\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
ミル・フルールみるふるーる

ミル・フルール
著者・作者
秋元奈美(あきもとなみ)
掲載雑誌
なかよし
発行元
講談社
ジャンル
少女漫画 恋愛
キーワード
幼馴染・同級生ロマンス純愛人情
配信
3巻 完結
掲載時期
1990年代~
15人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「ミル・フルール」のあらすじ | ストーリー

花の世話が大好きな女の子、千花(ちか)。5年前に「秘密の庭」で出会った男の子からもらった花のタネを、大切に育てている13歳。でも、その「秘密の庭」の持ち主だと名乗る男が突然現れて……!? 相性最悪のその男は、なんと転校生の朝倉響(ひびき)。たった一度しか会ったことがないけれど、千花にとっては憧れの存在だった「秘密の庭」の男の子と、なぜか不思議な共通点が多くて……?

もっと見る

巻一覧

  • 1巻
    ミル・フルール(1)

    ミル・フルール(1)

    193ページ | 420pt

    花の世話が大好きな女の子、千花(ちか)。5年前に「秘密の庭」で出会った男の子からもらった花のタネを、大切に育てている13歳。でも、その「秘密の庭」の持ち主だと名乗る男が突然現れて……!? 相性最悪のその男は、なんと転校生の朝倉響(ひびき)。たった一度しか会ったことがないけれど、千花にとっては憧れの存在だった「秘密の庭」の男の子と、なぜか不思議な共通点が多くて……?

    もっと見る
  • 2巻
    ミル・フルール(2)

    ミル・フルール(2)

    195ページ | 420pt

    大好きな「秘密の庭」がつぶされる!? ──ずっと片思いしていたサッカー少年の修一に告白してふられた千花(ちか)は、落ち込む気持ちを、大好きな花の世話をすることで紛らわそうとする。そんな時、響(ひびき)の父親が「秘密の庭」をつぶすと言い出した! 荒れ果てた庭を守るため、「あたしが庭を生き返らせる!」と、響と共に立ち上がった千花だけど、前途は多難。そこへ、いとこの和志(かずし)も加わって……!?

    もっと見る
  • 3巻
    ミル・フルール(3)

    ミル・フルール(3)

    195ページ | 420pt

    響(ひびき)と二人で「秘密の庭」を守る千花(ちか)は、響の兄・光が、長年憧れ続けた「秘密の庭」の男の子だったと知る。一瞬、胸がときめくものの、光が死んだのは響のせいだと聞かされショックを受ける。しかし、そのことで自分を責め続ける響に、千花は……? 相変わらず会えばケンカの毎日だけど、少しずつ響にひかれ始めている自分に気付いていく、感動の最終巻。表題作番外編と、ほか1編も同時収録!

    もっと見る

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「ミル・フルール」新刊配信のお知らせが受け取れます。

毎日最大50%還元!!

「ミル・フルール」のみんなのまんがレポ(レビュー)

現在まんがレポはありません。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。