\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。ははをなくしたときぼくはいこつをたべたいとおもった

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
著者・作者
宮川さとし(みやがわさとし)
掲載雑誌
くらげバンチ
発行元
新潮社
ジャンル
青年漫画 ノンジャンル
キーワード
感動くらし・生活エッセイ家族メディア化
配信
1巻 完結
41人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」のあらすじ | ストーリー

「自分の母親だけは、絶対に死なないと思い込んでいた――」最愛の母のがん告知、闘病、葬儀。そして死後も淡々と続いていく日常で作者が発見したこと。現実と真摯に向き合う過程で見えてきた“母の死”の意味とは――。どこか勝手の違う“母親のいない世界の違和感”を新鋭が紡ぎだす自伝エッセイ漫画。

巻一覧

  • 1巻
    母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(1)

    母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(1)

    178ページ | 450pt

    「自分の母親だけは、絶対に死なないと思い込んでいた――」最愛の母のがん告知、闘病、葬儀。そして死後も淡々と続いていく日常で作者が発見したこと。現実と真摯に向き合う過程で見えてきた“母の死”の意味とは――。どこか勝手の違う“母親のいない世界の違和感”を新鋭が紡ぎだす自伝エッセイ漫画。

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」新刊配信のお知らせが受け取れます。

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」のみんなのまんがレポ(レビュー)

(5.0) 投稿数3
50代 女性 パート・アルバイト (公開日:
購入者レポ 【 ありがとう、すごい本です。 】 ★ ★ ★ ★ ★
今さら私が書くまでもなく、たくさんの読者の方が感動、共感された作品です。 あっという間に読了しました。絵がとても愛らしく感じて、まるで自分の身内のように思えます。ですから死が語られていてもすっと胸に入りしみこんできます。 ぜひ、読んでみてください。絶対後悔はしないでしょう。
20代 女性 公務員 (公開日:
【 ずっと一緒にいたいという気持ちから 】 ★ ★ ★ ★ ★
亡くなった人とずっと一緒にいられるような気がして、遺骨を食べたいと思うのはとても自然な感情だと思い、共感しました。人ではありませんが、ずっと兄弟同然に育ってきた愛猫を亡くしたとき、全く同じ感情が起こったので。 カニバリズムとかではなく、愛していた人だから自分の一部として生きてほしい、そんな気持ちが伝わる良作だと思いました。
30代 女性 会社員 (公開日:
【 その気持ち 】 ★ ★ ★ ★ ★
すごくわかるなぁ、私も父親母親の骨食べたいと思った、現に兄は母親の骨の欠片食べた。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

の対象作品です。

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。