\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
いいひと。いいひと

いいひと。
(c)小学館
著者・作者
高橋しん(たかはししん)
掲載雑誌
ビッグコミックスピリッツ
発行元
小学館
ジャンル
青年漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
くらし・生活ビジネスドラマ化人情メディア化
配信
26巻 完結
掲載時期
1990年代~
50人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「いいひと。」のあらすじ | ストーリー

●あらすじ/北野雄二はスポーツメーカー「ライテックス」に就職するのが夢だった。“いいひと”すぎる雄二は、困っている人をみると親切にせずにはいられない性格。北海道から就職試験のために何度も上京するのだが、その度にハプニングに巻きこまれ、遅刻を重ねてしまう!

もっと見る

巻一覧

  • 1巻
    いいひと。(1)

    いいひと。(1)

    224ページ | 550pt

    ●あらすじ/北野雄二はスポーツメーカー「ライテックス」に就職するのが夢だった。“いいひと”すぎる雄二は、困っている人をみると親切にせずにはいられない性格。北海道から就職試験のために何度も上京するのだが、その度にハプニングに巻きこまれ、遅刻を重ねてしまう!

    もっと見る
  • 2巻
    いいひと。(2)

    いいひと。(2)

    210ページ | 550pt

    ●あらすじ/自分の夢だった会社に入社した北野雄二だが、新入社員研修で人事部係長である清田に意見したために、目の敵にされてしまう(第1話)。▼結局、東京本社配属に落ち着き、順風満帆なはずだった、雄二の新生活。ところが、独身寮が使えず、管理人の家に居候することに。なんとそこは人事部部長・城山の実家だった!(第4話)。▼どうやら城山の娘婿はライテックスの社員だったらしいが、自殺したという。複雑な人間関係のなかでもいいひとぶりを発揮する雄二に城山も心を許してゆく。入社式での新入社員代表の挨拶も無事すませ(第7話)、▼会社員生活が始まった。飛び込み営業でシューズを売れるだけ売れという。苛酷なノルマに打ち勝つのは、頭脳派・稲葉か、いいひと・雄二なのか(第8話)。●本巻の特徴/雄二への清田の嫌がらせの原因となる事件がこの巻で勃発(第1話)。また雄二のライバルとなる稲葉がここから登場する(第4話)。

    もっと見る
  • 3巻
    いいひと。(3)

    いいひと。(3)

    206ページ | 550pt

    ●あらすじ/雄二の配属先はなんと女性ばかりの部署「LCチーム」だった(第5話)。▼男性に対抗意識バリバリの有森係長を始め女性たちから、かっこうのイジメ対象にされる雄二(第6話)。▼が、雄二は、どんな仕事もこなしていく。そんな雄二に心開いてゆく彼女たちだったが、ついに部署が解散の憂き目に(第8話)。▼有望な企画開発が存続の有無を決めるという。企画書を持ち寄るLCチームのメンバーたち。なかなかいい企画が出ず、焦る有森は部下たちと孤立してしまう。雄二はそんな有森を勇気づける(第9話)。▼そして雄二の企画をついに有森が認めることに(第10話)。●本巻の特徴/ついに真理子の夫が自殺の原因が明かに!(第2話)番外編として雄二と妙子の高校時代のエピソード付(第11話)。

    もっと見る
  • 4巻
    いいひと。(4)

    いいひと。(4)

    212ページ | 550pt

    ●あらすじ/雄二の考えた使い捨てバレエシューズの企画が通った(第3話)。▼だが、橋本常務の嫌がらせでプロジェクトはなかなか進行しない。工場に直談判に出かけた雄二と有森だったが、むげに断られてばかり(第5話)。▼やっと見つけた工場も何者かの策略で断られる(第6話)。▼そこで二人はぬいぐるみ縫製工場にシューズの発注をすることを考える。話は順調に進んだが、工場長は常務でないと話をしないという(第10話)。▼常務といえばチームをつぶそうとしている張本人。果たして契約をとることはできるのか。●本巻の特徴/LCチーム粉砕を目論む橋本常務が初登場(第1話)。有森との壮絶なる丁々発止が見もの。

    もっと見る
  • 5巻
    いいひと。(5)

    いいひと。(5)

    222ページ | 550pt

    ●あらすじ/橋本常務とぬいぐるみ縫製工場長・小林の接見が決まった(第1話)。▼初めての接待のため、リサーチに奔走する雄二(第3話)。▼あまりの忙しさに北海道にいる妙子とはすれ違いばかり。そしてついに接待の日がやってきた。しかも雄二は同行せず有休をとって北海道に帰ってしまう(第4話)。▼場所を指定した紙だけを渡され、一人接待に挑む有森。果たして雄二のセッティングした接待で有森は契約がとれるのか(第5~8話)。●本巻の特徴/有森を目の敵にしていた橋本常務がだんだん彼女やLCチームの存在を認め始める。また、工場長と娘・真弓の交流も描く(第6話)。

    もっと見る
  • 6巻
    いいひと。(6)

    いいひと。(6)

    214ページ | 550pt

    ●あらすじ/LCチームの企画は成功したが、事業部に拡大されることになり、結局チームは解散をすることになった(第3話)。▼雄二の新しい配属先はエリートコースである第一営業部。同期の稲葉の担当を引き継ぎ百貨店担当になる(第5話)。▼「会社の派遣である女性社員たちに気に入られることが仕事」と稲葉から聞いていた雄二だったが、その一人である桃井珠子に本当に気に入られてしまう(第6話)。▼そんな折り、派遣社員慰安旅行で熱海にでかけることに(第10話)●本巻の特徴/新しく営業部配属になり、環境や同僚がガラリと変わる。同期入社のエリート・稲葉との運命の再会(第5話)。雄二へ実らない片思いをする派遣社員の桃井珠子が本巻から登場(第6話)。

    もっと見る
  • 7巻
    いいひと。(7)

    いいひと。(7)

    210ページ | 550pt

    ●あらすじ/慰安旅行で雄二に迫ろうとする珠子だったが、思いは告げられなかった(第2話)。▼そんな折り、珠子の派遣先である丸一百貨店の水着売り場が廃止されることに…(第5話)。▼会社側は売り場をゴルフ・テニス用品店の専門売場にするという。ところが雄二は百貨店の石田マネージャーを巻き込み、いままでの売り場をMaXporTという膨大な商品量のスペースに改装してしまう(第11話)。●本巻の特徴/本巻で雄二は丸一百貨店の石田マネージャーと出会い、「本当の接客とは何か」を考えさせ始められる(第4話)。珠子の複雑な家庭環境が明かされる(第6話)。また休暇を利用して妙子が上京してくる(第7話)

    もっと見る
  • 8巻
    いいひと。(8)

    いいひと。(8)

    204ページ | 550pt

    ●あらすじ/MaXporTが開店した。人手が足りないので、雄二は妙子をバイトとして連れていく。最初はお互いにライバルと気づかない珠子と妙子だったが…(第2話)。▼妙子のあまりに無邪気な様子を見て、珠子は雄二をあきらめることにする(第6話)。そんななか、話題が話題を呼んで、MaXporTは大成功。新聞に取り上げられることにまでなった。インタビューを受ける雄二だったが、営業本部長はMaXporTに不利な情報を流さなければ、会社をクビにするという(第8話)。▼そして取材当日、ついに雄二と珠子は「本当の接客」の在り方に気づく(第10話)。●本巻の特徴/妙子の上京で、ついに珠子と対決(第6話)。前巻で問われた「本当の接客とは何か」の答えが本巻でMaXporTを通して描かれてゆく(第11話)。

    もっと見る
  • 9巻
    いいひと。(9)

    いいひと。(9)

    208ページ | 550pt

    ●あらすじ/成功を収めたMaXporTだったが、臨時役員会で廃止が決定された(第2話)。▼石田課長は地方の百貨店勤務に飛ばされてしまう(第3話)。▼妙子も帰郷し、MaXporTメンバーもそれぞれの道を歩むことになった(第5話)。▼もっと多くの人々を幸せにするには、出世することが一番の道だと考えた雄二は(第6話)、▼昇進をエサに一生を棒に振るかもしれない任務につくことになった(第7話)。▼その任務とは三流大学の陸上部監督のポジションだった。何も知らずに大学を訪れた雄二は陸上部の練習を見ていた老人を監督と勘違いして…(第10話)。●本巻の特徴/廃止される前日のMaXporTに仲間たちが集まり、卒業式をすることで、また新しい章が始まる(第5話)。珠子に替わり、今度は1~2巻で登場したに二階堂千絵が再び登場し、新たな恋の予感を感じさせる(第9話)。

    もっと見る
  • 10巻
    いいひと。(10)

    いいひと。(10)

    212ページ | 550pt

    ●あらすじ/富士野大学陸上部の監督に就任した雄二。だが、本人はそれをまだ知らされていなかった。しかも、ライバル校である江戸川学院大学の販促担当まで任されることに…(第2話)。▼半月後に控えた多摩川駅伝大会に向けて、雄二が部員にアドバイスした言葉は「がんばらないでください」。そして駅伝当日。雄二の言葉を深読みした部員たちはパニックに陥るが(第3話)。●その他の登場キャラクター/ザハト君(第2、7~9、11話)・ニセ監督(第5、7話)●本巻の特徴/陸上部員たちに「自分の走り」を確認させることで、ひとりひとりの自覚を目覚めさせていく(第4~9話)。また、駅伝に登場する外国人選手を「助っ人」「ガイジン」とよぶことを批判し、彼らも同じ人間であることを気づかせる(第9話)。

    もっと見る

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「いいひと。」新刊配信のお知らせが受け取れます。

毎日最大45%還元!!

「いいひと。」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(公開日:
購入者レポ 【 とっても良い人。 】
3巻まで読みました。 主人公の人柄の良さで仲間や味方が増えて行き、今のところはマイルドで柄の良い「サラリーマン金太郎」という感じ。 これからが楽しみです。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。