人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

無料キャンペーン実施中!

漫画・コミック
溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~できあいりこんおっとだったどうりょうといまもまいばんせっくすするわけ

溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~
著者・作者
兎山もなか(とやまもなか)夜桜左京(よざくらさきょう)
掲載雑誌
メルト
発行元
小学館
ジャンル
TL漫画 恋愛
キーワード
(TL)オフィス(TL)淫乱(TL)結婚(TL)OL(TL)同僚
配信
12巻 完結
330人がお気に入り登録中
(4.7) 評価数3件

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~」のあらすじ | ストーリー

「別れた夫と同じ職場で働いている。そしてその“別れた夫”とは、今も体の関係が続いている――…」計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

もっと見る

\無料試し読み増量中!/

この作品は会員限定の無料作品です!! 会員登録して無料で読む

巻一覧

  • 1巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(1)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(1)

    27ページ | 100pt

    「別れた夫と同じ職場で働いている。そしてその“別れた夫”とは、今も体の関係が続いている――…」計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る
  • 2巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(2)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(2)

    27ページ | 100pt

    「ははっ…突くたびにキュンキュンしてる。もう、ナカに出していい…?」計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る
  • 3巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(3)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(3)

    27ページ | 100pt

    「会社では澄ましてるくせに、ベッドの上では嘘みたいに乱れる。…なんてことを知ってるのが、ずっと俺だけならいいのにな」この離婚に隠された、蜂谷の思惑とは…?――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る
  • 4巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(4)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(4)

    27ページ | 100pt

    「このまま中出しして、既成事実つくって…でもそれって俺、ズルばっかだなぁ」…だけど本当は、3年前の《あの時》からずっと君だけを――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る
  • 5巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(5)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(5)

    27ページ | 100pt

    「蜂谷君、いままで会社の中でこんなコト、一度も…っ!」本当の想いに気づいてしまった。だからもう、《恋人ごっこ》のままではいられない――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る
  • 6巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(6)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(6)

    27ページ | 100pt

    「由布子、一生のお願い。俺と――…」とうとうやってきた《その時》。頭の奥まで痺れるような情交に、ふたりは…(もうっ、ゴム、外したいっ…!)――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る
  • 7巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(7)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(7)

    27ページ | 100pt

    「思い出さない?この部屋でこうやって、何度も何度も子づくりしたこと…」けじめをつけるため、蜂谷家へと再び足を踏み入れた由布子。緊張と希望が入り混じる中、あの頃の想いを確かめ合って…――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る
  • 8巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(8)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(8)

    27ページ | 100pt

    「噂って、“蜂谷が別れた嫁に未練タラタラだ”とか?……いいよ、ホントのことだし」復縁のことは、会社では内緒。でも、両想いセックスの快感を覚えたカラダは前ほど我慢がきかなくて…――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る
  • 9巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(9)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(9)

    28ページ | 100pt

    「蜂谷君のいいなずけ…ってどういうこと?」胸には確かに嫉妬心が芽生えているのに…どうして私、快感に溺れてしまうの…?「感じる所、いっぺんに犯しちゃダメぇ…っ!!」――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る
  • 10巻
    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(10)

    溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~(10)

    28ページ | 100pt

    「さすが最上階のスイートルーム。特別な夜にピッタリじゃない?」蜂谷君にちゃんと好きって言いたい…もう一歩、自分の力で変わらなきゃ!決心する由布子だったが、いっぽうの蜂谷は…!?――――計画管理部の佐伯由布子(ゆうこ)と、営業部の蜂谷(はちや)は、社内結婚し、2年経たずに離婚した。離婚の理由は社内のだれも知らないまま、ふたりの前でその話題に触れることは、今もタブーとされている。…けれど実は、犬猿の仲だと思われているふたりは、今も逢瀬を繰り返し、ホテルで体を重ねていた。(結婚していた時よりも、今の方が激しく求められるのはどうして…?)――ふたりが離婚した理由、そして離婚してなお愛しあう理由とは?とろけるように甘くて、少し不器用な、オトナ同士の恋物語。

    もっと見る

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「溺愛離婚 ~夫だった同僚と、今も毎晩セックスする理由(わけ)~」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(4.7) 評価数3
(公開日:
購入者レポ 【 かわいい夫婦 】 ★ ★ ★ ★ ★
なんども読み返したくなるマンガです。買ってよかったぁぁぁ!!!
(公開日:
購入者レポ 【 兎山さんの作品が 】 ★ ★ ★ ★ ★
好きで結構読んでるのですが、これもいい…。 まだ途中のままのもあるけどこれは次回で完結らしいので、その点でもよかったです。 欲を言えば完結してから知りたかったけど、知ってすぐ読みにきて、更新分全部読んでるのはこちらなので、何も言えない…(笑)
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 まだなの~? 】 ★ ★ ★ ★ ☆ レポを見る
やっと両思いになれたのに、まだ邪魔が入るのね~。続きが気になります。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
無料で読める
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。