\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

「くらもとえいる(くらもとえいる)」の漫画・コミック一覧

「くらもとえいる」の検索結果
1~4件/全4件

  • 青年漫画医療・病院系

    まんがで簡単にわかる!テレビが報じない精神科のこわい話~新・精神科は今日も、やりたい放題~

    内海聡くらもとえいる

    無料で試し読み
    1300pt まんがレポ:21 お気に入り:482

    ベストセラー「精神科は今日も、やりたい放題」がデータも一新して初のコミック化!TVや大手メディアが絶対に報道できない精神医療と利権の関係をすべて描き下ろしまんがで描いた作品です。「まんがで簡単にわかる!」の通り、日本ではほとんど報道されない「睡眠キャンペーン」で自殺者が増加したエピソードや海外の薬害訴訟、薬のデータ改ざんなどを事実に基づいてわかりやすくまんが化しています。また、近年増え続けている子どもの発達障害診断の嘘や子どもの精神薬服用の重大な害についても描いています。全10話構成で、各話ごとに内海先生による丁寧な解説が入ります。データやエピソードはすべて本書用の書き下ろしです。精神科や心療内科の実態についての医学界内部からの重大な告発。現在精神科や心療内科に通院している方や心の問題を抱えたすべての人にぜひ読んでいただきたい1冊です。 

  • 青年漫画医療・病院系

    まんがで簡単にわかる!テレビが報じない精神科のこわい話~新・精神科は今日も、やりたい放題~ 分冊版

    内海聡くらもとえいる

    無料で試し読み
    200pt まんがレポ:0 お気に入り:35

    ベストセラー「精神科は今日も、やりたい放題」がデータも一新して初のコミック化!TVや大手メディアが絶対に報道できない精神医療と利権の関係をすべて描き下ろしまんがで描いた作品です。「まんがで簡単にわかる!」の通り、日本ではほとんど報道されない「睡眠キャンペーン」で自殺者が増加したエピソードや海外の薬害訴訟、薬のデータ改ざんなどを事実に基づいてわかりやすくまんが化しています。また、近年増え続けている子どもの発達障害診断の嘘や子どもの精神薬服用の重大な害についても描いています。全11話構

  • 青年漫画医療・病院系

    まんがで簡単にわかる!日本人だけが知らない汚染食品~医者が教える食卓のこわい真実~

    内海聡くらもとえいる

    無料で試し読み
    1300pt まんがレポ:0 お気に入り:4

    日本人の2人に一人ががんに罹る時代、その他にもアトピー皮膚炎などを筆頭にアレルギー、糖尿病など生活習慣病が激増しています。他にもほんの数十年前には見られなかった子どもの発達障害や自閉症も毎年増えているのが日本の現状です。これが日常の食事のせいだとしたら 例えば20年前と比べて、一般の日本人はさして食生活は変わっていないと感じています。しかし知らないうちに日本の食品は20年前とは別のものになっているのです。例えば、遺伝子組み換え食品。大半の人は「遺伝子組み換えでない」食品を選んでいることと思います。しかし実はすでに世界でも有数の遺伝子組み換え食品の消費国なのが日本です。なぜなら、表示義務のない食品には大量に含まれているから。また、食肉、魚の質も実は変わっているのです。工業的に生産された輸入食肉、輸入養殖魚は、効率よく生産するために、飼料に加えて昔は使っていなかった成長ホルモンや抗生剤などを大量に投入しています。また、飼料そのものも現在は、国産も含めて大半が遺伝子組み換え穀物なのです。海外ではその危険性が広く知られている、それらの食品が日本では当たり前のように流通しているのが現実です。いまや、先進国の中でがん患者が増え続けているのは日本だけ。そのような情報すら入ってこないのが日本の現状なのです。本書は、海外では危険とされている食品や、日本人が知らないうちに摂取している遺伝子組み換え食品が一体何に含まれているのかなど、日本人だけが知らない危険な食品の実態を報告する1冊です。

  • 青年漫画医療・病院系

    まんがで簡単にわかる!日本人だけが知らない汚染食品~医者が教える食卓のこわい真実~ 分冊版

    内海聡くらもとえいる

    無料で試し読み
    200pt まんがレポ:0 お気に入り:1

    日本人の2人に一人ががんに罹る時代、その他にもアトピー皮膚炎などを筆頭にアレルギー、糖尿病など生活習慣病が激増しています。他にもほんの数十年前には見られなかった子どもの発達障害や自閉症も毎年増えているのが日本の現状です。これが日常の食事のせいだとしたら 例えば20年前と比べて、一般の日本人はさして食生活は変わっていないと感じています。しかし知らないうちに日本の食品は20年前とは別のものになっているのです。例えば、遺伝子組み換え食品。大半の人は「遺伝子組み換えでない」食品を選んでいることと思います。しかし実はすでに世界でも有数の遺伝子組み換え食品の消費国なのが日本です。なぜなら、表示義務のない食品には大量に含まれているから。また、食肉、魚の質も実は変わっているのです。工業的に生産された輸入食肉、輸入養殖魚は、効率よく生産するために、飼料に加えて昔は使っていなかった成長ホルモンや抗生剤などを大量に投入しています。また、飼料そのものも現在は、国産も含めて大半が遺伝子組み換え穀物なのです。海外ではその危険性が広く知られている、それらの食品が日本では当たり前のように流通しているのが現実です。いまや、先進国の中でがん患者が増え続けているのは日本だけ。そのような情報すら入ってこないのが日本の現状なのです。本書は、海外では危険とされている食品や、日本人が知らないうちに摂取している遺伝子組み換え食品が一体何に含まれているのかなど、日本人だけが知らない危険な食品の実態を報告する1冊です。

作家名:
くらもとえいる
ふりがな:
くらもとえいる
掲載作品数:
4作 (うち、完結作品4作
掲載紙:
くらもとえいるの作品をお気に入り登録している人:
522人
最もお気に入り人数の多い作品:
まんがで簡単にわかる!テレビが報じない精神科のこわい話~新・精神科は今日も、やりたい放題~』(482人
くらもとえいるの作品のまんがレポ:
21件
最もまんがレポの多い作品:
まんがで簡単にわかる!テレビが報じない精神科のこわい話~新・精神科は今日も、やりたい放題~』(21件

くらもとえいるの作品 みんなのまんがレポ(レビュー)

  • 参考になった(6)

    知るきっかけになる本です。高いですが、
    現在精神科通院15年で減薬を考えたり離脱症状が出たりして色々考えてました。何も知らずにつらい苦しい楽になりたいと薬を飲み始め、気がつけば種類は増えて、どうにもならないと思い込んでしまっていました。自分が飲んでいる薬の依存性が高い事には驚きと今すぐに辞めたくなりました。

  • 参考になった(8)

    私自身が精神科でえらいめにあいました。1日何錠薬を飲んでるか数えてみて、×365日?と計算した時にこれはおかしいと思いましたよ。効かないと言えば増やす。どんどん増えて行くだけの薬。患者なんて金としか考えてないんだろうなあと。1年半飲み続け、通い続けてまずいと思い薬止めました。抜けるのに3年かかりました。極端とか言ってる人は、そんな目にあってないか、未だ投薬中なのでしょうね。このマンガは精神科の酷さを教えてくれ、読むことで被害者が少しでも減ればよいと思います。

  • 参考になった(7)

    私の兄が心療内科に通い始めてから、別人に変わりました。
    病院をいくつも変えて、ようやく改善してきた友人も居ます。
    兄は心療内科に行くのを辞め、かなり症状が改善されました。
    この漫画のように、酷い先生が沢山居るのは事実です。
    本当にいい先生に出会えるのは難しく、この漫画はこれから心療内科や精神科に通う人に、こういう現実もあると勉強になるとおもいます。

  • 参考になった(10)

    本を「とりあえず」でタイトル・あらすじ しか見ない人の事を考えていない。
    精神医学やなんや以上に世間を混乱させる本。
    そういう一面もあるが基本的にそうなるには何かの要因がある。
    「自分で物事を考えられない」など
    例としてあった「隔離室はすばらしい」の部分でナースコールしても来ない、すぐ拘束。とのことですが
    某妊娠後の精神病について書いたものでも、暴れたら拘束です。そりゃあそうでしょう。
    本人が治る可能性は0に等しいですが、精神疾患や被害者を生み出す可能性は100に等しいと私は考えます。
    暴れるレベルなのですから。

    悪化させてくる、との事ですが精神疾患なんて「難病」指定でもおかしくないと思います。
    罹患要因はいくつもありますし、診断が難しい。
    「精神科(?)悪化した!精神医学ゴミ!」とかガチでやめてほしいですね。

    結論:タイトルとあらすじと1話冒頭問題あり

  • 参考になった(10)

    結局は自分という部分はあると思います。
    自分でもうつ状態を経験し、仲間が居ても傷の舐め合いになるし、支えると言った人も簡単に逃げました。先天的な障がいなら仕方ない部分はあるんだと思います。うつなどは自分で心の底を見て、何故こうなったか原因を赤裸々に思い浮かべ、解消していけるのは自分しかいないのです。
    仲間のひとりが「薬が助けてくれる」と病院を転々としていました。付き合いは疎遠になりましたが、この作品はそういう人に向けられたものだと思います。
    ただこれは精神科に限ったことでは無いように思う。
    調剤薬局で働いたことがありますが、こんなに薬を飲むのか!?という高齢の方がたまにいらっしゃいました。
    高齢の方は寂しくて欲しくもないのに物を大量に購入したり、コールセンターで延々とお話されたりします。病院巡りもその一環だと感じます。
    薬漬けで更に眠れないと眠剤。それって薬の副作用じゃないの...?と。

絞り込む
並べ替え

詳細検索

並べ替え