\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
歌うたいの黒兎うたうたいのくろうさぎ

歌うたいの黒兎
(c)集英社
著者・作者
石井まゆみ(いしいまゆみ)
掲載雑誌
ザ マーガレットYOU
発行元
集英社
ジャンル
女性漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
くらし・生活コメディ貴族・大富豪家族人情
配信
3巻 まで配信
シリーズ
歌うたいの黒うさぎシリーズ
掲載時期
2010年代~
59人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「歌うたいの黒兎」のあらすじ | ストーリー

楡屋敷家で働くメイド・森永永森子。通称は黒ウサ。ふだんは仕事をしていないように見えるけれど、お屋敷のひとり息子の叶夢からは絶大な信頼を寄せられている。そのため、屋敷の人々からも一目置かれるようになった黒ウサは、いつだって叶夢坊っちゃまのために、お屋敷を駆け回っているのです…!!

巻一覧

  • 1巻
    歌うたいの黒兎(1)

    歌うたいの黒兎(1)

    179ページ | 418pt

    楡屋敷家で働くメイド・森永永森子。通称は黒ウサ。ふだんは仕事をしていないように見えるけれど、お屋敷のひとり息子の叶夢からは絶大な信頼を寄せられている。そのため、屋敷の人々からも一目置かれるようになった黒ウサは、いつだって叶夢坊っちゃまのために、お屋敷を駆け回っているのです…!!

  • 2巻
    歌うたいの黒兎(2)

    歌うたいの黒兎(2)

    179ページ | 418pt

    楡屋敷家で働くメイド・森永永森子。通称は黒ウサ。ふだんは仕事をしていないように見えるけれど、お屋敷のひとり息子の叶夢からは絶大な信頼を寄せられている。そんな黒ウサのスマートフォンを拾ったのは、庭師・植松のところの新入り。彼が変身できると思い込んだ坊っちゃまは……!?

  • 3巻
    歌うたいの黒兎(3)

    歌うたいの黒兎(3)

    195ページ | 418pt

    楡屋敷家で働くメイド・森永永森子。通称は黒ウサ。ふだんは仕事をしていないように見えるけれど、お屋敷のひとり息子の叶夢からは絶大な信頼を寄せられている。急きょ決まった庭でキャンプの企画でしのぎを削る黒ウサと新入り庭師の恒星。結果は…!? そして坊っちゃまの実母の存在を巡って物語は急展開…!!

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「歌うたいの黒兎」新刊配信のお知らせが受け取れます。

関連シリーズ作品

「歌うたいの黒兎」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(3.0) 投稿数1
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 前シリーズと変わらず? 】 ★ ★ ★ ☆ ☆ レポを見る
前シリーズは最後あたりから主人公・永森子を巡っての微妙な『ラブコメ』流れの感じになってきていたので、その後の可能性を大いに期待していましたが、作者の制作ノートによると、新キャラで盛り上げたいらしく、残念ながら「カズッチー&15」は主要キャラから格下げになってしまいそうで残念です。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。