\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
おかみさんおかみさん

おかみさん
(c)小学館
著者・作者
一丸(いちまる)
掲載雑誌
ビッグコミックオリジナル
発行元
小学館
ジャンル
青年漫画 スポーツ
キーワード
感動相撲家族日常ほのぼの・癒し
配信
17巻 完結
シリーズ
おかみさんシリーズ
掲載時期
1990年代~
19人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました
  • 相撲部屋
  • ちゃんこ
  • 女将さん

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「おかみさん」のあらすじ | ストーリー

甘い新婚生活も束の間、人気力士だった夫の引退で、新興相撲部屋「春日部屋」の新米おかみとなった山咲はつ子、20歳。朝寝坊はするし、チャンコも上手く作れない。前途多難だけれど、やる気だけは充分なはつ子なのでした…。

巻一覧

  • 1巻
    おかみさん(1)

    おかみさん(1)

    233ページ | 550pt

    甘い新婚生活も束の間、人気力士だった夫の引退で、新興相撲部屋「春日部屋」の新米おかみとなった山咲はつ子、20歳。朝寝坊はするし、チャンコも上手く作れない。前途多難だけれど、やる気だけは充分なはつ子なのでした…。

  • 2巻
    おかみさん(2)

    おかみさん(2)

    228ページ | 550pt

    逆波は、十両昇進を果たした花嵐関の付き人になったが、花嵐の逆波に対する態度はとても厳しい。「相撲は実力の世界。くやしかったら強くなること」と言われ、逆波の猛練習が始まった。桜丸をいじめていた不良たちが「春日部屋」を訪ねてきた。彼らは「相撲取りになるんだ」という夢を追い続ける桜丸を馬鹿にする。そんな彼らにはつ子は…。父が亡くなり家業の酒屋を継ぐことになったため、引退することになった真弓。はつ子が立派な断髪式をあげようと準備している中、真弓は勝手に髪を切ってしまう…。

  • 3巻
    おかみさん(3)

    おかみさん(3)

    227ページ | 550pt

    「春日部屋」に新弟子志願の大竹がやってきた。中学生選手権で全国三位の実績を持ち天狗になっていた彼は、カマボコ(稽古に消極的で羽目板から離れない者のこと)と呼ばれている佐藤と取り組み、コテンパンにやられてしまう。大竹は、「春日部屋」には入らず、もっと大きな部屋に行くと親方に告げる。が、兄弟子たちの真っ直ぐで温かな姿を見て、「ここでお世話になります!」と言うのだった。年末恒例の保育園での餅つき大会の日、成績が振るわなかった高崎山が「相撲をやめる」と言い出してしまう…。

  • 4巻
    おかみさん(4)

    おかみさん(4)

    231ページ | 550pt

    花嵐は夜の街で、かつての恋人、幸子と再会。変な男と一緒にいた彼女が心配で、はつ子に「様子を見てきてくれ」と頼む花嵐。幸子を訪ねたはつ子は、彼女が彼にお金を貸すために夜も働いていることを知る。相手の男に会った花嵐は、「お前も幸子を利用していたんだろ」と言われて激怒、殴り合いを始めてしまう。花嵐の関取としての立場を心配した幸子は、体をはって二人を止めるのだった。幸子とよりを戻したい花嵐は、どうしてよいのかわからない。「男は言葉じゃない、行動だ」と助言をうけた花嵐は…。

  • 5巻
    おかみさん(5)

    おかみさん(5)

    220ページ | 550pt

    「春日部屋」のベテラン床山、床丸さんが突然引退を表明した。孫の薫に跡を継がせるのだという。ところが薫は床山ではなく、行司になりたいのであった。初音が“若手注目株”として、新聞に取り上げられることになった。「新聞に載る程強くなるまでは、帰ってくるな」と勘当同然で家を追い出された初音にとっては、父と母に会える大切なチャンスなのだが…。元旦の日。日頃、忙しさにかまけてはつ子に何もしてやれなかった一雄は、「何か欲しいものはないか」とたずねる。そこではつ子が頼んだものは…。

  • 6巻
    おかみさん(6)

    おかみさん(6)

    206ページ | 550pt

    力士たちが「おかみさんがのほほんとしているから他の部屋になめられるんだ」と話をしているのを聞いてしまったはつ子は、スパルタおかみに変身することを決意するが…。十両だった花嵐がついに入幕。力士仲間は、花嵐の名前入りの浴衣を仕立てることになった。道懽山は、母親にちょっと似ているおでんやの偏屈おばちゃんに仕立てを頼みに行く。「春日部屋」力士たちと後援会の方々との草野球大会が行なわれた。どうにも乗り気じゃない力士たちだったが、気づくと、目の前の病院の窓には大だかりの観客。

  • 7巻
    おかみさん(7)

    おかみさん(7)

    206ページ | 550pt

    はつ子とマネージャーの臼木は“金の卵”の噂を聞き、新弟子のスカウトに行った。そこで二人は、喧嘩好きの乱暴者、谷恵一に出会う。大勢の不良にからまれている谷は、臼木に救われ、その姿を見た谷は行方をくらましてしまう。二日ぶりに姿を現した谷は、「もう馬鹿はやっちょれん」と入門を決めたのだ。サンタクロース=パパだと思っている祐太くん。母子家庭なので、自分にはサンタクロースがこないと思っていた。そんな祐太くんを見た力士たちは、おっきなサンタになって祐太くんの家を訪ねることに。

  • 8巻
    おかみさん(8)

    おかみさん(8)

    206ページ | 550pt

    毎日欠かさず稽古を見に来てくれる清水のおじいちゃんが、今朝はこない。心配した逆波が様子を見に行くと、部屋で倒れていた。そのまま入院することになったのだが、最後まで逆波の相撲を見続けたいと言って、すぐに退院してしまう。実は病に蝕まれていたおじいちゃんは、もう永くはない。何も知らない逆波は、おじいちゃんが見守る中、次々と勝星を挙げていく。逆波はおじいちゃんとともに、十両の全勝優勝を賭けた一番にのぞむ。逆波は見事優勝。それを見届けて、おじいちゃんは息をひきとるのだった。

  • 9巻
    おかみさん(9)

    おかみさん(9)

    206ページ | 550pt

    咸臨丸の元気がない。彼は先場所で大ケガをした後なので、再びケガをすることを恐れ、稽古に打ち込めないのだ。咸臨丸を元気付けようと、親方とはつ子は、彼のおじの店に連れて行く。“場所中ははつ子の超まずいチャンコを残らず食べ、パンツは必ず左から履く”など、ジンクスをやたらとかつぐ花嵐。あれよあれよと勝ち進んだ彼は、なんと11連勝し、春日部屋始まって以来の優勝力士誕生の可能性が出てきた。おかみさんも親方も後援会の人々も、優勝へのプレッシャーでガチガチに。そんな中、花嵐は…。

  • 10巻
    おかみさん(10)

    おかみさん(10)

    208ページ | 550pt

    全国大会を制覇した金の卵、金森が春日部屋の見学にきた。どこの部屋からもひっぱりだこの金森は、倉品部屋に行くことがほぼ確定していた。どこの部屋でもチヤホヤされる金森だが、春日部屋ではまったくおべんちゃらを使われない。倉品部屋入りが決まっていた金森が、突然「春日部屋に入門したい!」といいだした。彼の心を射止めたのは、どうやらはつ子らしいのだが…。関取になった初音は最近元気がない。幕下時代に親しかった仲間たちと、以前のように付き合えなくなったからだ。そんな彼に臼井は…。

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「おかみさん」新刊配信のお知らせが受け取れます。

関連シリーズ作品

「おかみさん」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(5.0) 投稿数1
(公開日:
【 おかみさん 】 ★ ★ ★ ★ ★
特別に相撲が好きとかじゃなくても読むべき作品 絶対の自信をもってオススメ出来ますw

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。