\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
500日を生きた天使ごひゃくにちをいきたてんし

500日を生きた天使
著者・作者
さがわ蓮(さがわれん)中村美幸(なかむらみゆき)
掲載雑誌
ストーリーな女たち
発行元
ぶんか社
ジャンル
女性漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
感動くらし・生活出産・育児家族人情
配信
2巻 完結
183人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「500日を生きた天使」のあらすじ | ストーリー

生後4カ月息子に小児がんの診断が! さらに余命宣告……。過酷な運命を生きた小さな命と実在の家族の記録!! みゆきは27歳で念願の「お母さん」になった。ある日、長男・渓太郎のオムツに血の塊のようなものを見つける。医師の診断では「腫瘍があるので大きな病院で検査をするように」とのことだった。検査の結果、渓太郎の片方の腎臓がほぼ腫瘍で、完治した例のないがんであることが判明する。渓太郎とともに長野県立こども病院で入院生活が始まった。そこでみゆきは懸命に病と闘う子供たち、献身的なスタッフに折れそうな心を何度も救われる。

巻一覧

  • 1巻
    500日を生きた天使(1)

    500日を生きた天使(1)

    159ページ | 600pt

    生後4カ月息子に小児がんの診断が! さらに余命宣告……。過酷な運命を生きた小さな命と実在の家族の記録!! みゆきは27歳で念願の「お母さん」になった。ある日、長男・渓太郎のオムツに血の塊のようなものを見つける。医師の診断では「腫瘍があるので大きな病院で検査をするように」とのことだった。検査の結果、渓太郎の片方の腎臓がほぼ腫瘍で、完治した例のないがんであることが判明する。渓太郎とともに長野県立こども病院で入院生活が始まった。そこでみゆきは懸命に病と闘う子供たち、献身的なスタッフに折れそうな心を何度も救われる。

  • 2巻
    500日を生きた天使(2)

    500日を生きた天使(2)

    159ページ | 600pt

    2回目の化学療法を終え、渓太郎の状態が安定したため、2泊の外泊の許可が下り、みゆきは渓太郎と共に2カ月ぶりに自宅に戻った。家で家族がそろって食事をし、眠ることができる普通の暮らしをしみじみと味わい、みゆき夫婦は幸せをかみしめた。病院に戻って、すぐに3度目の化学療法に入り、渓太郎のがんが小さくなっていたことで、みゆきはこの先の治療に希望を見出す。しかし、その希望も束の間、残酷な告知がみゆきたちを待っていた──。生後4ヶ月でがん告知を受け、1年の闘病の末に天国に旅立った長男を通じて、家族とは?幸福とは?を問いかける本当にあった感動のヒューマンドラマ完結編!!

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「500日を生きた天使」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「500日を生きた天使」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(公開日:
購入者レポ 【 悲しいけど、ポジティブにもなれる 】
今、4才の子供を育てていますが、渓ちゃんの年齢と同じ時期の我が子を思い出しながら重ねて読んでました。 渓ちゃんの月齢、年齢は親にとっては本当に可愛くて仕方のない時期です。ましてや第一子だから余計だと思うのに、過酷な宣告や闘病生活を繰り返さねばならなくて、ご両親の気持ちを思うと、本当に苦しかったです。 なのに、とても仲が良くて互いに労り励まし合っていたり、前向きに最期までがんばっておられて、尊敬もするし、私自身、夫婦のあり方、子供のかかわりかたを教えていただいたと思えるお話でした。渓ちゃんは、辛い病気をもっていましたが、こんなご両親の元に産まれて幸せだったと思います。
(公開日:
購入者レポ 【 子を持つ母としてひかれました 】
自分の子どもは病気もなく、すくすく育っていますが、同じ母親として他人事ではなく、感情移入しながら読んでしまいます。読んでいて、日々の小さな子育てのイライラはありますが、病気じゃないし、この漫画に比べたら幸せだと、頑張って可愛がって育てようと、気持ちを建て直させてくれます。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 最後に冷め 】 レポを見る
うちも0歳の男の子がいるので、すごく感動したし泣けたけど、、最後の最後に冷めました。 渓ちゃんが亡くなってすぐに次の子の妊娠発覚って…渓ちゃんがつらい闘病してる中、夫婦は子作りしてる余裕があったのかって、なんだか最後にすごくがっかりしました。それまでは本当に感動して読んでいたのに。1分でも渓ちゃんのぬくもりを感じていたいみたいな事言っておいて、子作りしてる間は渓ちゃんほったらかしですよね? なんかなぁー…って感じでした…
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 理想のお母さん像を押し付けないで 】 レポを見る
否定的な感想もありますが、多分「最後の外泊」でできた子ですよね。 ずっと子供のためにろくに食事も取れず気を張ってたお母さんが束の間の家族水入らずの場で夫に甘えるのは悪い事なのでしょうか? もちろんお子さんは眠ってる時間でしょうし、放置といったって数時間もほっておいてる訳ではないですよね? こういうコメントを見ると世の中の理想のお母さんはこうでなければいけないといった理想をおしつけすぎだと思います。 このお話から20年経っているので少しは改善されているかもしれませんが、母親だって人間。 ただでさえ辛い環境に加え、自由だって中々ない状態でこんなことを思える事が驚きです。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。