\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
うせもの宿うせものやど

うせもの宿
(c)小学館
著者・作者
穂積(ほづみ)
掲載雑誌
月刊flowers
発行元
小学館
ジャンル
女性漫画 SF・ファンタジー
キーワード
感動くらし・生活異世界人情
配信
3巻 完結
掲載時期
2010年代~
1944人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「うせもの宿」のあらすじ | ストーリー

少女のような女将さんがいる古い宿。そこを訪れる客は、失くしたものが必ず見つかるという。不思議に満ちた「失せもの宿」で起こる数々のドラマ、そして秘められた謎とは――。デビューコミックス「式の前日」、連載第1作「さよならソルシエ」が大ヒットの俊英・穂積が描く、驚きと感動の和風ファンタジー。

巻一覧

  • 1巻
    うせもの宿(1)

    うせもの宿(1)

    195ページ | 420pt

    少女のような女将さんがいる古い宿。そこを訪れる客は、失くしたものが必ず見つかるという。不思議に満ちた「失せもの宿」で起こる数々のドラマ、そして秘められた謎とは――。デビューコミックス「式の前日」、連載第1作「さよならソルシエ」が大ヒットの俊英・穂積が描く、驚きと感動の和風ファンタジー。

  • 2巻
    うせもの宿(2)

    うせもの宿(2)

    191ページ | 420pt

    さがし物が見つかる不思議な宿。そこは未練を抱えた者が訪れる場所だった。少女のような女将さん、宿に客を案内する男、そして宿の従業員たち。それぞれが抱える過去と秘めた思いとはーー!?[式の前日][さよならソルシエ]の穂積が贈る、驚きと感動と愛のファンタジー。

  • 3巻
    うせもの宿(3)

    うせもの宿(3)

    195ページ | 420pt

    少女のような姿の「女将さん」こと松浦紗季と、宿の案内人「マツウラ」こと、松浦篤志。幼い頃に出会い、その後再会した二人は、やがて恋に落ちた。願いは一緒に幸せになること。だが、そんな二人を引き裂く悲劇が--!? 失くしたものが見つかる不思議な宿「うせもの宿」が舞台の和風ファンタジー、衝撃と感涙の完結巻!

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「うせもの宿」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「うせもの宿」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(5.0) 投稿数2
40代 女性 会社員 (公開日:
購入者レポ 【 良かった 】
とてもいい作品でした。 興味深い作品でした。 今までみた内容でもこういった作品はない。 最後は切なかったです。
30代 男性 会社員 (公開日:
購入者レポ 【 あなたな? 】
タイトルに惹かれ読み出したら留まらなくなり一気に読んでしまいました。読み出すと吸い込まれたていく世界観、共感出来る内容。全てが最高でした。少女漫画とは知らず後からびっくりするやら、少し恥ずかしいやら、でした。 生きている、今の私が昔無くしてしまった物、心の中に封印してしまった感情、そして今現在、家族を持ち家庭を上手く支えきれず、障害者として生きている自分。それを支えてくれる家族や友人。今、親によく言われるお前には欠落している感情がある、と言われる意味。を考えさせられました。でも自分では解らないんです。その欠落した感情が、取り戻したいとも、今まで思わなかったし。しかし、探そうとは思う様になりました。俺の妻や子供達の為に、良く心に響いた良い漫画です。
30代 女性 主婦 (公開日:
購入者レポ 【 一生 心に残る作品。そして言葉。 】
「さよならソルシエ」の中にも、一生心に 残しておきたい言葉があった。 そしてこちらの作品にもあった。 この作者の方は、本当に絵が綺麗で、 感情を表すのが上手。 そしてとても深い。 「じっくり読み」だけでは終われなかった。 すっかり穂積さんのファンになってしまった。
30代 女性 会社員 (公開日:
購入者レポ 【 情緒的 】
とても情緒的な作品だと思います。 タイトルもよく練られていると感じました。例えば三巻の麦藁菊の花言葉は「永遠の記憶」、金木犀は「初恋」「真実の愛」、待雪草は「あなたの死を呼ぶ」「慰め」など、いいチョイスだと思います。 一つの言葉に複数の意味を見出せなかったり、リアリティを求める人は、この作品は合わないのかもしれないです。 あと、番頭さんは結局誰やねん!という方多数いらっしゃいますが、謎は謎のままの方がいいこともあるし、生と死について人は知らないこともたくさんあります。なので、別に誰であってもいいし、わざわざ暴くのも野暮だと思います。三巻で完結してますが、うせもの宿はずっとあの場所にあり続けるという事だと思います。 私は好きです。全ての謎が解明されなくても、少し切ないですが女将さんは幸せになれたと感じることができました。
40代 女性 会社員 (公開日:
購入者レポ 【 単行本を全巻購入決定 】
ここでは本屋で買うか買おまいか悩んだ本を読むようにしています。 この先生の本はぜひ一気に読破してほしい。 読み終えた後の感情は、スッキリはしません。 しませんが、多いに「人生」「対人」「愛情」「憎しみ」について考えさせられます。 また1年後、5年後、10年後、老いていく自分が 「人生の終末」についてリアルにむきあえるようになってきた時 あの時読んだこの本の「何とも言えない心の苦しさ」の意味が分かるような気がします。 この本もそうですが、この先生の作品はどれも 一言で表現出来ない「深さ」がありますね。 どのキャラクターも感情表現が読み手までしっかり伝わってきます。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。