人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

無料キャンペーン実施中!

漫画・コミック
羅刹の家 第二部らせつのいえだいにぶ

羅刹の家 第二部
著者・作者
井出智香恵(いでちかえ)
掲載雑誌
発行元
ジャンル
女性漫画 サスペンス・ミステリー
キーワード
ミステリー愛憎劇ヤングレディース嫁姑不倫・浮気
配信
9巻 完結
シリーズ
羅刹の家シリーズ
102人がお気に入り登録中
じっくり試し読み

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました
  • 続編
  • 家族

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「羅刹の家 第二部」のあらすじ | ストーリー

あれから20数年。杳子は年頃の息子昴と娘緋呂美の恋愛相手が気になって仕方がない。二人ともすでに肉体関係がある恋人がいるらしい。さらに夫の貴志は不倫浮気中。 そんな時昴の恋人美雪が妊娠、緋呂美は父への反発から財閥秋野家の長男と家出をしてしまう。杳子をめぐる恐ろしい羅刹の都市伝説が始まった。

もっと見る

\無料試し読み増量中!/

巻一覧

  • 1巻
    羅刹の家 第二部(1)

    羅刹の家 第二部(1)

    331ページ | 303pt

    あれから20数年。杳子は年頃の息子昴と娘緋呂美の恋愛相手が気になって仕方がない。二人ともすでに肉体関係がある恋人がいるらしい。さらに夫の貴志は不倫浮気中。 そんな時昴の恋人美雪が妊娠、緋呂美は父への反発から財閥秋野家の長男と家出をしてしまう。杳子をめぐる恐ろしい羅刹の都市伝説が始まった。

    もっと見る
  • 2巻
    羅刹の家 第二部(2)

    羅刹の家 第二部(2)

    353ページ | 303pt

    昴の嫁となった美雪は年寄りを嫌う超エゴイストな性格。杳子は迫害に近い仕打ちを受け、死んだ姑と同じように自分も嫁いじめをしたい衝動に駆られる。しかし美雪の両親が事業の失敗から首をつって自殺してしまう。美雪はその責任を杳子と小椋家に着せて復讐しようと、恐ろしいたくらみを遂行する。

    もっと見る
  • 3巻
    羅刹の家 第二部(3)

    羅刹の家 第二部(3)

    354ページ | 303pt

    夫貴志の浮気を知った杳子はいたたまれず、嫁姑問題専門のホットラインの電話を受ける仕事を始める。相談者と対応するうちに不幸な姑は自分だけではないと改めて感じる杳子。しかし息子昴と美雪の仲は悪くなるばかり。一方秋野家に嫁いだ緋呂美も、義母とうまくいかない。秋野夫人はやり手の実業家として一家に君臨して、息子夫婦も思いのままにしようとする。現実と理想の家族の差はこんなにも違うものか。

    もっと見る
  • 4巻
    羅刹の家 第二部(4)

    羅刹の家 第二部(4)

    354ページ | 303pt

    美雪と昴がついに離婚。昴はドイツへ旅立つ。緋呂美は友和の子供を産むが夫との仲がうまくいかない。杳子は夫の愛人と対決することになって、またしても傷つけられる。 杳子がそのたびに逃げ込むのは、ホットラインだった。電話してくる相談者たちのすさまじい争いを聞くと、まだ自分は幸せだとさえ感じられる。

    もっと見る
  • 5巻
    羅刹の家 第二部(5)

    羅刹の家 第二部(5)

    302ページ | 303pt

    秋野家を襲った倒産という大激震。凋落の一途をたどる秋野家の未来。緋呂美は精神的に追い詰められ、夫の友和との仲もうまくいかなくなる。そんな時突然杳子が何者かに襲撃されるという事件が勃発。そんな中、孤独にさいなまれた緋呂美は子供を出産した直後、浮気相手の男と駆け落ちしてしまう。杳子の心は休まることがない。どんな人間でも状況次第で子を捨てる鬼子母神になってしまう…女の業を描きます。

    もっと見る
  • 6巻
    羅刹の家 第二部(6)

    羅刹の家 第二部(6)

    301ページ | 303pt

    緋呂美の駆け落ちを知らされ、自分の育て方が悪かったのかと自分を責める杳子。 怒りに狂った友和は緋呂美と男のひそむ場所を突き止め男を刺してしまう。 緋呂美は家を出て場末のピアニストとして働き始める。友和は緋呂美への罰として離婚せず子供に合わせないという懲罰を与える。この仕打ちに緋呂美は傷つき続けるが、すべて自分のまいた種だった。一方秋野夫人は遠藤という怪しげな男に夢中になり、だれの言うことも聞かなくなっていく。 老いらくの恋の難しい選択とその裏に潜む女の性を描きます。

    もっと見る
  • 7巻
    羅刹の家 第二部(7)

    羅刹の家 第二部(7)

    304ページ | 303pt

    長い間嫁姑問題のホットラインの相談者として働いてきた杳子。大勢の悩みを聞いてアドバイスしてきたものの、最近倦怠感をおぼえていた。余りにも自分の家族に問題が起こりすぎて、自分に人の相談を上ける資格があるかどうか自信を失いかけていた。杳子は気分転換に中国旅行へ行く。しかしそんな杳子を付け狙う怪しい女がいた…。

    もっと見る
  • 8巻
    羅刹の家 第二部(8)

    羅刹の家 第二部(8)

    322ページ | 303pt

    秋野夫人は遠藤と駆け落ち。しかし遠藤が事故死。どうやら誰かに殺されたらしい。謎が謎を生んでついに犯人が逮捕される。一方昴と結婚していた加奈江が未熟児を産む。彼女が杳子夫婦と同居を強行した真の狙いは、小椋家の財産だった。杳子は夫の貴志が加奈江をかわいがるのを見て心が氷のように冷えていく…。

    もっと見る
  • 9巻
    羅刹の家 第二部(9)

    羅刹の家 第二部(9)

    304ページ | 303pt

    杳子はついに貴志との離婚を決意。一人で温泉の旅に出る。杳子を追ってきた嫁の加奈江は行きずりの男たちにレイプされてしまう。それを知った昴は加奈江を許せず離婚しようとする。大けがをした杳子は「もうこれ以上家族の醜さを見たくない」と意識が戻ることを拒否して眠り続ける。心から死を願う杳子はあの世への入り口へ…しかしそこへ現れたのは杳子がまだが嫁だったころの貴志の母であるあの姑だった。

    もっと見る

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「羅刹の家 第二部」新刊配信のお知らせが受け取れます。

関連シリーズ作品

「羅刹の家 第二部」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(2.0) 評価数1
(公開日:
※ネタバレあり 【 前作を購入していて、… 】 ★ ★ ☆ ☆ ☆ レポを見る
前作を購入していて、こちらは試し読み分だけ読んでみました。 嫁姑戦争で疲れ、嫁に負けた母を思うといたたまれず、他の女に走った…って、はぁ? いやいや浮気の理由にならんし、何被害者面してるの。 妻斬り付けられても、流産させられても、子供呪い殺されそうになっても同居解消どころか、守れもしなかったくせに。 前作の父と同じ…理由は責任転嫁。その時点でイラッとして購入しないことに決めました。。。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
無料で読める
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。
}

お得感No.1表記について

「電子コミックサービスに関するアンケート」【調査期間】2020年10月30日~2020年11月4日 【調査対象】まんが王国または主要電子コミックサービスのうちいずれかをメイン且つ有料で利用している20歳~69歳の男女 【サンプル数】1,236サンプル 【調査方法】インターネットリサーチ 【調査委託先】株式会社MARCS 詳細表示▼

本調査における「主要電子コミックサービス」とは、インプレス総合研究所が発行する「電子書籍ビジネス調査報告書2019」に記載の「課金・購入したことのある電子書籍ストアTOP15」のうち、ポイントを利用してコンテンツを購入する5サービスをいいます。
調査は、調査開始時点におけるまんが王国と主要電子コミックサービスの通常料金表(還元率を含む)を並べて表示し、最もお得に感じるサービスを選択いただくという方法で行いました。

閉じる▲