\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

特集 殺人者の告白

特集 殺人者の告白
救う方法も助けの求め方も知らなかった
だから、殺すしかなかった―

告白か、黙秘か――…

僕の名前は「少年A」
僕の名前は「少年A」

僕の名前は「少年A」

13歳で人を殺したその日、僕の人生は一変した…。全てを偽り、嘘で塗り固めた毎日を送る。これまで存在していた自分という存在は消え、「少年A」という名前だけが一人歩きする。でも僕は必ず君を守り抜くと決めたから―――…。

もっと見る

穢れるしかなかった二人の逃避行が始まる

罪のない者だけが石を投げよ
罪のない者だけが石を投げよ

罪のない者だけが石を投げよ

虐待に苦しみ殺人を犯した過去を背負って生きる、宮本人芥。そんな人芥が図書館で出会った天海ほたるもまた、虐待に苦しんでいた。虐待されるほたるを救うため、人芥はまたしても人を殺めてしまう。虐待から逃れるために、生きるために犯した罪は、償わなければならないのか。穢れるしかなかった二人の逃避行が始まる――。驚愕のサスペンス、驚異の新人デビュー作。

もっと見る

老老介護心中事件―その真相

よろこびのうた
よろこびのうた

よろこびのうた

北陸の勝野市、田園地帯の集落で火葬場から老夫婦の焼死体が見つかる。警察は老老介護の末の心中と結論付ける。事件から半年後、東京で週刊誌記者をしている伊能は取材ため勝野市を訪れる。近隣住民の口は重く難航する取材のなか伊能は、地域の雑貨屋の駐車場に残る濃いタイヤ痕、焼死した夫婦が事件の半年前に車を買い替えたこと、挙動不審な小学生という三つの『不自然』に気付く。それは事件の深淵へ至る第一歩であった。

もっと見る

被害者は17歳だった。加害者も17歳だった。

17歳。
17歳。

17歳。

1988年に起こった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」! なんと加害者は、17歳の少年たちだった―――! なぜ事件は起きたのか? なぜ誰も防げなかったのか?<命の意味>を問い掛ける衝撃の問題作!

もっと見る

害虫を一匹取り除く、むしろ世の中のためだ…!

罪と罰
罪と罰

罪と罰

「崇高な目的のために流される血はあがなわれる」 ひきこもりの大学生・弥勒(みろく)が計画したのは援交女子高生のリーダー・ヒカルの殺害。ヒカルは同じグループのリサに無理やり援交をさせ、金をまきあげていた。「害虫を一匹取り除く、むしろ世の中のためだ……!」だけどそれは終わりのない地獄の始まりだった--。“ひきこもり”と援交女子高生。ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。

もっと見る

命の千切れる音がする

骨が腐るまで
骨が腐るまで

骨が腐るまで

11歳の夏、人を殺して、洞窟の奥に死体を埋めた。それから毎年、5人の幼なじみは、夏休みの夜に儀式をする。罪を忘れず、友情を裏切らぬための儀式を。そして5年。16歳の夏。白骨化した死体。暴かれる嘘。姿のない脅迫者。鳴り響く電話と、命の千切れる音。骨は腐らず、罪は朽ちず。――いま、地獄がはじまる。

もっと見る

この特集を友達に共有する