\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
天使なんかじゃないてんしなんかじゃない

天使なんかじゃない
(c)集英社
著者・作者
矢沢あい(やざわあい)
掲載雑誌
りぼん
発行元
集英社
ジャンル
少女漫画 恋愛
キーワード
くらし・生活コメディロマンス高校生日常
配信
8巻 完結
掲載時期
1990年代~
236人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました
  • 生徒会

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「天使なんかじゃない」のあらすじ | ストーリー

冴島翠は新設の聖学園に通う元気な女の子。第一期生徒会の副会長になったが、会長はなんと気になっていた須藤晃に。生徒会の初仕事が学園祭に決まり楽しい毎日を送っていたが、晃にヒロコという彼女がいることを知り…?

巻一覧

  • 1巻
    天使なんかじゃない(1)

    天使なんかじゃない(1)

    207ページ | 371pt

    冴島翠は新設の聖学園に通う元気な女の子。第一期生徒会の副会長になったが、会長はなんと気になっていた須藤晃に。生徒会の初仕事が学園祭に決まり楽しい毎日を送っていたが、晃にヒロコという彼女がいることを知り…?

  • 2巻
    天使なんかじゃない(2)

    天使なんかじゃない(2)

    212ページ | 371pt

    聖学園生徒会の翠・晃・麻宮・瀧川・文太は超仲良し。マミリンは瀧川のことが好きだけど、瀧川には原田志乃という彼女がいて翠はハラハラ。一方、翠と晃はほとんど恋人同然の仲だけど、牧博子先生と晃が…?

  • 3巻
    天使なんかじゃない(3)

    天使なんかじゃない(3)

    210ページ | 371pt

    美術の先生マキちゃんは晃の家庭教師だった坂本将志の彼女だった。久しぶりに日本へ帰ってきた将志だったが、すぐに一人でパリへ行ってしまう。晃の様子に不安を覚える翠は親友・中川ケンのライブに行く途中で…?

  • 4巻
    天使なんかじゃない(4)

    天使なんかじゃない(4)

    216ページ | 371pt

    翠は晃が今でもマキちゃんのことが好きなのではと不安でたまらない。おまけに、晃が誕生日にくれたネックレスもなくしてしまい、落ち込む。そんな時、ケンが中学の時から今でも自分を好きだと知った翠だが…。

  • 5巻
    天使なんかじゃない(5)

    天使なんかじゃない(5)

    208ページ | 371pt

    お互いを傷つけ合うことに耐えきれなくなった翠は、晃と別れて友達としてやり直すことにした。そんな自分を支えてくれたケンとつき合うことになった翠…。一方、マミリンの想い人・瀧川が志乃に別れを告げられて…?

  • 6巻
    天使なんかじゃない(6)

    天使なんかじゃない(6)

    179ページ | 371pt

    自分の本当の気持ちに気づいた翠はケンと別れ、晃のもとへ。しかし、晃は誰にも言わずに将志を探すため外国へ旅立ってしまっていた。一方、志乃と正式に別れた瀧川は麻宮に魅かれていく心を止められず…。

  • 7巻
    天使なんかじゃない(7)

    天使なんかじゃない(7)

    212ページ | 371pt

    自分の気持ちにケリをつけるため将志を探していた晃はインドで無事再会し、晴れやかな心で翠のもとへと帰ってきた。翠と晃の愛も深まり、長い間こじれていた父親との関係も丸くおさまるのだった。

  • 8巻
    天使なんかじゃない(8)

    天使なんかじゃない(8)

    210ページ | 371pt

    将志とマキちゃんの結婚式も無事終わり、翠たちもそれぞれの未来へ向かっていく。翠と晃、マミリンと瀧川、文太とマコ、志乃、ケン…。みんなが夢と希望を胸に、新たな旅立ちへと進む…。涙と感動の最終巻!!

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「天使なんかじゃない」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「天使なんかじゃない」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(4.5) 投稿数278
(公開日:
【 私の人生のテーマになった恋愛漫画! 】 ★ ★ ★ ★ ★
全巻持ってます。 本当に大好きすぎて20年くらい繰り返し読み返してます。 この作品以上に好きなものなかなか出てこない。 強いて言うならいくえみ綾のI LOVE HERもなかなか。 でも晃が好きすぎて、翠ちゃんも好きすぎて本当に翠ちゃんの細やかな恋愛模様の気持ちや晃の大人びた男性的な感情も全てが天ないの素敵な要素。 マキちゃんは素敵な女性すぎてこの作品のスパイスだし、自由な将志さんも、楽観的で空気を読む文ちゃんも、人間的な情深いマミリンも、流されやすい滝川マンも、素直で可愛いマコちゃんも、ケンちゃんはやっぱ良いやつ!で、みんな無くてはならない存在で、誰も悪い人が居ないから悩む恋とかリアルすぎて本当に胸が切なくなりますが、貫き通す恋とか本当に20年経った今でも私のバイブスになっています。 まじで翠(アキラ)という名前は子供に付けたいと思いつつ、まだ生まれては居ないんですけど…(笑)
(公開日:
【 生徒会長が 】
当時めちゃくちゃハマったな~。 ありがちな内容だけど、切なくてウルウル泣きながら読んでました。 でもとりあえず真っ先に言える事。 生徒会長がリーゼントは無いやろ~(笑)
(公開日:
【 つまらない 】
つまらなさ過ぎて読み進める事が出来ませんでした。 時間の無駄になるので、オススメ出来ません。ここまで詰まらなくて読むのやめたの初めてです。
(公開日:
【 懐かしい 】
小学生の頃矢沢先生の漫画が大好きで特にこれが好きでした。今見ても色褪せない、とにかく懐かしくてよみふけちゃいました。
(公開日:
【 矢沢先生の出世作!! 】
小学生の頃にリアルタイムで「りぼん」で読んでて、自分の人生で初めてコミックス全巻集めた少女漫画がこれです。 当時は長期連載な気がしていたけれど、8巻しかないんですよね。 近年の少女漫画は人気が出ると長期化し過ぎる気がするので(少年漫画も同)、このくらいの長さがちょうど良かったな〜としみじみ思います。 矢沢先生の出世作で、最初と中間以降とで絵柄がかなり違いますが、それもまあご愛嬌。 主人公の明るく元気な性格は読んでいて気持ちが良く、でもただ天真爛漫というわけではなくて、恋をするがゆえのズルい気持ちだったり嫉妬心だったりもちゃんと描かれています。 今思えば当時「りぼん」で連載されていた漫画のヒロインの中で、最も強く「幸せになってほしいな」と願ったのが、この主人公でした。 他のキャラも味のある素敵な面々ばかりで「これぞ学園青春漫画!」です。文句無しのおすすめです。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。