漫画・コミック
SWAN-白鳥-すわんはくちょう

著者・作者
掲載雑誌
マーガレット
ジャンル
少女漫画 スポーツ
配信
12巻 完結/249話 完結
シリーズ
SWANシリーズ

■本編はこちらからどうぞ

スマホ・タブレットでQRコードを読み取ってお楽しみ下さい。

「SWAN-白鳥-」のあらすじ | ストーリー

バレエ漫画の金字塔!一人の少女の成長を描く、恋あり、スポ根ありの、華麗なる長編大河バレエ・ロマン!見所は、絢爛豪華なバレエシーン!花が咲き乱れ、キラキラが降り注ぎ、シャボンが舞い、炎が噴出し、波が「ドッパーン!」…昔の少女漫画ならではの、やりすぎ感すらある激しい描写は、迫力満点で「バレエ」とも相性バッチリ。「お前ら何語で会話してるんだ?(外国人が多数登場)」的な突っ込み所すらも、時代の大らかさを感じさせる、魅力的なスパイスになってます。

「SWAN-白鳥-」のみんなのまんがレポ(レビュー)

40代 女性 主婦 (公開日:

北海道でのんびりバレエをやってきた聖真澄は、プリセツカヤの白鳥の湖を観て衝撃を受ける。その衝動のままに楽屋に押しかけ取り押さえられる(笑)が、プリセツカヤに会った途端、感激で言葉が出ず、さっき観た黒鳥そのままに踊ってその感動を伝えた。その場に居合わせたパートナーのセルゲイエフに見出され、日本初の国立舞踊学校入学のチャンスを得る。地方出身のダンサーにありがちなバレエ教師の癖のようなものが基礎になってしまっていた真澄はセルゲイエフの地獄の特訓に鍛えられ、基礎から叩き上げられた。しかし彼女にはもっと大きな欠点が隠れていて…。この作品の真髄は、ロシア公演で負傷した京極の血を吐くような言葉に集約されると思います。わたしは世界のプリマとして踊る為に生きているのではなく、ただ、バレエを愛する為に生きているのだ。絵も最初と違い、最後に向けて劇的に良くなるので…気になる方は最終巻から読むのもいいかもです。

20代 女性 パート・アルバイト/福祉関係 (公開日:

大好きな漫画です!SWANシリーズは全て持ってます(笑)目はキラッキラ、涙もキラッキラ、でも驚くときは白目など喜怒哀楽がそこまでなるか!?って程めっちゃ激しいです。所謂、スポコン時代のひと昔前の絵柄ですが、バレエステージはとにかく綺麗で華麗。ぐいぐい引き込まれます。バレエ漫画でこれを読まずに何を読む!感動あり涙あり。特に主人公が苦悩して苦悩してどろっどろの中で成長していく姿が見所です。全てのキャラに魅力たっぷりです。私はリリアナが強烈に心に残ったなぁ。必見です。

「SWAN-白鳥-」の関連ジャンル・キーワード

少女漫画・コミック スポーツ芸術

コミックの読み方簡単STEP!!

1QRコードを読み取る
ステップ1

スマホ、タブレット端末でQRコードを読み取り、まんが王国のサイトにアクセス!

2無料コミックで体験!
ステップ2

無料で読めるコミックも1700作品以上!まずは無料で体験してみよう!

3入会する
ステップ3

月額会員に入会しコミック購入ができるポイントをGET!ボーナスポイントも有★

4コミックを読む
ステップ4

ポイントで好きなコミックを購入しお楽しみ下さい.