\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

当主様の愛が重すぎる特集

当主様の愛が重すぎる特集
優しく激しく甘い 秘密の寵愛
誰にもいえない、身分違いの蜜月

両片想い身分差夫婦の愛おしすぎる忍びぐらし

【ラブコフレ】忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?-
【ラブコフレ】忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?-

【ラブコフレ】忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?-

明るくよく食べ力持ち…くらいしか取り柄のない落ちこぼれ下忍のあやめは、幼い頃自分を助けてくれた里一番の優秀な忍びである正真が好き。憧れ、見ているだけで幸せだと思っていたが、ある日彼が嫁を取るらしいと耳にしてしまう。想いを振り切るように、忍びとしての訓練――枕指南を受ける決意をするが、いざそのあやめの前に現れたのは、正真自身で…!? 「俺が相手だ」と触れる指に、あやめはただ翻弄され――。※この作品は「ラブコフレvol.19 jewelry」に収録されています。重複購入にご注意ください。

傷ついても、貫きたい思い

身代わり恋愛 ~それでも愛していいですか?~
身代わり恋愛 ~それでも愛していいですか?~

身代わり恋愛 ~それでも愛していいですか?~

誰かの代わりでもいい この想いは消せない―― 『今は遠き楽園 [後編]』(本崎月子)放蕩の限りを尽くす、若く美しい当主に心奪われたメイド。当主様は今日も誰かの影を重ねながら私を抱く…。 『片恋デイズ』(龍本みお)大学でひと目惚れした、キラキラした笑顔の彼女。恋人への不満を聞くうちに距離を縮め、やっとオレのものになってくれたはずが…!? 『蝶の墓』(めぐみけい)“愛し愛されて幸せな関係”。そう信じていたのに彼は私の中に決して結ばれてはならない女性の面影を見いだしていた…。 『背徳の聖女』(田中琳)美貌の隣人・宇佐美に一目惚れした亜理栖。しかし宇佐美には家に通っている女性がいた。それでも好きだという気持ちは諦められなくて…。 『イジワル御曹司と恋の罠』(團藤さや)養護院で育った私にハウスキーパーの仕事を紹介してくれた貿易会社の御曹司の巴さん。ある日屋敷の中で私に似た少女の絵を見つけてしまい――。 カバーイラスト:ひなた巴 ※本アンソロジー収録作品の中には、他コンテンツと重複している作品もございます。

秘密をばらされたくなければ私に身を委ねなさい

秘恋 皇子が愛した男装花嫁
秘恋 皇子が愛した男装花嫁

秘恋 皇子が愛した男装花嫁

身分違いの初恋はカラダから!?中華ファンタジーロマンスの開幕―――!! 弟の身代わりとして、州都で講師をすることになった翠伶は美しき官吏・颯瑛と出会う。彼の不思議な魅力に惹かれていた矢先、女であることがばれてしまって……!? 『秘恋 皇子が愛した男装花嫁』収録(単話売との重複購入にご注意ください)

君を抱きしめるために、王子として生まれてきたのかもしれない

危険なロイヤルマリッジ 溺愛王子に奪われて(分冊版)
危険なロイヤルマリッジ 溺愛王子に奪われて(分冊版)

危険なロイヤルマリッジ 溺愛王子に奪われて(分冊版)

「君を抱きしめるために、王子として生まれてきたのかもしれない」辺境の民・ユズ族の娘であるマリナは、ある日傷ついた騎士を見つけて介抱する。生死の境をさまよい、熱に朦朧として体を弄ぶ彼の手つきに、うぶなマリナはとろとろに溶かされてしまい…!? 身勝手に私を抱いていなくなってしまった「一夜の人」の正体は王子様!? しかも私と結婚するって!? 超身分差ロイヤルLOVE! ※この作品は「禁断Loversロマンチカ Vol.30」に収録されております。重複購入にご注意下さい。

私の秘密を知るのはただ一人、この国のプリンスだけ

いじわる王子と男装教師
いじわる王子と男装教師

いじわる王子と男装教師

女人禁制の名門王立学校で王子(生徒)に密かに寵愛されて――!? 父のため、男のふりをして王立学校の教師になったユリノア。生徒である、聡明な王子テオドールに慕われるけれど、ある夜、湯殿で、彼に女であることがばれてしまう!甘い愛撫とともに唇を奪われ、優しく激しく、秘密の寵愛をうけながら、しだいにユリノアはテオドールに惹かれはじめる。誰にもいえない、身分違いの関係のゆくえは…?

君が好きで好きでたまらない

旦那様の甘い罠~狂愛~
旦那様の甘い罠~狂愛~

旦那様の甘い罠~狂愛~

「君が僕と同じ年になったときは…僕の全部をあげる」あの約束から10年、ずっと憧れていた茶道の家元、柳楽凪と結婚した一花。幼い頃からの長い片想いが実り、幸せいっぱい☆だけど、優しすぎる彼に寂しさも感じていて…そんなとき凪の元彼女に出会い、自分よりも彼を知っていることに不安な気持ちが募り――!?