\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載誌

まんが王国ラボ
まんが王国公式facebook
まんが王国公式twitter
クラウドファンディング-fundiy(ファンディー)
FUNDIYSTORE
世の中の話題をイラストに-ETOPICA(エトピカ)

漫画・コミック
親なるもの 断崖おやなるものだんがい

親なるもの 断崖
著者・作者
曽根富美子
掲載雑誌
ミッシィ
ジャンル
女性漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
くらし・生活風俗時代モノ日常人情
配信
2巻 完結/51話 完結
掲載時期
2000年代~
3165人がお気に入り登録中

配信終了

「親なるもの 断崖」のあらすじ | ストーリー

彼女たちは、渾身の力を振り絞り闘い続けた…!!――昭和2年4月、北の海を渡り、4人の少女が北海道室蘭の幕西遊郭に売られてきた。松恵16歳。その妹・梅11歳。武子13歳。道子11歳。松恵はついたその日に客をとらされ、首を吊った。奈落の底で、少女たちの血を吐くような人生が始まった!!

\まんが王国無料会員になるとこんなにお得!/

その1
会員限定
無料作品
その2
会員登録
特典クーポン
その3
期間限定
¥0作品
その4
来店
ポイント

会員限定試し読み作品がたくさん!

お得なクーポンがもらえる!

今会員登録すると半額クーポンプレゼント!

※コミック購入時に使用できる半額クーポンとなります。

期間限定¥0作品!!

来店ポイントを毎日貯めよう

毎日ポイントGETのチャンス!
お得にポイントを貯めてマンガを読んでね♪

ポイントが不足しています

親なるもの 断崖
今だけ割引中
必要ポイント
所持ポイント0pt
不足ポイントpt
※各種キャンペーンのボーナスポイントは付きません

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「親なるもの 断崖」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「親なるもの 断崖」のみんなのまんがレポ(レビュー)

30代 女性 主婦 (公開日:
購入者レポ 【 買って損なし 】
買おうかどうか迷ってる人が居るなら、是非買って欲しい。読んで損はしないと思う。 こういうことがあった、というのは、後の世に語り継がれなければならないと思う。今の幸せを当たり前だと思ってはいけないね。
30代 女性 会社員 (公開日:
購入者レポ 【 当たり前にある幸せに感謝 】
自分の当たり前に感謝ができた。 そしてあたしにはこんな強さはない。凄いなー...やるしかなかったんだろうけど。 この作品を読んだら嫌なことにも感謝ができました。
40代 女性 自営・自由業 (公開日:
【 女性も可哀想だが・・ 】
女性は、大変な思いをしていた時代で本当に胸が痛くなりました。子供を殺されるシーンなんて本当にこの様な事があったと思いたくないくらいにショックです。 男性も、不眠で、一日中危険な労働をさせられ、命を落としていた人もいると聞いた事があります。話に出てくるのはお金持ちの男性ですが。 また、貧しい農家にずっといたとしても、飢えで亡くなる人がいたり、畑仕事に、姑、大姑 の、介護をしたり、 お化粧なんて一度もしないまま、人生を終わる女性も多かったのではないかと思います。娘を売ると言ったらひどい様な気もしますが、毎日白いご飯を食べたり、綺麗な服を着て髪を綺麗にしたり、自分とは少しは違う人生を歩ませたいと思う気持ちもあったと信じたいです。 現代はストレス社会と言いますが、この頃の精神的、肉体的ストレスに比べたら、ストレス社会なんて言ったら申し訳ないですね。
20代 女性 自営・自由業/飲食・サービス関係 (公開日:
【 じっくり試し読みから… 】
じっくり試し読みから、どうしても続きが気になってしまって購入…。 フィクション作品ではあるものの、物凄く現実味を帯びていて、そして、読んでいて途中で涙が出てくるくらいに苦しくなりました。 この作品はフィクション、と書かれていますが…もしかしたら、本当にこんな生き方をしなければならなかった女性も、きっと沢山居たのでは無いかと思います。 今の平和な生活…それを当たり前だと思って毎日を過ごしていましたが、この作品を読んで、自分は何て恵まれた幸せな時代に生まれてこれたのだろう…と、今の世界、そして私を産んでくれた母に感謝しなければならないなと実感しています。 母の日はもうすぐ…私を産んでくれた母に、沢山のありがとうを込めてプレゼントを送りたいなと考えています。
40代 女性 主婦 (公開日:
【 読む度に色々な視点が… 】
読む度に色々な視点があることに気づく作品です。最初は北海道に連れてこられた労働者や娼婦たちの境遇が気になって一気に読み進み、主人公・お梅の人生や気持ちを辿って何度も読むうちに、最後は武子と女将の縁に深く感じるものが出てきました。自身も芸妓であった女将が、後ろ盾もないまま才覚と直吉の助けを頼りに、買ってきた娼妓たちに鬼と恨まれながら色街で生き抜き、傍らで自分の芸を継承する芸妓を育てる。押し付けた夢の代償に裏切られ、自分の城である富士楼を追われ、漁師に混じって昆布漁をしていたが、戦後アメリカ進駐軍を相手に三味線を弾いているところを武子に見つけられる。女将を追い出したのち、空襲の最中にも防空壕へ逃げこむ芸妓たちに目もくれず三味線の稽古を続ける武子の姿。女将の最期を看取りながら「この土地に血をにじませて生きてきたんだ」という独白に、共に生きた仲間への思いが込められていると感じました。

読み方を選択する

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。