人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従えるさいきょうのしえんしょくわじゅつしであるおれはせかいさいきょうくらんをしたがえる

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える
著者・作者
やもりちゃん(やもりちゃん)じゃき(じゃき)
掲載雑誌
コミックガルド
発行元
オーバーラップ
ジャンル
少年漫画 SF・ファンタジー
キーワード
アクションバトルコミカライズファンタジー
配信
6巻 まで配信
449人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました
  • なろう系

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える」のあらすじ | ストーリー

英雄だった亡き祖父との誓いを果たすべく“最強の探索者<シーカー>”を志す少年ノエル。しかし彼に発現したジョブは【話術士】――戦闘能力は最弱の支援職だった。「俺一人では最強を掴めない」そう悟ったノエルは、不屈の精神と知略を以て“強者”を従え操ることに活路を見出す。周りに集った探索者<シーカー>を容赦なく手駒にする彼の冷酷なやり方は、見知らぬ者からすれば“悪”そのもの。だが、ノエルは躊躇うことはなかった。ただ己の野望のために。”話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー第一幕。

もっと見る

巻一覧

  • 1巻
    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 1

    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 1

    178ページ | 640pt

    英雄だった亡き祖父との誓いを果たすべく“最強の探索者<シーカー>”を志す少年ノエル。しかし彼に発現したジョブは【話術士】――戦闘能力は最弱の支援職だった。「俺一人では最強を掴めない」そう悟ったノエルは、不屈の精神と知略を以て“強者”を従え操ることに活路を見出す。周りに集った探索者<シーカー>を容赦なく手駒にする彼の冷酷なやり方は、見知らぬ者からすれば“悪”そのもの。だが、ノエルは躊躇うことはなかった。ただ己の野望のために。”話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー第一幕。

    もっと見る
  • 2巻
    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 2

    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 2

    160ページ | 620pt

    偉大な祖父の遺志を継ぎ“最強の探索者”を目指す少年ノエルは、支援職【話術士】の能力を駆使し“蒼の天外”の司令塔となる。だが、パーティ資金を仲間が横領していたことが発覚。逃亡を図る裏切り者に対しノエルが実行した計画は冷酷なものであった……。その後、ノエルは新たな仲間を捜すため人材募集を開始。中々めぼしい候補を見つけられずにいたが、謎の少女アルマが彼の前に姿を現す。最強の暗殺者を祖父に持つ少女の目的とは!?“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、波乱の第二幕。

    もっと見る
  • 3巻
    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 3

    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 3

    160ページ | 620pt

    裏切り者と袂を分かったノエルは伝説の暗殺者の孫であるアルマを仲間に加え探索者稼業を再開。最初の依頼は「盗賊団の殲滅」であった。ミンツ村の村長からの依頼に対しノエルの話術スキルで支援を受けたアルマが圧倒的な力で遂行。だが、早々に任務を達成した二人を村で待ち受けていたのは、依頼者の村長の卑劣な罠で……。そして、更なるパーティの強化急ぐノエルは優秀な人材の情報を求めて貧困街へと赴き、コウガと名乗る薄汚れた浮浪者との出会いを果たす。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、邂逅の第三幕。

    もっと見る
  • 4巻
    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 4

    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 4

    162ページ | 620pt

    極東の剣士コウガと出会ったノエルは、彼の気高き強さに惹かれていた。一方のコウガも、ノエルの生き様に触れ、暴力団組織の奴隷の身でありながら、徐々に傾倒しつつあった。だが、ノエルを目の敵にする暴力団組長アルバートの策略により二人は“敵”として対峙。死闘を繰り広げる二人のもとにアルマも駆けつけ、混沌と化す戦闘は決着はつかずに終結する――。やがてアルバートの過去に隠された陰謀を暴いたノエルは、再びコウガとの決闘に臨むのだった。そして、その場に現れた“あの男”の思惑とは…?“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、激闘の第四幕。

    もっと見る
  • 5巻
    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 5

    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 5

    164ページ | 620pt

    フィノッキオが見届け人を務めるノエルと暴力団による決闘が遂に始まる。戦闘能力に欠けるアルバートは代理決闘者にコウガを選出。ノエルとコウガは再び死闘へと身を委ねていく。三回にわたる激闘を乗り越え遂に認め合った二人。最弱職ながら覇道を往かんとするノエルの生き様を目の当たりにしたコウガが下す決断は――。続いて、ノエルはクラン設立に向け行動を開始。悪魔掃討任務も再開し、“最強”へと至る歩みを更に加速させようとするが…?“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、決着の第五幕。

    もっと見る
  • 6巻
    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 6

    最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 6

    164ページ | 620pt

    コウガを仲間に加えたノエルは、クラン創設のため探索者協会を訪れる。しかし、面接官ハロルドが下したのは“却下”の判断であった。世界を滅ぼす大魔王“冥獄十王”の降臨を恐れる協会が求めたのは、真に優秀なクランのみ。ノエルは協会を認めさせるため、次なる計画を実行する。それは、Bランクで最強の“天翼騎士団”と勝負し“蒼の天外”の強さを証明すること。ノエルは天翼騎士団より先に凶悪な悪魔“魔眼の狒狒王”を討伐するべく悪計を張り巡らせていき――。“話術士”の少年が、強者を操り最強へと君臨するバトルファンタジー、策謀の第六幕。

    もっと見る

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(5.0) 評価数1
(公開日:
購入者レポ 【 えっ 】 ★ ★ ★ ★ ★
クソおもろいやん 少年バトル物的な展開は普段は好みじゃないんだけど、ダークな要素が入っていて飽きずに読み進められる 早く続きがみたい

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
無料で読める
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。
}

お得感No.1表記について

「電子コミックサービスに関するアンケート」【調査期間】2022年4月8日~2022年4月14日 【調査対象】まんが王国または主要電子コミックサービスのうちいずれかをメイン且つ有料で利用している20歳~69歳の男女 【サンプル数】1,236サンプル 【調査方法】インターネットリサーチ 【調査委託先】株式会社MARCS 詳細表示▼

本調査における「主要電子コミックサービス」とは、インプレス総合研究所が発行する「電子書籍ビジネス調査報告書2021」に記載の「課金・購入したことのある電子書籍ストアTOP15」のうち、ポイントを利用してコンテンツを購入する5サービスをいいます。
調査は、調査開始時点におけるまんが王国と主要電子コミックサービスの通常料金表(還元率を含む)を並べて表示し、最もお得に感じるサービスを選択いただくという方法で行いました。

閉じる▲