\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

漫画・コミック
巨人の星きょじんのほし

巨人の星
(c)講談社
著者・作者
梶原一騎(かじわらいっき)川崎のぼる(かわさきのぼる)
掲載雑誌
週刊少年マガジン
発行元
講談社
ジャンル
少年漫画 スポーツ
キーワード
アニメ化野球家族人情舞台化メディア化
配信
19巻 完結
シリーズ
巨人の星シリーズ
掲載時期
1960年代~
2人がお気に入り登録中

みんなのまんがタグ

それぞれのコミックに対して自由に追加・削除できるキーワードです。タグの変更は利用者全員に反映されますのでご注意ください。
※タグの編集にはログインが必要です。

もっと詳しく
タグ編集

タグを編集する

タグを追加しました
タグを削除しました

タグを編集する

」を削除しますか?

タグの編集

エラーメッセージ
エラーメッセージ(赤文字)

「巨人の星」のあらすじ | ストーリー

「飛雄馬(ひゅうま)よ、でっかい巨人の星となれ!」――父・星一徹(ほし・いってつ)の宿願にこたえ、血みどろの猛訓練に耐え抜く熱血児・星飛雄馬! 漫画史に燦然(さんぜん)と輝く、スポーツ漫画の金字塔!!

巻一覧

  • 1巻
    巨人の星(1)

    巨人の星(1)

    218ページ | 420pt

    「飛雄馬(ひゅうま)よ、でっかい巨人の星となれ!」――父・星一徹(ほし・いってつ)の宿願にこたえ、血みどろの猛訓練に耐え抜く熱血児・星飛雄馬! 漫画史に燦然(さんぜん)と輝く、スポーツ漫画の金字塔!!

  • 2巻
    巨人の星(2)

    巨人の星(2)

    217ページ | 420pt

    これが男の根性だ! 天上遥かに輝く明星――巨人軍目指して、泥にまみれ汗にまみれ、飛雄馬(ひゅうま)の特訓は続く……。その飛雄馬に、厳しい愛の目を注ぐ父・一徹(いってつ)が、胸中深く描く秘策とは? 漫画史に燦然(さんぜん)と輝く、スポーツ漫画の金字塔!

  • 3巻
    巨人の星(3)

    巨人の星(3)

    216ページ | 420pt

    星飛雄馬(ほし・ひゅうま)は、父・一徹の期待をになって青雲高校野球部に入部し、早くも全校の注目を集めた。柔道部の主将・伴宙太(ばん・ちゅうた)は、この飛雄馬に異常な敵愾心(てきがいしん)を燃やし、激しいしごきを浴びせた。だが、何事にも屈せぬ根性に打たれた伴は、飛雄馬との交友を誓い、自らも野球部に入部する。やがて、紅洋高との対校試合で、初登場した飛雄馬と伴のバッテリーは、めざましい活躍を続けたが――?

  • 4巻
    巨人の星(4)

    巨人の星(4)

    237ページ | 420pt

    伴(ばん)PTA会長に求められ、青雲高校野球部の監督になった星一徹は、わが子をはじめ全ナインに数々の教訓を残し、まぼろしのように監督の座を去った。だが、この監督の教えを胸に青雲高チームは、東京都予選でなみいる強敵をなぎたおし、甲子園大会出場の栄誉に輝いた。一方、ライバル花形満(はながた・みつる)のいる紅洋高、かつて飛雄馬に挑戦状をたたきつけた左門豊作(さもん・ほうさく)のいる熊本農林高も、それぞれ甲子園大会に出場することになった。晴れの甲子園で、火の闘魂が激突する――!!

  • 5巻
    巨人の星(5)

    巨人の星(5)

    246ページ | 420pt

    「飛雄馬(ひゅうま)よ、不死鳥のごとく甦り、巨人の星めざしてはばたけい!」――全校の期待をになって甲子園大会にのぞんだ青雲高校野球部は、飛雄馬や伴の活躍で勝ち進み、準決勝で左門豊作擁する熊本農林高を破るも、飛雄馬は左手親指を負傷してしまう。優勝戦の相手は紅洋高。飛雄馬は、指の負傷を隠して苦心の投球を続けるも、宿敵・花形満に決勝ホームランを打たれ、青雲高の全国制覇の夢は潰えてしまう……。

  • 6巻
    巨人の星(6)

    巨人の星(6)

    242ページ | 420pt

    甲子園大会優勝の夢破れた飛雄馬(ひゅうま)。しかし、この金の卵をねらって、巨人以外の各球団のスカウト連が星家を押しかける。だが、目指すは巨人あるのみ、と断るのだった。やがて、巨人軍の新人公募に応じた飛雄馬は、親友の伴や俊足の速水らと共にテストを受け、ついに宿願の巨人軍入団を果たす! いよいよ、飛雄馬のプロ生活が始まった……。 しかし、そこに待っていたものは、プロ球界の仮借(かしゃく)なき試練の毎日だった――!

  • 7巻
    巨人の星(7)

    巨人の星(7)

    206ページ | 420pt

    星飛雄馬(ほし・ひゅうま)は、数々の試練を乗り越え、宿願の巨人軍入団を果たした。その根性に惚れ込んだ川上監督は、栄光の背番号16を贈った。やがて二軍の合宿入りした飛雄馬は、非情なまでのプロの厳しさを知らされる。だが、持ち前の闘志で耐え抜き、東映二軍とのオープン戦で初登板、見事完封勝利を飾った。しかし、快調の前進を続ける飛雄馬の前途に、思いもかけぬ暗雲が……!?

  • 8巻
    巨人の星(8)

    巨人の星(8)

    229ページ | 420pt

    東映の藤村コーチの不吉な予言を耳にした飛雄馬(ひゅうま)は、その謎を解くため、新年早々雪山にこもり、自主トレーニングに励む。そこへかけつけた伴(ばん)の指摘で、体重不足による救いがたい欠点を知らされた。しかし、飛雄馬は、このショックにもめげず、自分の欠点を補う秘策をさぐりながら間近にせまったペナントレースに闘志を燃やした。やがて飛雄馬は台湾キャンプで順調な仕上がりを見せるが、なぜか川上監督は、その前途に不安を抱くのだった……。

  • 9巻
    巨人の星(9)

    巨人の星(9)

    211ページ | 420pt

    憧れの巨人軍入りを果たした星飛雄馬(ほし・ひゅうま)は大洋戦で公式戦初登板の機会を得た。対する打者は宿敵・左門豊作(さもん・ほうさく)。飛雄馬は、川上監督の指示に叛(そむ)いて好球を投げ、ホームランを打たれてしまう。この敗戦のため二軍落ちした飛雄馬は、禅寺で座禅を組んでいるうち、自分の軽い球質を補うヒントをつかみ、僚友・伴(ばん)と共に特訓に励むのだった。その頃公式戦では、ルーキー・速水、花形などが華やかな脚光を浴びていたが、飛雄馬はついに“大リーグボール”なる秘球を生み出していた……!

  • 10巻
    巨人の星(10)

    巨人の星(10)

    229ページ | 420pt

    「うふふふっ。また負けたぜ、とうちゃん。だが、負けてたたかれて、成長していくんだ。おれも、大リーグボールも!」――死の特訓の末に生み出した魔球で王貞治と勝負し、見事、凡打にしとめた飛雄馬。やがてオールスター戦――阪神の新人・花形満(はながた・みつる)は、セ・リーグの一員として選抜されたが、試合に使ったバットに血がにじんでいるのをバットボーイに発見される。花形は、飛雄馬の魔球に挑戦するため、血みどろの秘密訓練に励んでいたのだ……。

新刊通知を受け取る

会員登録をすると「巨人の星」新刊配信のお知らせが受け取れます。

関連シリーズ作品

「巨人の星」のみんなのまんがレポ(レビュー)

現在まんがレポはありません。

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
半額クーポン 欲しい漫画が初回半額!
50%OFF
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

読み方を選択する

使用するクーポンを選択してください

生年月日を入力してください ※必須

存在しない日が設定されています

未成年のお客様による会員登録、まんがポイント購入の際は、都度親権者の同意が必要です。
一度登録した生年月日は変更できませんので、お間違いの無いようご登録をお願いします。
一部作品の購読は年齢制限が設けられております。
※生年月日の入力がうまくできない方は こちらからご登録ください。

Now Loading…

サーバーとの通信に失敗しました

ページを再読み込みするか、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

購入できません

本コンテンツは年齢制限が設けられております。未成年の方は購入・閲覧できません。ご了承ください。

ご確認ください

本作品は性的・暴力的な内容が含まれている可能性がございます。同意の上、購入手続きにお進みください。