人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
Sエスー最後の警官ーえすさいごのけいかん

Sエスー最後の警官ー
著者・作者
藤堂裕(とうどうゆたか)小森陽一(こもりよういち)
掲載雑誌
ビッグコミック
発行元
小学館
ジャンル
青年漫画 職業・ビジネス
キーワード
アクション刑事・探偵メディア化
配信
20巻 完結
掲載時期
2010年代~
239人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「Sエスー最後の警官ー」のあらすじ | ストーリー

韓国大統領の来日に向け、警備に追われるNPS隊員たち。しかし、雑用を押し付けられた神御蔵の近くで無差別殺傷事件が発生。犯人の命を奪ってでも事態を解決する制圧部隊SATが出動したため、NPSの出番はないとの命令だが、たまらず駆け出した神御蔵が見たものは…!?

もっと見る

巻一覧

  • 11巻
    Sエスー最後の警官ー(11)

    Sエスー最後の警官ー(11)

    204ページ | 550pt

    テロリスト・正木による プルトニウム輸送船「第2あかつき丸」 シージャック事件を解決すべく、 NPS、SAT、そして海保の 特殊部隊SSTの共闘が決定する! しかし、考え方の異なる三部隊の足並みは まったく揃わず…!? さらには、この騒動の最中に 霧山が何者かによって…!?

    もっと見る
  • 12巻
    Sエスー最後の警官ー(12)

    Sエスー最後の警官ー(12)

    192ページ | 550pt

    史上最悪!!テロリスト・正木によるプルトニウム輸送船シージャック事件は未だ日本を震撼させ続けていた!NPS、SAT、そして海保の特殊部隊SSTの三部隊が共闘を試みるも上手く行かず…そんな中、「2時間以内に解決できないなら米軍介入」の通達が!タイムリミットが迫る中、NPS・香椎が考えた前代未聞の作戦で、三部隊が“日本の誇りをかけ”遂に突入開始!!正木率いるテロリスト一派と激しい攻防の末…!?雑誌掲載時も各方面で大反響!!空前のスケールで描かれた“プルトニウム編”遂に完結!!

    もっと見る
  • 13巻
    Sエスー最後の警官ー(13)

    Sエスー最後の警官ー(13)

    206ページ | 550pt

    プルトニム輸送船シージャック事件の恐怖も未だ覚めやらぬ東京で、今度は山手線に爆弾をしかけるトレインジャック事件が発生!!!犯人は「正木の遺志を継ぐ者」と名乗り電車を止めれば爆発させると。はたして犯人の目的は!?そして解決策はあるのか!?さらに、SATの天才狙撃手・蘇我を過去最大の試練が襲う…!?

    もっと見る
  • 14巻
    Sエスー最後の警官ー(14)

    Sエスー最後の警官ー(14)

    204ページ | 550pt

    長年“ジャンボ”の愛称で親しまれたボーイング747が、引退記念のラストフライト中にハイジャックされた!機内で使用された武器は3Dプリンター製銃…。エアマーシャルとして同乗していた横川秋の父親、“初代SAT隊長”横川勇太郎の機転で、ジャンボは警視庁SATとNPSが待ち構える羽田へ戻る事になるが…。一方その頃、ハイジャック犯の1人が自分の姉を殺害した犯人だと知ったSATの蘇我が…!?

    もっと見る
  • 15巻
    Sエスー最後の警官ー(15)

    Sエスー最後の警官ー(15)

    202ページ | 550pt

    3D銃によるハイジャック事件解決のため、遂にSATが突入!!一瞬でカタがついたかに見えたが!?さらに、現場の混乱の中で蘇我が姉の仇を…!?

    もっと見る
  • 16巻
    Sエスー最後の警官ー(16)

    Sエスー最後の警官ー(16)

    206ページ | 550pt

    燃えさかるジャンボジェット機の中で遂に蘇我が“姉の仇”壬和と対峙!!積年の恨み晴らすべく蘇我が引き金を引かんとしたその時、神御蔵が止めに入るがその次の瞬間…!?信念と信念がぶつかり合い魂が雄叫びをあげる!!ハイジャック編遂に完結!!

    もっと見る
  • 17巻
    Sエスー最後の警官ー(17)

    Sエスー最後の警官ー(17)

    225ページ | 550pt

    姉の仇を討ちそびれ目標を見失ってしまった蘇我は抜け殻と化し声を失ってしまう…何とか助けようと必死の神御蔵は、SATの中丸にある提案をするが!?一方、蘇我を復活させるのに、「男の力だけではダメだ」と判断した横川秋がイルマにある相談をする。果たして、蘇我の復活なるか!?

    もっと見る
  • 18巻
    Sエスー最後の警官ー(18)

    Sエスー最後の警官ー(18)

    202ページ | 550pt

    人気ロックバンドのライブ会場に突如、テロリストが出現、多数の観客が人質となり、劇場が占拠された! それは人口増加に歯止めが効かない地球の未来のために、「人間を間引く」という思想をもつ集団・アルタイルの仕業だった。人質となった観客の中には、神御蔵にとって大切な人、ゆづるも含まれていた。SATとNPSは人質救出のため、直ちに劇場に向かうが......”軍師”と呼ばれる謎の男が統率するアルタイルの目的は、果たして何か......!?

    もっと見る
  • 19巻
    Sエスー最後の警官ー(19)

    Sエスー最後の警官ー(19)

    202ページ | 550pt

    突然、劇場を占拠、人質を盾にとる国際テロ組織・アルタイル。警察は慎重に包囲網を張るが、依然、目的が不明の彼らに手間取る。治安の最後の砦たる特殊部隊SATは、機を見て劇場内に踏み込むが、アルタイルは日本警察の弱点を突き、総攻撃をしかけてくる!! そして劇場内にいたゆづるも瀕死の状態に・・・!!??悲劇の後、日本を皮切りに世界規模でテロを仕掛けるアルタイルへの対抗策として、NPSはある人物を海外・インドネシアに派遣するが・・・・・・!?S史上最悪のテロ組織との死闘を描く「アルタイル編」、ますます白熱!

    もっと見る
  • 20巻
    Sエスー最後の警官ー(20)

    Sエスー最後の警官ー(20)

    219ページ | 550pt

    S史上最悪のテロ組織・アルタイル。特殊部隊SAT、SST、NPSが再び結集し、彼らとの総力戦が日本で始まる。アルタイルの首領・槇の子どもを人質に、NPS隊長・香椎が選んだ最終決戦の舞台は東京湾・第二海堡。両者が激戦を繰り広げる最中、槇と警察庁統括審議官・天城が対面するとき、誰もが予想しなかった出来事が起こる・・・!?日本の特殊部隊の真髄を描き続けた「S」、本巻にて遂に完結!!

    もっと見る

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「Sエスー最後の警官ー」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「Sエスー最後の警官ー」のみんなのまんがレポ(レビュー)

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
無料で読める
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。
}

お得感No.1表記について

「電子コミックサービスに関するアンケート」【調査期間】2020年10月30日~2020年11月4日 【調査対象】まんが王国または主要電子コミックサービスのうちいずれかをメイン且つ有料で利用している20歳~69歳の男女 【サンプル数】1,236サンプル 【調査方法】インターネットリサーチ 【調査委託先】株式会社MARCS 詳細表示▼

本調査における「主要電子コミックサービス」とは、インプレス総合研究所が発行する「電子書籍ビジネス調査報告書2019」に記載の「課金・購入したことのある電子書籍ストアTOP15」のうち、ポイントを利用してコンテンツを購入する5サービスをいいます。
調査は、調査開始時点におけるまんが王国と主要電子コミックサービスの通常料金表(還元率を含む)を並べて表示し、最もお得に感じるサービスを選択いただくという方法で行いました。

閉じる▲