\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
書生 葛木信二郎の日常(1)

書生 葛木信二郎の日常(1)
(c)小学館
タイトル
書生 葛木信二郎の日常
ふりがな
しよせいかつらぎしんじろうのにちじよう
著者・作者
倉田三ノ路(くらたみのじ)
掲載雑誌
月刊サンデーGX
発行元
小学館
ジャンル
少年漫画 SF・ファンタジー
キーワード
感動コメディロマンス大正時代日常人情幽霊・妖怪・モンスター
配信
1巻(189ページ)/8巻 完結
掲載時期
2010年代~
470人がお気に入り登録中
189ページ | 550pt

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました
  • 書生
  • 大正ロマン
  • あやかし

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「書生 葛木信二郎の日常」のあらすじ | ストーリー

俊英が描く大正モノノケ浪漫、いざ開幕!! 時は大正。小説家を目指して帝都・東京に上京した書生・葛木信二郎。彼が下宿先に選んだ「黒髭荘」は、なんと住民すべてが妖怪という不思議な館だった!管理人の尋(ひろ)ちゃんや、一緒に上京した妖怪の「ちま」と共に、今日も信二郎の一風変わった日常が始まる―――大正浪漫の香り漂う妖怪奇譚、いよいよ開幕!!

前の巻へ

巻一覧

  • 1巻
    書生 葛木信二郎の日常(1)

    書生 葛木信二郎の日常(1)

    189ページ | 550pt

    俊英が描く大正モノノケ浪漫、いざ開幕!! 時は大正。小説家を目指して帝都・東京に上京した書生・葛木信二郎。彼が下宿先に選んだ「黒髭荘」は、なんと住民すべてが妖怪という不思議な館だった!管理人の尋(ひろ)ちゃんや、一緒に上京した妖怪の「ちま」と共に、今日も信二郎の一風変わった日常が始まる―――大正浪漫の香り漂う妖怪奇譚、いよいよ開幕!!

  • 2巻
    書生 葛木信二郎の日常(2)

    書生 葛木信二郎の日常(2)

    194ページ | 550pt

    大正時代の帝都・東京。小説家志望の青年・葛木信二郎が住む「黒髭荘」は、住人すべてが妖怪という不思議な館。 1階のホールに住むコウモリたち、一緒に上京したちま、そして管理人を務める元気少女・尋ちゃんも、もちろん妖怪で…今日も彼らと信二郎の奇妙な日常が始まる――。夢から目覚めなくなった少女・華子ちゃんの運命は? そして新住人にして信二郎と何やら 過去のあるらしい謎めいた美女・操緒も加わり……。話題の大正妖怪奇譚・第2集が登場です!

  • 3巻
    書生 葛木信二郎の日常(3)

    書生 葛木信二郎の日常(3)

    207ページ | 550pt

    大正時代--帝都・東京の一画に、何故か人の目に留まることのない洋館・黒髭荘(くろひげそう)があった。そこは、小説家志望の書生・葛木信二郎を除く、すべての住人が妖怪という、不思議な館で…? 今まで姿を見せなかった黒髭荘の大家さんに対面する信二郎だけど、大家さんもやっぱり妖怪? そして管理人を務める元気少女(正体は化け狸)の尋(ひろ)ちゃんに、ある日謎めいた手紙が届いたのをきっかけにして、大事件が起き…!? 黒髭荘をめぐる様々な謎が明かされる、大正妖怪浪漫・第3集が登場!!

  • 4巻
    書生 葛木信二郎の日常(4)

    書生 葛木信二郎の日常(4)

    200ページ | 550pt

    大正時代--帝都・東京の一角に、不思議と目立たない洋館・黒髭荘(くろひげそう)があった。そこは、小説家志望の書生・葛木信二郎を除く、すべての住人が妖怪という、奇妙な館で…?上野で開かれた「平和記念博覧会」会場で見せ物となっていた、人魚のミイラ。その人魚に不自然さを感じた信二郎は、人魚を救うべく忍びこむが、そこで信二郎を待っていたのは、陰陽師(おんみょうじ)を名乗るサマラとカルマ姉弟だった。謎めいたサマラたちの口から、何故か失踪中の信二郎の兄・悌一郎の名が…彼女たちと信二郎の接点とは? その兄の婚約者である猫又美女・操緒さんの暴走からも目が離せない、大正妖怪奇譚・第4集が登場!! 

  • 5巻
    書生 葛木信二郎の日常(5)

    書生 葛木信二郎の日常(5)

    210ページ | 550pt

    大正時代…帝都・東京の一角に佇む洋館・黒髭荘。そこは小説家志望の書生・葛木信二郎を除く、すべての住人が妖怪という、奇妙な館だった!妖怪を手駒のように扱い、信二郎と対立する陰陽師・勘解由小路サマラ。再び信二郎の前に現れたサマラだったが、彼女には信二郎の兄・悌一郎と、意外な過去があった…。人と妖怪の間に、愛は成立するのか? 恋心が育むもの、失うものを描き出す大正妖怪浪漫譚、待望の第5集!!

  • 6巻
    書生 葛木信二郎の日常(6)

    書生 葛木信二郎の日常(6)

    207ページ | 550pt

    大正時代…帝都・東京の一角に佇む洋館・黒髭荘。そこは小説家志望の書生・葛木信二郎を除く、すべての住人が妖怪という、奇妙な館だった!かつて信二郎の兄・悌一郎に想いを寄せながらも、悌一郎に妖怪の許嫁が居たと知って心に傷を負った女陰陽師・勘解由小路サマラ。その傷を大妖怪「橋姫」に突かれ、身体を乗っ取られてしまったサマラは、夜な夜な男を襲っては生気を吸う。そしてついにサマラの毒牙が信二郎に襲いかかる――!!信二郎はサマラを救えるのか!? 緊迫の第6集が登場!!

  • 7巻
    書生 葛木信二郎の日常(7)

    書生 葛木信二郎の日常(7)

    210ページ | 550pt

    大正時代…帝都・東京の一角に佇む洋館・黒髭荘。そこは小説家志望の書生・葛木信二郎を除く、すべての住人が妖怪という、奇妙な館だった!かつて信二郎と争ったものの、その後和解した女陰陽師・勘解由小路サマラ。少しずつ信二郎たちと心を通わせる彼女だったが、ようやく帰国した信二郎の兄・悌一郎は「サマラたちに気をつけろ」と忠告する。反発する信二郎だったが――物語が大きく動き出す第7集が登場!!

  • 8巻
    書生 葛木信二郎の日常(8)

    書生 葛木信二郎の日常(8)

    227ページ | 550pt

    大正時代…帝都・東京の一角に佇む洋館・黒髭荘。そこは小説家志望の書生・葛木信二郎を除く、すべての住人が妖怪という、奇妙な館だった。信二郎は突然帰ってきた兄・悌一郎に、両親が失踪した原因がサマラたちの祖父・公朋(きみとも)にあると告げられる。死んだはずの公朋は、「泰山府君祭」という儀式を企み、復活を図っているようなのだ。さらにその直後、悌一郎は何者かに誘拐されてしまう。信二郎は公朋の復活を阻止し、兄を救うことができるのか!?

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「書生 葛木信二郎の日常」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「書生 葛木信二郎の日常」のみんなのまんがレポ(レビュー)

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。

の対象作品です。