\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
ふたりぼっちふたりぼっち

ふたりぼっち
(c)小学館
著者・作者
吉村明美(よしむらあけみ)
掲載雑誌
月刊flowers
発行元
小学館
ジャンル
女性漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
くらし・生活動物・ペット人情幽霊・妖怪・モンスター
配信
2巻 まで配信
掲載時期
2010年代~
33人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「ふたりぼっち」のあらすじ | ストーリー

「夢の真昼」吉村明美の待望最新作第1巻!「麒麟館グラフィティ」「薔薇のために」「夢の真昼」・・・数々の珠玉作をうみだした稀代のストーリーテラー・吉村明美の最新作がついに登場!!家族と離れて独り暮らしをするやちよが、ある日助けた瀕死の猫。なんとか助かったその猫と、楽しい2人(?)暮らしが始まると期待していたやちよが見たのは、パジャマ姿の男・雪生だった!しかも雪生は、猫とセットだと言うのだが・・・実はとんでもない事情をはらんでいて・・・!?おかしみの中に悲しみを湛えた、心に沁みる物語。必読の1巻です!!

巻一覧

  • 1巻
    ふたりぼっち(1)

    ふたりぼっち(1)

    192ページ | 420pt

    「夢の真昼」吉村明美の待望最新作第1巻!「麒麟館グラフィティ」「薔薇のために」「夢の真昼」・・・数々の珠玉作をうみだした稀代のストーリーテラー・吉村明美の最新作がついに登場!!家族と離れて独り暮らしをするやちよが、ある日助けた瀕死の猫。なんとか助かったその猫と、楽しい2人(?)暮らしが始まると期待していたやちよが見たのは、パジャマ姿の男・雪生だった!しかも雪生は、猫とセットだと言うのだが・・・実はとんでもない事情をはらんでいて・・・!?おかしみの中に悲しみを湛えた、心に沁みる物語。必読の1巻です!!

  • 2巻
    ふたりぼっち(2)

    ふたりぼっち(2)

    192ページ | 420pt

    寄り添って暮らすふたりに変化が・・・!? 札幌で寄り添って暮らす・・・ふたりと一匹のものがたり。・・・待望の第2巻、ついに登場!! 河でおぼれている猫を助けたことから、その猫に憑いて(?)いる雪生と関わることになったやちよ。 雪生は、その猫・タマのあくびで現れたり消えたりするが、それは雪生の本体が、未だに病院で寝たきり状態になっているから。 そもそも元の飼い主が引っ越しの際にタマを置き去りにしたのを、マンションのベランダから助けようとして、雪生は転落したのだ。そして気づくと、タマの中にいた雪生・・・。 そうした事情を全て知った上で、雪生の面倒を見る(?)ことにしたやちよを、いつしか好意を持って見つめ始めた雪生だったが・・・。 そんなふたりに、ある転機が訪れる・・・!! 目が離せない待望の第2巻!!

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「ふたりぼっち」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「ふたりぼっち」のみんなのまんがレポ(レビュー)

現在まんがレポはありません。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。