\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載誌

艶やかな花に酔う 夜の花街特集

艶やかな花に酔う 夜の花街特集
華やかな花街で紡がれる
仄暗くも鮮やかな物語

おまえの願いを叶えてやろうか

花街鬼
花街鬼

花街鬼

欲と悲しみが蠢く街──花の大江戸、吉原遊郭その街の片隅にどんな願いも叶えてくれる不思議な楼主がひとり。さあ、おまえのその願い──叶えてやろうか?ただし……それが幸か不幸かはオレには預かり知らぬこと……

男花魁は神をも虜にする

花街ヒイロヲ
花街ヒイロヲ

花街ヒイロヲ

江戸・吉原の斑屋にいるは、世にも珍しき男花魁の黒羽と白金。毎夜、嘘と真実に塗れた春を売りつつも、妖しき別の顔を持っていた。それは狐の力を身に纏い、人の心の隙に植えつけられ咲く花傀儡と戦うことーー。二人の力の秘密、吉原に奉られる稲荷神社、そして黒羽と白金の過去、艶やかな物語がはじまるーー。

おまえは罰かぶりなのだから

罰かぶり~丸山遊郭哀史~
罰かぶり~丸山遊郭哀史~

罰かぶり~丸山遊郭哀史~

長崎、丸山遊郭。そこは日本で唯一、異国の客を相手にする女郎屋が軒を連ねていた。丸山遊郭の名店<銀波楼(ぎんぱろう)>で生まれ育ち、下働きをする阿蘭(おらん)は幼いころから頭に鉢をかぶせられ、顔を隠すことを強いられていた。それは、阿蘭の顔を見た者に災厄が訪れるためだというが……。

花街のお腹の空く舞台裏

舞妓さんちのまかないさん
舞妓さんちのまかないさん

舞妓さんちのまかないさん

ここは京都のど真ん中にある花街。舞妓さんたちが深夜、お仕事を終えたあと帰ってきて、共同生活を送っているのは、「屋形」と呼ばれるおうちです。とある屋形で「まかないさん」として舞妓さんたちに毎日の食事を作っているのは、なんと弱冠16歳の少女・キヨ。 彼女がまかないさんになったのには、ある意外な理由があって――。

愉快で艶やかで 哀しくいとおしい

ひらひら 吉原花魁恋草紙
ひらひら 吉原花魁恋草紙

ひらひら 吉原花魁恋草紙

美しく勝ち気な太夫・朱音(あかね)には、意のままにならぬ恋などないはずだった……。【宿世(すくせ)の糸】里に残した幼い妹。書き送るのは優しい嘘。祈るのはただ、その子の幸せ……。【夢鏡】引込新造の翡翠は夢に見る。いつの日も、楼主(あなた)のそばにいることを……。【翡翠の鳥】この夏もまた華やかに、玉菊灯籠が飾られる。やりきれない胸の内など構いもせずに……。【花灯籠】

この特集を友達に共有する