\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
月下の棋士げっかのきし

月下の棋士
(c)小学館
著者・作者
能條純一(のうじょうじゅんいち)
掲載雑誌
ビッグコミックスピリッツ
発行元
小学館
ジャンル
青年漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
バトル囲碁・将棋ドラマ化メディア化
配信
32巻 完結/352話 完結
掲載時期
1990年代~
52人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました
  • 変態だらけ

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「月下の棋士」のあらすじ | ストーリー

この少年は将来の名人なり――! “伝説の棋士”の書状を携え 、将棋会館の門をこじあけた青年・氷室将介が、大胆不敵にプロ棋士への途を駆け上がる!! 盤上の熱き勝負に注目せよ!!

  • 1巻
    月下の棋士(1)

    月下の棋士(1)

    221ページ | 550pt

    この少年は将来の名人なり――! “伝説の棋士”の書状を携え 、将棋会館の門をこじあけた青年・氷室将介が、大胆不敵にプロ棋士への途を駆け上がる!! 盤上の熱き勝負に注目せよ!!

  • 2巻
    月下の棋士(2)

    月下の棋士(2)

    212ページ | 550pt

    入会以来、連戦連勝を続ける将介。将介は、病気をおしてまで勝負しようとする村森と対戦していた。そこへ、大原巌がやって来るが、将介の無礼な態度に除名をほのめかされる。名人になった滝川は師匠・村木のもとへ報告へいきながら、将介のことが気になっていた。将介は規定の8連勝をあげ、昇段を喜んでいたが、大原により除名されようとしていることを知る。

  • 3巻
    月下の棋士(3)

    月下の棋士(3)

    212ページ | 550pt

    リーグ戦開始から16試合が終了し、全勝は将介、幸田、次いで1敗の鈴本が最終戦までもつれこんでの三つ巴の様相を呈してきた。しかし、将棋がつまらないと思い始めていた将介に鈴本の師匠・刈田は、鈴本が今、いかに将棋を楽しんで指しているか、将棋に惚れてるかを話す。そして、最後に将介が鈴本に負けると言い放つのだった――!!

  • 4巻
    月下の棋士(4)

    月下の棋士(4)

    208ページ | 550pt

    将介と鈴本の戦いはまさに死闘と呼べるものだった。将介は鈴本のなかに将棋の神が宿っているといい、鈴本は盤上に居るといった。鈴本が最後の一手を指したまま、将棋盤に覆い被さるように倒れてしまう……。救急車で運ばれる途中、意識を取り戻した鈴本。救急車で将棋会館へ引き帰るが、鈴本は対局室へ入ることができない…。

  • 5巻
    月下の棋士(5)

    月下の棋士(5)

    208ページ | 550pt

    正気をなくした村木の家を後にした将介は、村木の弟子・滝川幸次を倒す決意を新たにする。そのころ、名人への挑戦権を賭けた大原と刈田の最終戦が始まろうとしていた。病身をおして歩いて会場へ向かう大原、普段はやらないゲン担ぎをする刈田。はたして勝者は……?

  • 6巻
    月下の棋士(6)

    月下の棋士(6)

    210ページ | 550pt

    大原の策略で名人戦に立ち会うことになった将介。その存在が気になる滝川に、大原は勝利を確信する。ところが、残り一手で勝利できるという時に、大原の容態が悪化、その一手が指せないでいた。最後の力を振り絞って目指す場所に駒を置こうとする大原。そこへ、滝川の希望によって開けられた窓から吹いた突風で、盤上の駒は飛ばされてしまう。

  • 7巻
    月下の棋士(7)

    月下の棋士(7)

    208ページ | 550pt

    王竜戦・準決勝。待ち続ける刈田のもとにようやく将介が現われ、月明かりのもとふたりの戦いが始まった。刈田が将棋界のスターだった全盛期の頃の気迫で第7手を指したとたん、将棋会館全体が停電になる。しかし、月明かりがあるからと対局続行を決めたふたり。将棋会館の暗闇からは刈田の気迫が青白い閃光となって放たれていた。

  • 8巻
    月下の棋士(8)

    月下の棋士(8)

    208ページ | 550pt

    自分の戦法を将介に見破られた大原だが、それでも次ぎの手を指すべく右手を駒へ進めた。大原は震えだした右手を左手でつかんだが、そこに脈を感じることができなかった。そこへ、大原の孫が現われる。生きたいと強く願った大原は、戦法を変え、将棋を指し続けることを選んだ。将介は祖父・御神三吉の得意戦法で大原に挑むが、そのとき大原の目から盤上の駒が消えた。

  • 9巻
    月下の棋士(9)

    月下の棋士(9)

    204ページ | 550pt

    将介は“伝説の真剣師”と呼ばれる丸亀を訪ねた。目の前に現われた将介がかつての師匠・御神三吉の孫であることに気づいた丸亀は、将介に御神三吉の思い出を語って聞かせる。そのころ滝川は、毎毎新聞の記者で将介の封じ手を預かっている立原真由美に、自分の勝ちと、将介の負けを宣言する。

  • 10巻
    月下の棋士(10)

    月下の棋士(10)

    212ページ | 550pt

    秋葉原将棋倶楽部で始まった将介と滝川の対局は、誰の目からも将介の優勢が明らかだった。だが、滝川は不思議な余裕を見せ、持ち時間を利用して、パチンコ屋へ。そんな中、滝川の師匠・村木武雄の自殺の知らせがはいるが、滝川は対局を続ける。そして、戻ってきた滝川が指した手は…。

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「月下の棋士」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「月下の棋士」のみんなのまんがレポ(レビュー)

30代 女性 会社員/金融・不動産関係 (公開日:
【 自信満々に将棋の世界… 】
自信満々に将棋の世界へ踏み入れて行く勢い、驚きました。将棋はルールが難しくて自分では出来ないけど、漫画なら入りやすいです。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。