\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

特集 処女が目覚める性長過程-一線 超えちゃう?-

特集 処女が目覚める性長過程-一線 超えちゃう?-
トロトロに濡れたアソコを押し広げ
ハジメテの肉棒が奥まで到達する…

アソコを責めると全身ビクビク!あれ?イっちゃった?

ロッカー開けたら即挿入!~俺をイカせるのがあの娘のおシゴト~(フルカラー)
ロッカー開けたら即挿入!~俺をイカせるのがあの娘のおシゴト~(フルカラー)

ロッカー開けたら即挿入!~俺をイカせるのがあの娘のおシゴト~(フルカラー)

エリート養成学校に通う立花。この学校には特別な制度…バディ制度を導入していて、ロッカーに待機するパートナーの女の子を呼びだすと心も体もいやしてもらえるのだ!童貞の立花はパートナーに手を出せずにいたが、おっぱいを触らせてもらうと、その柔らかさに興奮!アソコをいじるとすでに濡れていて見た目もいやらしい!!ペロペロ舐めると響く喘ぎ声!イった姿はエロすぎてついにその秘所へと突き進んでいき…!

VRなのに…気持ちいいよぉ…

エロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆
エロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆

エロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆

深夜、俺が帰宅すると、同居している従姉妹がVRゴーグルを装着してオナニーをしているではないか!これは体験型のアダルトVR!?しかも、目の前に俺がいるのも気付いていない!夢中でアソコを弄くり回す従姉妹のパンツは、エッチなお汁でグッショリ濡れている…。これはもしかして…と、こっそり乳首をつまんでもアソコを弄っても、仮想現実とシンクロして、全然バレない!「気付いてないんなら挿れてもいいよね…?」

男の人のって…こんなに…凄いんだ…

おさカノ~出会ったその日に奥まで熱いの注がれてるぅ…~
おさカノ~出会ったその日に奥まで熱いの注がれてるぅ…~

おさカノ~出会ったその日に奥まで熱いの注がれてるぅ…~

痴漢から助けた女性は、なんと幼馴染だった。8年ぶりの再会を喜ぶと、当時の記憶が蘇り、いい雰囲気に…!そのまま彼女の家に上がり込み、出会ったその日に即日エッチ!小ぶりなオッパイを揉みしだきながら、彼女のパンツに指を挿れてくちゅくちゅさせると、アソコはしっとりと濡れてきた…。恥ずかしさで紅潮した彼女の顔を見ながら、舌で丁寧に愛撫すると、受け入れ準備はもう万端!硬いアレをアソコに押し当て、未開通のナカへと挿入するも、しかし、それを双眼鏡で覗き見る黒い影があった…。

白濁まみれのセクササイズに効果はあるのか!?

挿入ってるけど…セックスじゃないから!~巨乳JD生ハメダイエット
挿入ってるけど…セックスじゃないから!~巨乳JD生ハメダイエット

挿入ってるけど…セックスじゃないから!~巨乳JD生ハメダイエット

巨乳巨尻の女子大生・雪菜は、ある日幼なじみの颯太の一言に衝撃を受ける。「お前…そんなに肉あったっけ?」このままではマズイとダイエットを思い立った雪菜は、颯太に手伝ってもらうことに。まずは腹筋を始める雪菜だが…爆乳すぎるおっぱいのせいでタンクトップが弾け飛び、ピンク色の乳首が晒されて…!気を取り直して背筋をすれば、スパッツがお尻に食い込みマ●コのスジも浮かび上がって、颯太のガマンももう限界!

感じることにあらがえない…!

壁にハマって動けない!?~もちろん、そのままハメちゃいました!~(フルカラー)
壁にハマって動けない!?~もちろん、そのままハメちゃいました!~(フルカラー)

壁にハマって動けない!?~もちろん、そのままハメちゃいました!~(フルカラー)

名門校に通う紗倉ほのか。清楚な立ち振る舞いから学園のアイドルとして憧れられる彼女だったが、誰にも言えない秘密があって…放課後、人が来ない山中の小屋でオ○ニーしまくっていたのだ!いつものようにオ○っていると、小屋に近づいてくる人が!?慌てて逃げようとするも扉はひとつ。しかし、そこで見つけた壁の穴…――ほのかのクラスメートのノブヲが小屋に入ると、美尻が壁にハマっていた。動けないアソコにすることはひとつ!

私の中におち○ちん入ってる…!

エッチなお姉さんとの暮らし方~家族にナイショで密着セックス~
エッチなお姉さんとの暮らし方~家族にナイショで密着セックス~

エッチなお姉さんとの暮らし方~家族にナイショで密着セックス~

同居しているお姉さんは、夜になるとボクのベッドにもぐり込んで密着してきたり、昼も夜も振り回されっぱなし。そんなある日、ボクのなにげない一言でお姉さんを怒らせてしまった。ボクをイスに座らせると、リボンで腕を縛って身動きをとれなくされてしまう。そうして、動けないボクのアソコを咥えてくるのだった…。それ以来、顔を合わせなくなってしまったボクたち。なんだか落ち着かない日々を過ごしていたが――夜にノックの音が。