\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
薄花少女はっかしょうじょ

薄花少女
(c)小学館
著者・作者
三浦靖冬(みうらやすと)
掲載雑誌
月刊サンデーGX月刊IKKI
発行元
小学館
ジャンル
青年漫画 SF・ファンタジー
キーワード
くらし・生活年の差日常人情ほのぼの・癒し
配信
5巻 完結
掲載時期
2010年代~
81人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「薄花少女」のあらすじ | ストーリー

ぼっちゃまのため、ばあやは少女になりました。一人暮らしの古糸史(こいとふみ)の家に、ひとりの少女がやってきた。二十代も半ばの彼にむかって、ぼっちゃまと呼びかけるその少女。自らを史の実家で家政婦をしているハッカばあやだと名乗るが、ハッカばあやこと夏焼鳩子は、御年数えで八十歳。目の前の少女は、せいぜい小学二、三年生。どうみても、ばあやのはずはないのだが。若返ったおかげでぼっちゃまのお世話ができると、本人はいたって気楽な様子。少女で老女、老女で少女のハッカとぼっちゃま。どちらにせよ年の差な、ふたりの共同生活が始まります。   

巻一覧

  • 1巻
    薄花少女(1)

    薄花少女(1)

    191ページ | 600pt

    ぼっちゃまのため、ばあやは少女になりました。一人暮らしの古糸史(こいとふみ)の家に、ひとりの少女がやってきた。二十代も半ばの彼にむかって、ぼっちゃまと呼びかけるその少女。自らを史の実家で家政婦をしているハッカばあやだと名乗るが、ハッカばあやこと夏焼鳩子は、御年数えで八十歳。目の前の少女は、せいぜい小学二、三年生。どうみても、ばあやのはずはないのだが。若返ったおかげでぼっちゃまのお世話ができると、本人はいたって気楽な様子。少女で老女、老女で少女のハッカとぼっちゃま。どちらにせよ年の差な、ふたりの共同生活が始まります。   

  • 2巻
    薄花少女(2)

    薄花少女(2)

    191ページ | 600pt

    見た目はかわいらしいおんなの子のハッカ。しかし、中身は御年数えで八十歳のハッカばあや。ひとり暮らしのぼっちゃまをお世話するため、不思議な薬で体だけ少女になったという。少女と青年、老女と青年、どちらにせよ年の差共同生活は今日もにぎやかです。ハッカの故郷から送られてきたすだちで、晩ご飯はすだち尽くし。すだちシャンプーとすだち石鹸、香りはいかが?……「ハッカとすだちと」塾の先生をしているぼっちゃまの姿をみて、立派に成長したことを喜ぶハッカ。しかし、その晩、ぼっちゃまを叱りつけることになり……「叱られて」ぼっちゃまの生徒が家にやってきた。同居しているハッカと出会い……「雪の降る前」“いみがわかりませんわ”そう言いながら鏡の前でファッションショーを……「春の足許」夏の夜の庭にただよう蛍のように淡い存在……「なつやみ」ハッカが見つけた一枚の写真。写っているのは妙齢の女性。ぼっちゃまついにご結婚?……「雨上がりに」一話読み切り形式、全6話を収録。

  • 3巻
    薄花少女(3)

    薄花少女(3)

    185ページ | 600pt

    桜の花びらが舞う下でハッカが出会ったのは、自分と同じ制服姿の少女。どこか懐かしいのに、なぜか思い出せない…「うたかたの」ぼっちゃまが物心つく前に亡くなった母親のお墓参りへ。ぼっちゃまの知らないハッカ、ぼっちゃましか知らないハッカの横顔…「花降る日に」ハッカの幼なじみから届いた暑中見舞いが、ふたりの関係に小さな波紋を呼び起こす…「秘めごと」天高くばあや肥ゆる秋。いくつになっても気になる体重…「ころころ」冬の日に、ハッカひとり。家にも街にも誰もいない…「冷たい手」ハッカとぼっちゃま、ふたり暮らしの春夏秋冬、全7編。

  • 4巻
    薄花少女(4)

    薄花少女(4)

    184ページ | 600pt

    見た目はかわいらしいおんなの子のハッカ。しかし、中身は御年数えで八十歳の“ハッカばあや”。ひとり暮らしのぼっちゃまのお世話をするため、不思議な薬で体だけ少女になりました。少女(ばあや)と青年(ぼっちゃま)、ふたりの年の差の同居生活は、のんびりと時を重ねます。お正月に年賀状。ヤキモチをやかないで…「はじまりの日に」節分の豆まきで心の鬼を払いましょう…「おにはそと」ホワイトデーには、ぼっちゃまからのお返しを…「プレゼント」間違って梅酒を飲んだら酔っ払い?…「梅雨酔い」ぼっちゃまのお世話はハッカにお任せください…「いつもどおり」夏と花火と夜の夢。夏風邪は遠い日の思い出と…「夏宿」お正月から真夏の夜まで、全6編を収録。

  • 5巻
    薄花少女(5)

    薄花少女(5)

    201ページ | 600pt

    ふたりの生活はいつまでも 見た目はかわいらしいおんなの子のハッカ。しかし、中身は御年数えで八十歳の“ハッカばあや”。ひとり暮らしのぼっちゃまのお世話をするため、不思議な薬で体だけ少女になりました。いつも通りの日常をおくるふたりのもとに、ハッカの幼馴染(つまりは80歳越え)いちこさんが訪れて…少女(ばあや)と青年(ぼっちゃま)、ふたりの年の差の同居生活の行方は…?ついに完結。

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「薄花少女」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「薄花少女」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(公開日:
【 画面は綺麗だし、お話… 】
画面は綺麗だし、お話も丁寧で素敵なんだけど…何だろう…この拭い去れない気持ち悪さは…幼女にドキドキする描写とか何故か受け付けない…
(公開日:
【 水彩タッチの絵に惹か… 】
水彩タッチの絵に惹かれて購入しました。奉公人のばあやなんて今の時代居ないけど、深い深い愛を感じました。おばあさんから少女になって、気持ちの変化に戸惑いながらも2人で2人の新しい関係を作っている所が微笑ましいです。早く続きが読みたいです!気になります!
(公開日:
【 実家に仕えてる薄花ば… 】
実家に仕えてる薄花ばあやと呼ばれるお婆ちゃんが塾講師である主人公の文の一人暮らしを心配し、薬で少女になった薄花が目の前に現れた。 初めはどこのエロゲかと思っていましたが読み進めていくうちにどこか懐かく感じました。 文が幼いお婆ちゃんの薄花を思いやり、薄花が大きくなった文を思いやる。2人の心が混じる祖母と孫(実際は違う)の関係が私の涙腺を緩くしました。 とても心温まるいい話です。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。