\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
僕はビートルズぼくはびーとるず

僕はビートルズ
(c)講談社
著者・作者
藤井哲夫(ふじいてつお)かわぐちかいじ(かわぐちかいじ)
掲載雑誌
モーニング
発行元
講談社
ジャンル
青年漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
音楽タイムスリップ歴史上人物
配信
10巻 完結
掲載時期
2010年代~
23人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「僕はビートルズ」のあらすじ | ストーリー

それはビートルズへの裏切り。――2010年から1961年にタイムスリップした、ビートルズのコピーバンド。自分たちのきた時代がビートルズのデビュー前年だと知ったメンバーは、ビートルズになり代わることを決意する。“もし、僕がビートルズより先に『イエスタデイ』を発表したら、僕はビートルズになれるかもしれない”

巻一覧

  • 1巻
    僕はビートルズ(1)

    僕はビートルズ(1)

    197ページ | 600pt

    それはビートルズへの裏切り。――2010年から1961年にタイムスリップした、ビートルズのコピーバンド。自分たちのきた時代がビートルズのデビュー前年だと知ったメンバーは、ビートルズになり代わることを決意する。“もし、僕がビートルズより先に『イエスタデイ』を発表したら、僕はビートルズになれるかもしれない”

  • 2巻
    僕はビートルズ(2)

    僕はビートルズ(2)

    192ページ | 600pt

    1961年。これは悪魔の誘惑か、神からの啓示か。『抱きしめたい』を発表したのは、ビートルズではなく日本のバンドだった。――2010年から1961年にタイムスリップしたビートルズのコピーバンド「ファブ・フォー」のマコトとショウ。彼らのデビューシングル『抱きしめたい』は、本来1963年にビートルズが発表するはずのものだった。“俺たちは動き出したんだ。俺たちこそがビートルズになるために”

  • 3巻
    僕はビートルズ(3)

    僕はビートルズ(3)

    192ページ | 600pt

    歴史からビートルズを奪う。それは許されざる行為。――“お前はビートルズじゃない!!”1961年にタイムスリップしたビートルズのコピーバンド「ファブ・フォー」のマコトとショウは、ビートルズの『抱きしめたい』を自分たちの曲として発表した。ラジオから聴こえるそのメロディーを耳にした元メンバーのレイは、抑えきれない怒りを胸にマコトたちとの接触を図る。

  • 4巻
    僕はビートルズ(4)

    僕はビートルズ(4)

    194ページ | 600pt

    “ジョン、ポール。「ファブ・フォー」の『抱きしめたい』はどうだった?”イギリスのレコード会社との契約のため渡英したマキは、マコトの依頼でビートルズとキャバーンを見るためリヴァプールを訪れる。しかし、そこでマキを待ち受けていたのは、衝撃の事実だった!

  • 5巻
    僕はビートルズ(5)

    僕はビートルズ(5)

    191ページ | 600pt

    “俺たちがビートルズを消したんだ。彼らが発表するはずの曲を奪ってしまったから”リヴァプールからマキが持ち帰った、ビートルズ解散の噂。自分たちの行動がビートルズを消してしまったと感じたショウはマコトに激しくつめより、バンドに亀裂が生じてしまう。

  • 6巻
    僕はビートルズ(6)

    僕はビートルズ(6)

    192ページ | 600pt

    “ビートルズがいなくなったのなら、彼らのすべてを伝える責任が俺たちにはある”ビートルズ解散の噂を知ったレイは、六本木にメンバーを呼び出しある決意を伝える。“始まりの地”から動き出す運命は、「ファブ・フォー」をどこに導くのか!?

  • 7巻
    僕はビートルズ(7)

    僕はビートルズ(7)

    190ページ | 600pt

    “最高のファーストアルバム。それはビートルズの最高のアルバムってことだ”ビートルズの全時代・魅力を網羅したファーストアルバムが完成。後楽園コンサートも控え順調に歩みを進める「ファブ・フォー」。だがコンサート直前、ショウが何者かに誘拐されてしまう。このまま世界への夢は潰えるのか!?

  • 8巻
    僕はビートルズ(8)

    僕はビートルズ(8)

    190ページ | 600pt

    “もう一度生まれ変わったとしても……俺はお前らと「ファブ・フォー」をやりたい”――前代未聞の後楽園コンサートに向け歩みを進める「ファブ・フォー」だが、彼らの活躍を妬んだ蛭田(ひるた)によりギターのショウが誘拐されてしまう。誘拐犯のひとり、熊野(くまの)からの電話によってショウの居場所を知った所属事務所社長のマキは助けに向かうが、金銭からコンサートの妨害に目的を変えた蛭田は、ショウの指を切り落とそうとしていた。その時、謎の老人が現れる。その正体とは?

  • 9巻
    僕はビートルズ(9)

    僕はビートルズ(9)

    190ページ | 600pt

    後楽園コンサートの成功を受け、ロンドンで行われるミュージックコンベンションに参加することになった「ファブ・フォー」。渡英した4人はコンベンションの前に、自分たちの演奏を評価してくれたブライアン・エプスタインに会うためリヴァプールを訪れる。エプスタインの希望により、ビートルズの聖地「キャバーン・クラブ」で演奏することになった4人。ビートルズを作った男と呼ばれたブライアン・エプスタインの真意は!?

  • 10巻
    僕はビートルズ(10)

    僕はビートルズ(10)

    241ページ | 600pt

    「ファブ・フォー」とビートルズ 禁断の邂逅。音楽の本質を問う大型連載、衝撃の最終巻!! “ビートルズになれないとわかっていても、その魔力から自由になりたかったんだ”――英国の地でついに出会ってしまった「ファブ・フォー」とビートルズ。そこでマコト達は、歴史にない214曲目のビートルズナンバーを聴くことになる。本物の才能に触れ、レイが下した重大な決断とは――。

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「僕はビートルズ」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「僕はビートルズ」のみんなのまんがレポ(レビュー)

50代 女性 パート・アルバイト (公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 勘違いなストーカーと同じ 】 レポを見る
ビートルズをリアルには知らないが生まれたときからその音に親しんできた。 とても心酔し研究し、本人よりも本人達ビートルズを理解していると、勘違いも甚だしい主人公とその仲間が、他人の創造物を盗み、盗んだ物で本物に挑むと言うような蛮行を行う。 その外枠の情報過多の現在で、もしかしたら自分達はビートルズを越えていると他人では無く、自分で思う主人公。 時空を越えて、ビートルズの生まれる前にタイムスリップ彼等のこれからを盗み立場を盗む主人公達。 最終的にはビートルズの曲は本人に返し、説明不足の弁明に対しても、盗んだ自分達の都合良く解釈してまるでハッピーエンド。 タイムスリップもので他人の未発表の能力を利用していく話は珍しいが主人公とその仲間に、ちっとも感情移入出ず不愉快なままだった。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。