漫画・コミック
ハレ婚。はれこん

(c)講談社
著者・作者
掲載雑誌
週刊ヤングマガジン
ジャンル
青年漫画 恋愛
配信
11巻 まで配信
無料試し読み

■本編はこちらからどうぞ

スマホ・タブレットでQRコードを読み取ってお楽しみ下さい。

「ハレ婚。」のあらすじ | ストーリー

――この家、壁の向こうにも妻がいる!? 今までのオトコがすべて既婚者(騙されてた)という恋愛運サイアクな主人公・前園小春。ふらっふらで故郷へ帰るが、そこではさらにありえない生活が待っていた!……なんと故郷は、少子化過疎化対策の特区指定で、“一夫多妻(ハレ婚)”がオッケーな町となっていたのだった!!!

「ハレ婚。」のみんなのまんがレポ(レビュー)

50代 女性 自営・自由業 (公開日:
※ネタバレあり レポを見る

嫌うほどイヤな内容ではないですよ。確かにこんな制度がまかり通ったらけしからんけれど、作品のモチーフとしては楽しめます。 でも、他の方が一部おっしゃるように少し引っ張り過ぎ、話を膨らませ過ぎです。 まどかが去る辺りの話は共感出来たので、何とかあそこで終焉に持って行けば良かったのに。まだ作者さん書き足りないところがあるのかな。どんどんテーマが見えなくなって行くのは残念。 絵は綺麗で本当にお上手ですけど、どこかで見たような絵柄なのはもうこのご時世仕方ないのかな。 私は面白かったです。 最初は胡散臭い話と思いましたが、だんだん、じわじわ来ます。不思議な作品です。

20代 女性 会社員 (公開日:

妻1も妻2も家族。 家族みんな幸せが一番。 だからルールを守りましょう。 ヤる順番も守ってね。 そんな一夫多妻制のハーレム結婚、略してハレ婚。 現実、ハレ婚が許せるのは、“結婚は、幸せな家庭を築くことが第一”の人だけだな、と思いながら読んでます。 他の妻たちとのイチャラブ許せなくて離れていっちゃった女の子みたいに、自分だけ見て欲しいって思った瞬間、幸せは遠のいていくし、その環境は地獄でしかない。 反吐がでる関係だけど、自分を一番に見てくれる人を探すんじゃなくて、作中でてくる、シングルマザーとか家族を捜している人たちにとっては悪いことだけじゃないのかもなとは思った。 エロさも際立つけど。 子作りはやっぱどの家庭にもシビアに絡んでくるしな。 個人的には続きがきになる漫画。 あと女の子が可愛い。

20代 女性 会社員 (公開日:
※ネタバレあり レポを見る

初めの数巻は絵が綺麗だから読んでいました。 内容としては小春の天然たらし的なところが嫌でしたが(同じ女性として)、龍を好きと認めて一員になってからの展開はとても読み応えが有ると思いました。普段は両思いになると飽きたなと感じる漫画が多いのですが、この漫画に限っては反対でした。ただのプー太郎夫かと思っていたら、ゆずたちに仕事しろと言われれば、ちゃんと働きはしないけど聞いて行動に移す。そういう意外な所も魅力的だなと思いました。まさにギャップです(笑)相手の事が理解できなくて苦しんだりするのに龍は器用すぎます(笑)それだけ本気で妻たちをみているんだなぁと。小春たちそれぞれに対し、違う愛し方で、かつしっかりと愛情を感じれたりして読んでいて楽しいです。龍は本当は心が弱い人なのかな?でも弱かっ ただハレ婚はしたくないなと思いました(笑)そして、絵が本当に綺麗で何回も見直したくなります。続きが楽しみです!

20代 女性 会社員 (公開日:

エロ漫画とか同人誌とかにありそうな設定。男の人の願望が詰まった漫画ですね。これは確かに女性向けじゃない気がします。 どこが楽しいのか?と聞かれれば「う〜〜ん」となります。他の方が言う通り、絵が綺麗なのが良いですね。2巻までしか読んでませんが、内容が薄いのもちょっと気になります…

30代 女性 主婦 (公開日:

普通の恋愛ものだと結婚がゴールって感じなのですが、これは結婚から始まるお話なので新しい!と思いました。 絵もきれいだし、エロありギャグもありで楽しくてハマりました! 登場人物も、私はみんな好きです! が、話を引き伸ばすためなのか・・・ダラダラ続いてる感じが。。 10巻くらいでまとめてくれれば完璧だったのになー。。

「ハレ婚。」の関連ジャンル・キーワード

青年漫画・コミック 恋愛くらし・生活ラブコメロマンス結婚

コミックの読み方簡単STEP!!

1QRコードを読み取る
ステップ1

スマホ、タブレット端末でQRコードを読み取り、まんが王国のサイトにアクセス!

2無料コミックで体験!
ステップ2

無料で読めるコミックも2000作品以上!まずは無料で体験してみよう!

3入会する
ステップ3

月額会員に入会しコミック購入ができるポイントをGET!ボーナスポイントも有★

4コミックを読む
ステップ4

ポイントで好きなコミックを購入しお楽しみ下さい.