\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

「押川剛(おしかわたけし)」の漫画・コミック一覧

「押川剛」の検索結果
1~2件/全2件

押川剛の作品 みんなのまんがレポ(レビュー)

  • 本当に社会にある、出来事。

    参考になった(3)

    ここ最近(2019年12月)の話題になっていた親が子を殺したというニュース。長男は発達障害で…なんて記事を見て、真っ先にこの漫画のことが頭に浮かびました。
    漫画を読んでいたから、ニュースの受け止め方が違ったように思います。
    面白い…と(取り上げている内容的に)言って良いのかは分かりませんが、見応えがある漫画だと思います。

  • 人のリアル

    参考になった(1)

    押川さんの言葉の一つ一つが核心をついていて、引き込まれます。人が壊れるのがこんなささいなことで、家族の介入がないことがこんな重大事件になるのだと思いました。
    「史上最悪のメリークリスマス」分冊だけでも是非読んでください。いろいろ考えさせられました。

  • 現実です。

    参考になった(3)

    リアルすぎて怖い。目をつぶってしまいたくなる事実がかかれている。どこの誰に相談したらいいのか、何をしたらいいのか、抱えているとわからなくなるリアルが描かれていてすごい。

  • 面白かったです

    参考になった(3)

    心臓が冷えるような内容でした。
    なんで簡単に「死ねばいい」と言えるんでしょうかね〜。
    レポの中にも、家族に則夫みたいなのが居て、
    「長生きして欲しい」なんてとんでもない、家族に迷惑をかけるだけの存在は早く死んで欲しいとの感想がありましたが、読解力が不足のためにこじれる方かと。
    「健康になって長生きして欲しい」
    「則夫の暴力的な面はDVをしていた父親の性質を受け継いたのと暴力を見せられる環境にあった」
    と、いう説明部分が見落とされているかと思います。
    なんも、キ○ガイのまま長生きしろとは誰も言ってなくて、中毒や依存症が改善されて人として本来生きれる姿での長生き→回復を信じれる、という事。
    原因である親が自分がやってきた事を自覚して改善しないと、子供だけを治そうとしても難しい、
    問題行動の当事者だけが変わるのではなく、温床となった家庭のあり方も変えていかないと、本当の解決は難しいです。

  • ありがち、本当に殺された。

    参考になった(3)

    私の統合失調症の家族も
    親子揃って自宅の猫を殺しました。

    私が幼いとき、 猫を拾いまして
    親は猫が大好きなので飼ったのですが

    とても可愛がっていた猫が、
    私の目の前で殺されてしまったのは
    未だに悪夢を見ます。

    泣きじゃくる私を、親は笑いながら
    殺していく様子……
    私は やめてと!と叫びながら親を叩きましたが、猫は殺されてしまいました。

    私の兄弟も、飼い猫を殺すようになりました。
    つい最近………起きました…。悪夢が終わらない

    私自身、片親から
    死ぬような酷い虐待を受けてきましたが
    もう片方の親が、助けてはくれません。

    親は自分のこと、精神状態だけで精一杯で
    必死に生きている。
    めちゃくちゃな中で育ったのですが 
    私は、人や動物を苛めたことがないのです。

    しかし、私は親と同じ様に
    助けられませんでした…

    私は つい最近も
    目の前で殺される猫を助けられませんでした……。

絞り込む
並べ替え

詳細検索

並べ替え