時代劇として蘇る!!

巻一覧

  • 1巻
    大江戸医聞 十八文(1)

    大江戸医聞 十八文(1)

    242ページ | 400pt

    「一服十八文じゃ。」──将軍も町人も売春婦も分け隔てなく、たった十八文で診療する名医・長田徳本(ながた とくほん)。牛にまたがり酒を飲み、乞食同然の出で立ちで「十八文じゃ」と呼び売りするこの男を、名医と言う者あればヤブと言う者あり。ある日、城から将軍家光の使者がやってくるのだが……!? 伝説の医聖・長田徳本の活躍が、石ノ森章太郎の医療モノ人情時代劇として蘇る!!

  • 2巻
    大江戸医聞 十八文(2)

    大江戸医聞 十八文(2)

    234ページ | 400pt

    「医は忍術」というけれど、算術医ばかりが横行した江戸時代、貴人も賤人もたった十八文で診療する名医がいた。粗末な家で少々の酒を楽しみ、時々馴染みの夜鷹(よたか)と夜を過ごし、かわいい孤児とつつましく暮らす長田徳本(ながた とくほん)。薬草の研究も欠かさず、どんな病も怪我も十八文で治すと評判の男だったが、徳本にも手におえない病があった。かかると必ず百日で死ぬ“百日病”と言われた「癌」に徳本は……!?

  • 3巻
    大江戸医聞 十八文(3)

    大江戸医聞 十八文(3)

    242ページ | 400pt

    初診料五十両の江戸で評判の女医と、わずか「一服十八文」の長田徳本(ながた とくほん)が、酒毒患者の治療で対決することになった。どちらも名医。治療の成果から見えてくる、徳本の医療とは!? 一方、徳本が養育する孤児・おみのは思春期を迎え、ますます情婦のお鷹に嫉妬する……。実在した伝説の医聖が、江戸時代の医療を通して現代の医療と社会的病巣までも斬る! 石ノ森章太郎の医療モノ人情時代劇、ついに最終巻!!

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「大江戸医聞 十八文」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「大江戸医聞 十八文」のみんなのまんがレポ(レビュー)

現在まんがレポはありません。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。