スマホ・タブレットは
こちらからアクセス!

まんが王国公式facebook
まんが王国公式twitter
クラウドファンディング-fundiy(ファンディー)
FUNDIYSTORE
世の中の話題をイラストに-ETOPICA(エトピカ)

漫画・コミック
センチメントの季節せんちめんとのきせつ

センチメントの季節
(c)小学館
著者・作者
榎本ナリコ
掲載雑誌
ビッグコミックスピリッツ
ジャンル
青年漫画 ヒューマンドラマ
キーワード
学園
配信
8巻 完結

■ 購入はこちらからどうぞ

スマートフォン・タブレットでアクセスすると、購入やより多くの試し読みができます。右のQRコードを読み取ってお楽しみ下さい。

【新刊通知を受け取ろう】スマートフォン・タブレットから会員登録をすると「センチメントの季節」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「センチメントの季節」のあらすじ | ストーリー

高校教師・山口は、私立の女子高に勤め始めて3年になる。毎日6時間の授業、放課後には会議、休日は教材の準備… 彼の日常には、心休まる時間が存在しなかった。そんなある日、内心気に入っている受け持ちのクラスの生徒・佐藤奈美が彼に近づいてくる。遅くなったその日、彼女は家が近いからといって山口の車に便乗していく。しかし住所を調べてみて、彼女の家がまるで反対方向であることがわかる。その後、彼女は家にまで押しかけてくる。山口は、彼女を教師としての良心からはねつけるが、その誘惑との葛藤は続いていた。あくる日、さえない年上の同僚に言い寄られた山口は、女の欲望にいいようのない嫌悪感を抱えたまま帰宅する。そんな時雨のなか、玄関の前には佐藤奈美が待っていた…。子どもの頃のピュアな心を失ったと自覚する瞬間…。そんな思春期特有の喪失感を、少女たちが性を通じて露わにするときの気分を、独特の感性で描き出す。

巻一覧

  • 1巻
    センチメントの季節(1)

    センチメントの季節(1)

    214ページ

    高校教師・山口は、私立の女子高に勤め始めて3年になる。毎日6時間の授業、放課後には会議、休日は教材の準備… 彼の日常には、心休まる時間が存在しなかった。そんなある日、内心気に入っている受け持ちのクラスの生徒・佐藤奈美が彼に近づいてくる。遅くなったその日、彼女は家が近いからといって山口の車に便乗していく。しかし住所を調べてみて、彼女の家がまるで反対方向であることがわかる。その後、彼女は家にまで押しかけてくる。山口は、彼女を教師としての良心からはねつけるが、その誘惑との葛藤は続いていた。あくる日、さえない年上の同僚に言い寄られた山口は、女の欲望にいいようのない嫌悪感を抱えたまま帰宅する。そんな時雨のなか、玄関の前には佐藤奈美が待っていた…。子どもの頃のピュアな心を失ったと自覚する瞬間…。そんな思春期特有の喪失感を、少女たちが性を通じて露わにするときの気分を、独特の感性で描き出す。

  • 2巻
    センチメントの季節(2)

    センチメントの季節(2)

    214ページ

    高校2年生のマナは、売春(ウリ)をしている。売春した相手には名前を聞かれても、ウソをついているマナにも、自分の名前を呼んで抱いてほしい相手がいた。それは、アルバイト先の店長だった。マナはある日、店長への気持ちを抑えきれず、一度だけでいいから抱いてほしいと頼む。しかし、店長は自分を大切にしなさいと言うだけだった。店長との一件があった後も、マナは売春をしていた。売春の相手と待ち合わせをしていると、そこに店長が現れた。マズイと思ったマナであるが…。

  • 3巻
    センチメントの季節(3)

    センチメントの季節(3)

    214ページ

    水上は、プールで泳いでいると必ず、カメに追いかけられている妄想にかられる。そんな彼女は水泳部に在籍していて、いつも幻のカメから逃げるように泳ぐ。そのためか、最近彼女のタイムは伸びていて、インターハイも狙えると声をかけられる。そしてコーチと二人で居残り練習をすることになった水上は、カメに追われているような気がして、つい、コーチに抱きついてしまう。そして次の日、泳いでいるともう幻のカメは姿を現さなくなっていた。

  • 4巻
    センチメントの季節(4)

    センチメントの季節(4)

    214ページ

    ある日、姉のミノリが成人式で着る晴れ着が届いているのを見た妹のマコトは、姉に黙って勝手に着てしまう。これを知ったミノリは怒りマコトとケンカになる。その姉妹ケンカを止めようとする母親から「マコトの時もこれを着せるんだから」という言葉を聞いたマコトは、何ともやるせない気持ちでいっぱいになる。というのも、今回の成人式の晴れ着だけでなく、七五三のときも、小学校の卒業式のドレスもミノリのおさがりだったからだ。そればかりかミノリには似合ってもマコトには似合わないものばかりだったのだ。そんなある日、マコトは偶然会ったミノリの恋人、北沢から「ミノリからの借りっぱなしの本があるから、ウチに寄ってかないか」と言われる。北沢の家に行ったマコトは、突然北沢に抱きついてしまう……。

  • 5巻
    センチメントの季節(5)

    センチメントの季節(5)

    215ページ

    1999年8月、終わらなかった世界の中でサヨコは16歳の誕生日を迎えた。彼女はある暑い日に薄着で街にでかけるが、男たちの視線が急に気になり始める。友人も捕まらず、そろそろ帰ろうかと思い始めたころ、クラスメートの黒木と偶然出会う。サヨコは彼とゲームセンターに遊びに行くが、彼らはなぜかお互いを意識してしまう。そのあと二人は静かな公園にはいっていき……。

  • 6巻
    センチメントの季節(6)

    センチメントの季節(6)

    214ページ

    妻と高校生の息子と暮らす平凡な会社員・根津は、いつもと同じようにラッシュでごったがえす通勤電車を待っていた。その時、前に並んでいた女子高生が自殺を図る。自殺を止めたものの、その女子高生がいつまた自殺をするか気になった根津は、彼女を追いかける。そして、行きついた先はラブホテル……。成り行きとはいえ、親子ほども年齢の離れた二人は、関係を持ってしまう。一方、根津の息子の裕貴は、同級生・水野晶の露な肢体を盗み見て、性に目覚めていた。

  • 7巻
    センチメントの季節(7)

    センチメントの季節(7)

    214ページ

    伊藤は文芸部に入っている大学生。短歌にほとばしる才能があり、部の仲間たちは彼の作品を高く評価している。だが、その短歌は、実は彼が高校時代に書いたもので、今では全く書けなくなっていた。そんな伊藤のアパートに、ある日突然、見知らぬ一人の女子高生がやってくる…。

  • 8巻
    センチメントの季節(8)

    センチメントの季節(8)

    214ページ

    家庭環境も、成績も普通。カオも体格もありきたりで趣味も特にない…何となく、生きている実感が薄い生活を送っていた高校生、ノボル。だがある年の正月、父からもらったパソコンでネットにはまり込んだことで生活が激変する!! 「やすらぎの館」というホームページの掲示板の常連になったノボルは、そこで“R”という人物と知り合う。掲示板での会話が進み、いつしか“R”の個人的なホームページを訪れるノボル。そこには、ノボルが求めていた“リアル”な会話があった…。

「センチメントの季節」のみんなのまんがレポ(レビュー)

20代 女性 会社員/経済・経営・ビジネス関係 (公開日:
【 切ない…読んでて胸に… 】
切ない…読んでて胸にずっしり、じんわり涙出ました。 好きな作風です。良い作品にめぐりあえました。短編でスラスラ読めます。

コミックの読み方簡単STEP!!

1QRコードを読み取る
ステップ1

スマホ、タブレット端末でQRコードを読み取り、まんが王国のサイトにアクセス!

2無料コミックで体験!
ステップ2

無料で読めるコミックも2200作品以上!まずは無料で体験してみよう!

3入会する
ステップ3

月額会員に入会しコミック購入ができるポイントをGET!ボーナスポイントも有★

4コミックを読む
ステップ4

ポイントで好きなコミックを購入しお楽しみ下さい.