\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載誌

まんが王国ラボ
まんが王国公式facebook
まんが王国公式twitter
クラウドファンディング-fundiy(ファンディー)
FUNDIYSTORE
世の中の話題をイラストに-ETOPICA(エトピカ)

漫画・コミック
×一物語ばついちものがたり

×一物語
(c)講談社
著者・作者
こやまゆかり
掲載雑誌
Kiss
ジャンル
女性漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
くらし・生活オフィス不倫・浮気OL家族サラリーマン日常社内恋愛
配信
9巻 完結
掲載時期
2000年代~
491人がお気に入り登録中

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「×一物語」のあらすじ | ストーリー

×一(バツイチ)のみさき。社内恋愛で結ばれた元夫と別れた現在、付き合っている彼は彼女が異動した部署の同僚・田所だった。でも彼には家庭があり、不倫への恋へと導かれていた――。さまざまな夫婦のカタチが今、まさに壊れようとしている……!!

巻一覧

  • 1巻
    ×一物語(1)

    ×一物語(1)

    184ページ | 400pt

    ×一(バツイチ)のみさき。社内恋愛で結ばれた元夫と別れた現在、付き合っている彼は彼女が異動した部署の同僚・田所だった。でも彼には家庭があり、不倫への恋へと導かれていた――。さまざまな夫婦のカタチが今、まさに壊れようとしている……!!

  • 2巻
    ×一物語(2)

    ×一物語(2)

    174ページ | 400pt

    恋人・田所の妻と子供を見てしまったみさき。幸せな家族に嫉妬を感じると同時に、自分も田所となら――と思うが、妻にみさきの存在がバレてしまった田所に、会うことを控えようと言われてしまう。一方、ついに妻から離婚届を渡された良介は……!?

  • 3巻
    ×一物語(3)

    ×一物語(3)

    170ページ | 400pt

    不倫の恋に終止符を打ち、一人で歩き始めたみさき。良介はいまだに離婚の理由がわからず、心の「居場所」であったはずの家庭が忘れられない。また、家庭は築いているものの、あまりに横暴な夫の仕打ちに悩む京子。みさきと良介は、京子の幸せのために離婚をすすめるが――。

  • 4巻
    ×一物語(4)

    ×一物語(4)

    182ページ | 400pt

    料理講習室の閉鎖で、生きがいであった仕事を失ったみさき。そんな彼女の心を支えたのは良介だった。また、良介の元妻・しおりは、誠実に家族と関わろうとする夫の変化に気付き、戸惑う。一方、子供のために家庭は守ると、夫の傲慢さに耐え続けていた京子であったが、愛人の妊娠を伝えられ、堪えきれずに家を飛び出して……。

  • 5巻
    ×一物語(5)

    ×一物語(5)

    186ページ | 400pt

    お互いにひかれ合い、付き合うことになった良介とみさき。だが、破綻した結婚生活を心から悔いる良介の姿に、元妻・しおりは、改めて良介に思いを寄せる。一方、京子は近所へヘルパーの仕事に出るようになり、結婚生活では得られない充実感を得るようになったが……。

  • 6巻
    ×一物語(6)

    ×一物語(6)

    185ページ | 400pt

    やりがいのある仕事と良介との愛で、充実した日々を送るみさき。心の「居場所」をみさきに求めはじめた良介。良介への想いと、みさきへの対抗心から、別れた夫を取り戻そうとするしおり――。離婚後の幸せを探す3人の想いが交錯する! そして京子は、母の死を機にようやく離婚を決意するのだが……。

  • 7巻
    ×一物語(7)

    ×一物語(7)

    176ページ | 400pt

    結婚の話以来、すれ違ってしまったみさきと良介。良介の幸せのために、みさきは別れを決意した。納得できない良介だったが、元妻・しおりと子供が復縁を望んでいると知り、ついに決断をする……。また、離婚の準備を進めていた京子が、ついに夫と対決!!

  • 8巻
    ×一物語(8)

    ×一物語(8)

    174ページ | 400pt

    良介と別れたみさき。彼を忘れようと仕事に打ち込むが、壁にぶつかってしまう。妻子のもとに戻った良介は、家庭を守ろうと努力していた。しかし、しおりとの関係がギクシャクしてしまい……。そして夫に離婚をつきつけた京子は、夫と夫の愛人と対決。離婚問題はついに、家庭裁判所で争われることになる!!

  • 9巻
    ×一物語(9)

    ×一物語(9)

    202ページ | 400pt

    良介が最高の人だった――。みさきは後悔しつつも、新たな仕事で夢を叶えようとする。家庭に戻った良介もまた、妻との生活に息苦しさを感じていた。離婚調停中の京子は、夫のしわざで子供と引き離され……。人生を再出発させた3人に、幸せな未来はあるの? 再婚をテーマにした番外編を収録して、ついに最終巻!!

ポイントが不足しています

×一物語
今だけ割引中
必要ポイント
所持ポイント0pt
不足ポイントpt
※各種キャンペーンのボーナスポイントは付きません

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「×一物語」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「×一物語」のみんなのまんがレポ(レビュー)

20代 女性 会社員 (公開日:
購入者レポ 【 読んだらはまる!幸せてなんだろうと考える 】
じっくり試し読みでまんまとハマってしまい、、続きを購入してます。まだ途中ですが、、とにかく考えさせられる。私は独身ですが結婚ってなんなんだろう、、何が大切なんだろう、、ってすごく考えさせられてます。嫌な意味でなくて、1人1人の気持ちも分かるから皆に幸せになってほしくて、どんどん感情移入しながら読み進めてます。女の子ってやっぱり好きな人(旦那様)に愛されていたいじゃないですか。でも男性の愛情表現って分かりにくい。思いやられたいって気持ちすごくわかります。結婚したらこう思うのかな〜なんて妄想したり、こんなことは気をつけようと思ったり勉強になります。ただしおりだけは好きになれないなー。別れる原因もよくわからないし、わがままな気がする。でも本当に登場人物の心理描写が細かくて、たのしんで読める作品です!!さすがこやま先生!ですよ〜。
20代 女性 主婦 (公開日:
購入者レポ 【 是非男性にも読んで欲しい 】
妻の夫に思っていること、言いたいこと、そのまんまが入っている作品だと思います。でもそれだけじゃなくて、夫の苦労、言い分もあって両者の思いがわかります。 これは夫婦で読んで欲しいなぁ。。。 もうドラマ化したんでしょうか。。。。。
30代 女性 会社員 (公開日:
購入者レポ 【 結婚について色々考えた 】
わたしはバツイチで、10年以上一人で子育てしてきました。 最近になって、縁に恵まれ再婚しましたが、結婚って結婚生活って相手が違うとこうも違うの?と今はとても幸せです。 この作品は再婚してから読みましたが、 前の結婚を思い出したり、当時の自分を思い出したり、はたまた今の自分や過去の相手のことなど考え上手くいかなかった理由がよくわかりました。 この作品を読むまでは元旦那が圧倒的に悪いと思ってたけど、自分も悪いところがあったなぁと気付けたり… みんなそれぞれ悩んで考えてもがくのがすごくリアルで全巻一気に読みました。 今の旦那さんは本当に大切にしよう 自分のダメなとこも気付けたし 絶対二人で幸せになろうって心に決めました。 この作品に出会えてわたしは良かったです
40代 女性 会社員 (公開日:
購入者レポ 【 良かったです。 】
最初読み始めたときまた不倫の話と思いましたが9巻まで2日で読み終わってしまいました。 男性の気持ちも女性の気持ちも理解できて良かったです。
20代 女性 主婦 (公開日:
購入者レポ 【 安定の面白さ 】
さすがのこやまゆかり先生。 安定の面白さです。 いつものこやま先生らしい、胸糞わるーい登場人物に、まぁありえないでしょう、という展開に満足ww好きです 最後まで買うと思う。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。