\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

「さがわれん(さがわれん)」の漫画・コミック一覧

「さがわれん」の検索結果
1~1件/全1件

  • 女性漫画ヒューマンドラマ

    はだしの天使

    さがわれん脇坂友美

    無料で試し読み
    600pt まんがレポ:22 お気に入り:380

    脇坂友美は難産の末に元気な長男・ユウタを出産した。ユウタが1歳になった頃、友美はユウタが名前を呼んでも振り向かない、自分たちの顔を見ようともしないのに不安を感じるようになった。看護師である友人に勧められ、専門の医療機関で診察をしてもらったところ、ユウタは「精神遅滞を伴う小児自閉症」と診断された──。自閉症児の成長と母子の絆を描く感動の実体験コミック!!

さがわれんの作品 みんなのまんがレポ(レビュー)

  • 30代 女性 学生

    はだしの天使

    公開日:2017/05/25

    自閉症の子を持つ人から聞いた内容に近い

    参考になった(43)

    根気良く躾した結果が現れるのが小学生くらいらしく、最初は本当に後追いがないから始まりユウタくんみたいらしいです。
    だから家族が落ち込んで被害的に考えてしまうのは子供が小学生になるまでの間くらいだそうです。
    口酸っぱくダメ!こうしなさい!と伝え続けることで実際に子供というのは聞けるようになるみたいです。
    だからこの母親の諦め部分もわかりますが、やり遂げた母親の例も知っているので自閉症で周りに何と言われようと母親には絶対躾は報われるから負けるなと言いたい。
    父親が育児から逃げて1人やり遂げた人もいるけど大きくなると本当に躾しないと大変だから、実際小さな内からビシバシやった方が良いし主人公頑張れと思いました。
    健常でも赤ちゃんの頃にダメ!を言わず育てた子供は言葉がわかる年齢になってから躾たところで躾が難しいのと一緒ですよね。
    言葉がわからなくてもダメ!は伝わってる。

  • 40代 男性 会社員

    はだしの天使

    購入者レポ
    公開日:2016/09/12

    買って損した

    参考になった(71)

    地域と〜って解るんですが甘いかな。
    周りに流されすぎ。影響されすぎ。
    土地宗教家にでもなるかと思いました。
    で、読み終わって残ったのは不快感。

    障害者の私が言うのもオカシイかもしれませんが分けて何が悪い?交わったらボコられる事もあるのに。
    美化しすぎ。

    こういう内容見ちゃうと私を含め障害者全員ペン・ハースト送りにしてもらったほうがマシに思えます。
    綺麗事だけ並べられても響かないですね。

  • 30代 女性 パート・アルバイト

    はだしの天使

    購入者レポ
    公開日:2016/09/08

    気持ちは分かるけど。

    参考になった(42)

    ポイントの関係でまだ5巻までしか読んでいませんが、何回か挫折しそうになりました。
    一生懸命なのは分かるんですが、主人公にイライラします。結局都合の悪い意見には耳を貸さず、差別だと怒り。療育施設にも文句を言い。
    子どもが大事なのは分かるんだけどさ~…………
    あと、望月さん?あの人胡散臭い。私は嫌いでしす、あぁいう人。5巻までしか読んでいないので、もしかしたらこれから良いところも出てくるのかも知れないけど、「私は何でも分かってるから」感を出していて、苦手なタイプです。
    正直、お前に何が分かる!って思っちゃいます。

  • 40代 女性 会社員/その他

    はだしの天使

    公開日:2016/07/20

    最後まで読んでいない…

    参考になった(82)

    最後まで読んでいないのに、あれこれ言うのはいけないと思い、最後まで読みました。
    読んだ上での感想です。
    申し訳ないけど、すごくイライラしました。母親に。
    障害児の母親は必ず「分かって欲しい」「区別しないで欲しい」って言うのです。面倒を見させられる他の児童の事を考えもせずに。
    この母親も同じ。
    自分の子がどれだけ周りに迷惑を与えているのか、それによってどれだけ他の児童が腹立たしいか全く考えない。
    正論で人は傷つきます。
    正論だから言い返せない時もあります。
    でも他の児童は、障害児の世話係ではないのです。
    そういうことを考えないで、我が子の障害をわかって欲しいって、では他の児童の気持ちはどうでもいいのでしょうか。
    押し付けがましい障害児の母親に、物凄く憤りを覚えます。
    よってこういう母親、大嫌いです。

  • 40代 女性 主婦

    はだしの天使

    公開日:2016/02/29

    前々から気になってい…

    参考になった(32)

    前々から気になっていた作品で、完読しました。自閉症の子をもつ親の苦悩、喜び、子供自身の成長などがわかりやすく、リアルに描かれています。しかし、自閉症といっても人それぞれ症状も違い、ユウタくんの場合はあまり周りに対し危害を加えないタイプなので、周りからも愛され理解されやすかったのかな、とも思いました。障害を理解してほしい、ということは素晴らしい事ですが、やはり「差別」ではなく「区別」は必要だと…改めて思いました。障害を知ることはできても、理解してもらおうとするのはなかなか厳しい現実があります。この作品にはその両面が描かれています。障害と一口に言っても人によって症状も様々、中には力加減がわからずお友達に怪我を負わせてしまう場合もあり、そうなった時、「この子はそうゆう子なので、許してください」は世の中通じないのです。誰にとっても可愛い我が子です。世の中で生きていくとはそういうことなのです。

絞り込む
並べ替え

詳細検索

並べ替え