スマホ・タブレットは
こちらからアクセス!

まんが王国公式facebook
まんが王国公式twitter
クラウドファンディング-fundiy(ファンディー)
FUNDIYSTORE
世の中の話題をイラストに-ETOPICA(エトピカ)

漫画・コミック
はだしの天使はだしのてんし

はだしの天使
著者・作者
さがわれん脇坂友美
掲載雑誌
ジャンル
女性漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
エッセイ
配信
9巻 完結

■ 購入はこちらからどうぞ

スマートフォン・タブレットでアクセスすると、購入やより多くの試し読みができます。右のQRコードを読み取ってお楽しみ下さい。

【新刊通知を受け取ろう】スマートフォン・タブレットから会員登録をすると「はだしの天使」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「はだしの天使」のあらすじ | ストーリー

脇坂友美は難産の末に元気な長男・ユウタを出産した。ユウタが1歳になった頃、友美はユウタが名前を呼んでも振り向かない、自分たちの顔を見ようともしないのに不安を感じるようになった。看護師である友人に勧められ、専門の医療機関で診察をしてもらったところ、ユウタは「精神遅滞を伴う小児自閉症」と診断された──。自閉症児の成長と母子の絆を描く感動の実体験コミック!!

巻一覧

  • 1巻
    はだしの天使(1)

    はだしの天使(1)

    167ページ

    脇坂友美は難産の末に元気な長男・ユウタを出産した。ユウタが1歳になった頃、友美はユウタが名前を呼んでも振り向かない、自分たちの顔を見ようともしないのに不安を感じるようになった。看護師である友人に勧められ、専門の医療機関で診察をしてもらったところ、ユウタは「精神遅滞を伴う小児自閉症」と診断された──。自閉症児の成長と母子の絆を描く感動の実体験コミック!!

  • 2巻
    はだしの天使(2)

    はだしの天使(2)

    163ページ

    自閉症児の長男・ユウタの母親・脇坂友美は、市役所の相談員と話し合い、ユウタを知的障害児のための通所施設「赤い実学園」に通わせることに決めた。施設での単調な「訓練」に疑問を感じつつ、水に興味があるユウタをスイミングスクールに入れたことで、「赤い実学園」の訓練の中からの学びとは違うユウタの成長を感じるようになった友美は、次第に「自閉症児の教育」について考え始めた。

  • 3巻
    はだしの天使(3)

    はだしの天使(3)

    161ページ

    ユウタがどこより喜んで通うスイミングスクールで、友美は数人の親子グループと親しくなる。健常児も障害のある子供も一緒に育てばいいという彼らの考え方に触れ、友美は「地域で子育てをする」意識を持つようになる。一方、「赤い実学園」では新任の篠崎先生が新しい担任となった。健常児と比べるのではなく、ユウタの個性を認め、真剣にユウタに向き合ってくれる彼女の姿から、友美は母親としての自分の姿勢を見つめ直すだった。

  • 4巻
    はだしの天使(4)

    はだしの天使(4)

    165ページ

    3歳9カ月になった小児自閉症児の長男・ユウタのトイレトレーニングを始めた友美。月に一度の言語療法の日、施設の近くの障害者のための作業所の存在を知り、ユウタの将来について考え始める。障害者の現実についてもっと勉強したいと思い始めた友美は、積極的にセミナーや勉強会に通うようになる。さまざまな人の体験を聞くなかで、障害者もみんなと同じ時間、空間を共有して「みんなの中で生きていく」大切さを実感する友美だった。

  • 5巻
    はだしの天使(5)

    はだしの天使(5)

    153ページ

    健常者・障害者の枠を超えて地域の人々と交流する中で、友美は就学前の障害児が通う「赤い実学園」の閉鎖的な教育方針にますます疑問が膨らんでいた。そんな友美の思いを知った新任の山路先生は、友美に攻撃的になり、ユウタにも目を向けてくれなくなる。友美は健常児のママ友の後押しもあり、ユウタを普通幼稚園に入れることを真剣に考えるようになる──。

  • 6巻
    はだしの天使(6)

    はだしの天使(6)

    169ページ

    自閉症児の長男・ユウタは母親が付き添うという条件で、近所の友達と同じ市立幼稚園への入園が決まった。友美は障害者も健常者の中で生活することが当たり前の社会になっていくよう市民グループに所属し、障害児について知ってもらえるよう通信にユウタの記事を書くようになった。たくさんの人にユウタを知ってもらい、声をかけてもらうようになり、ユウタと自分の世界が広がるのを実感する友美だった。

  • 7巻
    はだしの天使(7)

    はだしの天使(7)

    173ページ

    自閉症児・ユウタの母親・友美は地域の理解を得られていく中で、いまひとつ夫が育児に協力的でないことに不満を持っていた。友美はこれまで尻ごみしていた夫を強引に勉強会に連れて行った。勉強会で見た夫の熱心な視線は友美には意外なもので、さらにそのあとの障害児の父親たちとの交流を経て、夫の意識が大きく変わるのを実感した。夫の態度が変わり、友美は、これまでにない心強さを感じていた──。

  • 8巻
    はだしの天使(8)

    はだしの天使(8)

    177ページ

    自閉症児・ユウタを普通幼稚園と障害児のために特殊保育園に通わせていた友美は、普通幼稚園1本に絞り、園生活に付き添うこともやめた。自宅で家事をこなしながらもユウタの様子が気になって仕方がない。問題行動を起こしながらも、様々な個性を持つ子供たちと交流する中でたくましく成長していくわが子に、日々感動する友美だった。子供たちの数だけユウタに接する形がある──。地域で生きる自信を深めた瞬間だった。

  • 9巻
    はだしの天使(9)

    はだしの天使(9)

    119ページ

    自閉症の長男・ユウタは地元の公立小・中学に通い、公立高校を卒業して専門学校へ進学した。そして、二十歳を迎えたユウタの就職活動が始まった。「地域で健常者とともに生きる」ために呼びかけと活動を繰り返してきた母親・友美は社会の厳しさと現実に直面しながらユウタの自立を支援した。自閉症児とその母親の奮闘を描いた感動シリーズ、涙の完結編!!

「はだしの天使」のみんなのまんがレポ(レビュー)

30代 女性 学生 (公開日:
【 自閉症の子を持つ人から聞いた内容に近い 】
根気良く躾した結果が現れるのが小学生くらいらしく、最初は本当に後追いがないから始まりユウタくんみたいらしいです。 だから家族が落ち込んで被害的に考えてしまうのは子供が小学生になるまでの間くらいだそうです。 口酸っぱくダメ!こうしなさい!と伝え続けることで実際に子供というのは聞けるようになるみたいです。 だからこの母親の諦め部分もわかりますが、やり遂げた母親の例も知っているので自閉症で周りに何と言われようと母親には絶対躾は報われるから負けるなと言いたい。 父親が育児から逃げて1人やり遂げた人もいるけど大きくなると本当に躾しないと大変だから、実際小さな内からビシバシやった方が良いし主人公頑張れと思いました。 健常でも赤ちゃんの頃にダメ!を言わず育てた子供は言葉がわかる年齢になってから躾たところで躾が難しいのと一緒ですよね。 言葉がわからなくてもダメ!は伝わってる。
40代 男性 会社員 (公開日:
【 買って損した 】
地域と〜って解るんですが甘いかな。 周りに流されすぎ。影響されすぎ。 土地宗教家にでもなるかと思いました。 で、読み終わって残ったのは不快感。 障害者の私が言うのもオカシイかもしれませんが分けて何が悪い?交わったらボコられる事もあるのに。 美化しすぎ。 こういう内容見ちゃうと私を含め障害者全員ペン・ハースト送りにしてもらったほうがマシに思えます。 綺麗事だけ並べられても響かないですね。
30代 女性 パート・アルバイト (公開日:
【 気持ちは分かるけど。 】
ポイントの関係でまだ5巻までしか読んでいませんが、何回か挫折しそうになりました。 一生懸命なのは分かるんですが、主人公にイライラします。結局都合の悪い意見には耳を貸さず、差別だと怒り。療育施設にも文句を言い。 子どもが大事なのは分かるんだけどさ~………… あと、望月さん?あの人胡散臭い。私は嫌いでしす、あぁいう人。5巻までしか読んでいないので、もしかしたらこれから良いところも出てくるのかも知れないけど、「私は何でも分かってるから」感を出していて、苦手なタイプです。 正直、お前に何が分かる!って思っちゃいます。
40代 女性 会社員/その他 (公開日:
【 最後まで読んでいない… 】
最後まで読んでいないのに、あれこれ言うのはいけないと思い、最後まで読みました。 読んだ上での感想です。 申し訳ないけど、すごくイライラしました。母親に。 障害児の母親は必ず「分かって欲しい」「区別しないで欲しい」って言うのです。面倒を見させられる他の児童の事を考えもせずに。 この母親も同じ。 自分の子がどれだけ周りに迷惑を与えているのか、それによってどれだけ他の児童が腹立たしいか全く考えない。 正論で人は傷つきます。 正論だから言い返せない時もあります。 でも他の児童は、障害児の世話係ではないのです。 そういうことを考えないで、我が子の障害をわかって欲しいって、では他の児童の気持ちはどうでもいいのでしょうか。 押し付けがましい障害児の母親に、物凄く憤りを覚えます。 よってこういう母親、大嫌いです。
30代 女性 主婦 (公開日:
※ネタバレあり 【 自閉症スペクトラムの… 】 レポを見る
自閉症スペクトラムの疑いで検査を控えている娘がいるため、こちらの作品が気になって読んでみました。 入園前のユウタくんの様子…車道に飛び出してしまったり、他の子と違うと悩んだり…共感できる場面がいくつもあり、興味深く読みましたが、入園の頃からお母さんの友美さんが暴走していると感じられ、頭の中がだんだんと疑問???ばかり…。前半はおすすめです。 幼稚園の先生に「ご迷惑をおかけしてすみません」と言わないとか、就学時検診をボイコットしろと人に勧めるとか、入学しても聞かれるまでは担任に自閉症を隠すとか…偏りすぎではないでしょうか。特に、担任に自閉症であることを告げないなど考えられません。脱走して身の危険が及ぶこともあります。特別視されたくないといくら思ったところで、「特別な支援を要する」事実は確かなことです。普通に思われたい、健常児と過ごしたい、そのために意地になっていたんでしょうか。

コミックの読み方簡単STEP!!

1QRコードを読み取る
ステップ1

スマホ、タブレット端末でQRコードを読み取り、まんが王国のサイトにアクセス!

2無料コミックで体験!
ステップ2

無料で読めるコミックも2200作品以上!まずは無料で体験してみよう!

3入会する
ステップ3

月額会員に入会しコミック購入ができるポイントをGET!ボーナスポイントも有★

4コミックを読む
ステップ4

ポイントで好きなコミックを購入しお楽しみ下さい.