漫画・コミック
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見ふらじゃいるびょうりいきしけいいちろうのしょけん

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
(c)講談社
著者・作者
掲載雑誌
月刊アフタヌーン
ジャンル
青年漫画 医療・病院系
配信
8巻 まで配信

■本編はこちらからどうぞ

スマホ・タブレットでQRコードを読み取ってお楽しみ下さい。

「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」のあらすじ | ストーリー

岸京一郎(きし・けいいちろう)、職業・病理医。病理医とは、生検や病理解剖などを行って、病気の原因過程を診断する専門の医師のこと。各診療科の医師は、彼の鑑別をもとに、診断を確定させたり治療の効果をはかる。医師たちの羅針盤となり、人知れず患者を救う岸。医師たちは彼について、口をそろえてこう言う。「ヤツは強烈な変人だが、極めて優秀だ」と――。

「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」のみんなのまんがレポ(レビュー)

20代 男性 パート・アルバイト (公開日:
【 今一番好きな漫画です。 】
専門用語や文字数が多く、人によっては読みづらさを感じる漫画かもしれませんが、普段知ることのない病理医という仕事が興味深くて一気に読み進めてしまいました。 僕は医学とは全く別の専門職を目指して勉強しているのですが、この漫画を通して『目に見えるものだけに縛られず、全ての可能性を考え、100%の答えを出す』という基本理念を改めて身に染みさせられた思いです。何か大事なものを気付かされるような、そんな作品です。 主人公の岸先生や周りの人達による人間ドラマも面白く、これからも続きが楽しみです。
30代 女性 主婦 (公開日:
【 数ある医療モノの中でも別視点で面白い 】
単行本を自宅に揃えています。 医療モノでも病理医が主人公で斬新さがあります。 ドクターXのような痛快な話や、患者の死と向き合うシリアスな話、製薬会社や経営コンサルとの絡みなど色んな話が読めてとても面白いです。 ただ話のリアリティには少々疑問があります。 原作者自身は医師ではなく取材を元に話を作っているそうです。 私は以前製薬会社やSMOにいたので治験のくだりではかなり違和感がありました。 あくまでフィクションなので話を盛っていたり、古いネタを使っているのかもしれないですね。 それを差し引いても十分に面白いですけどね。 絵は表紙カラーと中身で印象がかなり違いますが、綺麗で見やすく誰もが好感を持てる作画だと感じました。 病院を裏で支える病理医や放射線医、臨床検査技師の認知度が上がって欲しいので多くの人に手に取ってもらいたい作品です。
30代 女性 会社員 (公開日:
【 優秀な病理医に出会いたかった 】
病理医が採血や検尿、細胞の診断をしているのは知っていたが、こんなに重要な仕事だったとは。そして、こんなに病理医が少ないのは衝撃でした。 こんな優秀な病理医と出会っていたら、癌で亡くなったあの人も、もっと早く癌を見つけてもらえてたかな。違う病でずっと大きな病院に通院していたのに定期検査なんかあんまりしなくて。 癌が見つかったのは高熱が下がらなくて、2回通院して詳しい検査をゴリ押しで望んでから。 なぜ、月1通院してたのに薬だけで定期検査も何もしなかったのだろう。 最後は愚痴になりましたが、こんな病理医に出会いたいと思う作品でした。性格はさておき。笑

「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」の関連ジャンル・キーワード

青年漫画・コミック 医療・病院系くらし・生活ドラマ化日常人情メディア化

コミックの読み方簡単STEP!!

1QRコードを読み取る
ステップ1

スマホ、タブレット端末でQRコードを読み取り、まんが王国のサイトにアクセス!

2無料コミックで体験!
ステップ2

無料で読めるコミックも2000作品以上!まずは無料で体験してみよう!

3入会する
ステップ3

月額会員に入会しコミック購入ができるポイントをGET!ボーナスポイントも有★

4コミックを読む
ステップ4

ポイントで好きなコミックを購入しお楽しみ下さい.