\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

無料キャンペーン実施中!

漫画・コミック
ぼくの村の話ぼくのむらのはなし

ぼくの村の話
著者・作者
尾瀬あきら(おぜあきら)
掲載雑誌
モーニング
発行元
講談社
ジャンル
青年漫画 歴史・時代劇
キーワード
感動くらし・生活歴史
配信
7巻 完結
掲載時期
1990年代~
2人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「ぼくの村の話」のあらすじ | ストーリー

日本のどこにでもあった農村。1966年6月、少年たちは青白く輝く馬が飛ぶように駆ける姿を見た。その日、少年たちの住む村が空港建設の予定地に決まった日でもあったのだった……。20年かけて開墾してきた土地を、突然奪われることになった農民たちの長きにわたる戦いが、始まる…!

\無料試し読み増量中!/

巻一覧

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「ぼくの村の話」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「ぼくの村の話」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(公開日:
購入者レポ 【 今まで知らなかった事 】
空港を使って初めての海外旅行から帰って来た次の日、父から闘争の話を聞き、そんなに悲惨な話があったのかと驚きました。 何もしらず飛行機に乗りましたが、それまでにこんな歴史があったとは考えもしませんでした。 この漫画はとても細かいところまで書かれています。 そこに住んでいた人がどんな悲しい、苦しい思いをしたか。どんなに激しい戦いだったか。何を考え、どう行動したか。国は発展を第一に考え、なぜその土地に住む人に誠意を持って接しなかったのか、とても疑問に思います。 読み終わった後に、胸が苦しくなりました。 この土地に住んでいた人々、今も住んでいる人々の気持ちは計り知れませんが、若い世代の人達も知るべき歴史だと思います。とても詳しく書かれていて、考えさせられる話でした。 ぜひ沢山の人達に読んで頂きたいと思いました。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。