人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

1122」のまんがレポ(レビュー)131件

(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 最後が泣けました 】 ★ ★ ★ ★ ★ レポを見る
いい意味で淡々と読めてしまう。 最終巻を読むまで、この二人は結局何がしたいの?ってちょっと思ってましたが ラスト泣けました。ああーそうゆうことねって。 婚姻届を提出したら世間的には夫婦だけど 子供が居なければ、急に恋人から夫婦になれる訳でもないし、じゃぁいい夫婦の定義って何だろう。 多様化する社会で、それぞれが2人の夫婦のあり方について悩んで、もがいてる姿を描いてる作品でした。 個人的には、奥さんと母親が上手くいかない感じとか、それをフォローする旦那さんの優しいところとか、自分と凄く重なって涙が出ました。愛の形って年々変わっていくから、難しいですよね。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 感動した 】 ★ ★ ★ ★ ★ レポを見る
不倫、離婚、、、そこら辺にいる夫婦大半が考えたり、経験したりしてること。 おとやんといちこの選んだ結末は、私のもう一つの道だったかもしれない。 そう納得がいくリアルに溢れた漫画でした。 離婚と、家族の死がかぶることってよくあるんですね。 いちこのお母さんが、いちことおとやんを結びつけてくれたのかなぁ。 そして、気を使ってるフリをしていても、それが相手に伝わってしまうこと、相手がまた気を使って何も言えなくなること、すごくよくある日常。 日々、周りの人に優しくしようと思いました。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 ついに終わってしまっ… 】 ★ ★ ★ ★ ★ レポを見る
ついに終わってしまった!最終巻! 全7巻だったんですね。あまりに読み応えがあるからもっと長いかと思ってたけど、ギュッと凝縮されて、いらないコマは一コマもありませんでした。 最後の最後で離婚した時はどう終わらせるかと思ったけど、いちこちゃんがインナーいちこに素直になれて本当によかった。 とても素敵な漫画です。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 やっぱり良かった! 】 ★ ★ ★ ★ ★ レポを見る
渡辺ペコさんの漫画、絵やストーリーが好きで、この1122もドキドキおろおろしながら楽しんで読んでた。 未婚の自分のくせに、いちこの葛藤を、あらゆるところで同感しながら、おとやんとの仲を祈るように読んでいた。 最終巻は感動だった。一時、マジかと思ったけど。 人が人を愛することは一筋縄ではいかないのだろうけど、お互いを思い、お互いと生きるという思いがあることは、素敵だと思うし羨ましい。 いちこちゃん、おとやん、末永く幸せでいてね。 渡辺ペコ先生、やっぱり素晴らしい。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 うーん、ありそうでなかった切り口 】 ★ ★ ★ ★ ☆ レポを見る
公認不倫という設定に驚きつつも、読み進めていく うちになぜ二人はこの関係を選んだのかわかりました。 美月・志郎夫妻は支配される愛、いちこ・おとや夫妻は パートナー愛という感じで対照的なのが面白いですね。 ただ2組の夫婦に共通しているのは お互いに自分の不満や 意見を後回しにして溜め込んで言わなかったからだと思います。お互いの本音さらけだせてきたと思います。 婚姻し、同居するだけが夫婦ではない。夫婦の形って 色々あるんだなと思いました。
(公開日:
購入者レポ 【 夫婦の性を直視させてくれました 】 ★ ★ ★ ★ ★
『1122』って皮肉な言葉ですね。システマチックで違和感がある響きだと感じました。結婚は現実、生活。夫婦が苦楽を共にすることは『1122』なんて基準では到底計れません。世間から仲が良さそうに、スタイリッシュにいきていれば『1122』? 日常の中に不満が埋もれてわからなくなって、毎日一緒に笑っていても、築き上げたものが全て崩壊しそうな瞬間もあります。夫婦のことは、夫と妻にしかわからない。一子と二也の『性の問題』は、2人が納得して成立すれば『1122』なのかと、それが探りたくて読み進めています。 一子が語る、性は夫婦であっても個人のものという感覚、わかります。二也の不満解消としての美月、エゴですね。だから、おもしろいです。感情は数字ではないから。 『1122』とは何かを問う作品、いい夫婦とは何かを教えて頂きたいです。そんな期待を込めて、最後まで楽しみにしています。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 美月さんが不憫 】 ★ ★ ★ ★ ★ レポを見る
皆さん、おとやんの不倫相手に手厳しいですね。私は可哀想だと思いましたよ。子どもは手がかかる、夫は寄り添ってくれない、僅かに救いを求めた不倫相手は、しれっと奥さん公認で浮気してますとか言っちゃうし。 思うに、不倫をしてる人って、相手の配偶者に対して、少しでも優位を保ちたいんですよ。隠れて逢ってるワタシ達、罪深いワタシ達…どうか許して下さいね、って。背徳が最上のスパイスなのに、奥さんは知ってる。知ってて泳がされてる。これ、美月さんみたいな女女したタイプからすると、とてつもない屈辱ですよ。そりゃキレるわ、と同情しました。 個人的にはおとやんがめちゃくちゃ嫌いなタイプなので、剣山シーンはザマァと思いましたし、いちこさんにも愛想つかされちゃえ、と思ってます。自分は好き勝手にやってるのに、いざ自分がサレる立場になったらと考えただけであんなになるなんて、情けなさすぎ。覚悟なさすぎ。器ちっさ!
(公開日:
※ネタバレあり 【 共感できるけども… 】 レポを見る
私も夫とのセックスレスで、自分から公認不倫を提案したことがあるので、なんとなーく共感できる所はあります。 うちの場合、夫の方が性欲なくて、私が性欲ありすぎるためでしたが…もちろん却下されました。倫理的にアウトなのは承知ですが、切実だったので。 夫は親友であり、恋人であり、家族で、なんでも言い合い、喧嘩もしますが、穏やかな関係で、別れるつもりはなく、一生一緒にいたいと思うので、この夫婦にはやっぱり共感できるんですけど。おとやんの恋愛脳はムカつくかな。いちこが恋愛OKとしてるから、そこは良いとしても、それを家庭に持ち込むのはアウト。ルール守れなくなったら何のための夫婦ですか? 自分から提案した結婚記念日を延期するとかありえない。他にもいちこに対して誠実さがない。 とりあえず自分もサレ夫になってみたらよろし。 で、本当に大事なものに気付くべき。この夫婦の結末が気になります。
(公開日:
購入者レポ 【 あわいを描いている 】
渡辺ペコらしい、黒でも白でもない、グレーのあわいを描いた作品です。 このあわいが、人間を人間たらしめる純真さなのだと思います。 男女が日本で婚姻関係をむすぶと、人間がモノになってしまう側面があります。 互いに相手を自分のモノとして所有することが、任意で可能になる関係です。 相手が他の人間と恋愛をしたら、不貞だと見なして訴えることができます。 それは、相手がひとつの側面として、自分のモノだからです。 「1122」では、お互いをモノとは見なさないタイプの夫婦が主役となっています。 そして、夫のほうと交際している女性。 彼女は既婚者ですか、主役夫婦とは逆に、彼女の家庭はお互いをモノとして扱う家庭です。 主役夫婦の妻のほうにも、今後べつの関係者ができるかも…?そのひとはモノか?人間か? というところで二巻目がおわります。 はやく続きが読みたいです!
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 夫婦って何だろう…。 】 レポを見る
「マツコの知らない世界」、「女子マンガの世界」の回でも推奨されていたので 思い切って購入しました。 一子さんが可哀想すぎ〜。レスになった原因も最初は拒否したかもしれないけど気がのらない時だってあるじゃないですか! それに人の心は変わるものですよ! まだ一巻しか読んでいませんが 妻の了承を得ているからといって平気で人妻と不倫する旦那も信じられないしデリカシーなさすぎる。その不倫相手の女も嫌いです。子どもに会わせるとかあり得ない! 夫の心の中に別の女性が存在しているなら夫婦でいる意味あるのでしょうか? また一つ夫婦って何だろうと 考えさせられる作品です。
(公開日:
購入者レポ 【 既婚女子はハマると思う 】
試し読みから購入して一気に読んだ。 みんなの会話がいちいちリアルで共感してしまい、面白い。 若い女の子にデレデレするおじさんの気持ちがわかるって言う、いちこが若い男の子に囁かれているシーンはものすごく納得! 先が気になって早く読みたい。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 わかるような 】 レポを見る
結婚をして時間が経過すると、相手の事を家族と思う気持ちが強くなり、異性としての対象にならなくなるのはあり得ると思う。 それが良いか悪いかは、それぞれ考え方や男女の関係性の違いによるけど。 大人になると、恋愛よりも楽しいことがたくさんあると気付くので、独身の頃の様に、恋愛ばかり追いかける事はなくなると思う。 でも、結婚している相手が、自分以外と恋愛しているのは、複雑な気持ちになり案外辛いのかも知れないと、この物語で知った。 主人公には、風俗ではなく普通の恋愛をして欲しいなと、思います。今後の展開に期待しています。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 公認不倫 】 レポを見る
二巻まで読みました。結婚してお互い思いやりのある仲良し夫婦だけどある日の妻のsex拒否から公認不倫がはじまる。わかるな~。夫はよきパートナーだけどまぁドキドキはいつまでもはしないよね。我が家はこんなルールは作らないけど公認不倫を許した妻、不倫する夫、だけど夫を求めた時やはり恋愛感情が外にある夫は妻を拒否してしまう。でも実は妻も不倫をしてよいのだ。妻が外に性的欲求を求めた時、この夫婦に未来はあるんだろうか。ドキドキワクワク今後の展開が楽しみです。
(公開日:
購入者レポ 【 続きが気になる 】
試し読みから入りました。レポ読んで続き買うか迷ったんですけど、買ってよかった。面白い。試し読みだけと、本編全部読んだのじゃ全然作品の印象が違います。
(公開日:
購入者レポ 【 面白い 】
朝日新聞のマンガ評で絶賛されていたので読んでみました。ほんとに、面白い。絵もいい。レスになるのは簡単だけど、レスから戻るのはほんとに難しい。超身につまされて引き込まれました。
(公開日:
※ネタバレあり 【 胸糞悪い〜 】 レポを見る
フィクションと分かっていても胸糞悪い話です(笑) 公認不倫 って、、婚姻関係続ける意味が分からない。 妻公認で堂々と不倫してる旦那も、公認してるくせに不満やら葛藤がある嫁も どっちも気持ち悪い(笑) こういうお話って、読者に何を伝えたくて作るのかな? よくわからない作品だなーと個人的な感想です。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 試し読みから2巻まで… 】 レポを見る
試し読みから2巻まで購入。 いちこの気持ちもわからなくもない。公認不倫をいいよと言った手前、嫉妬してる自分を認めたくない。おとやんの自分はしてるけど相手がすると胸がつっかえるのも悲しいけどわかる。 ただ、私個人の感想としてはこんな夫婦嫌ですね。 女っけなしのセックス拒否の嫁、嫁から公認不倫の言い渡しがあるからといって真に受け不倫する旦那。どちらもおかしい。なによりおとやんの不倫相手が一番嫌いです。不倫にもルールがある。人が家にいる時間を把握しながら涙ながら電話をかけるのはご法度。卑しい女。 女から嫌われる代表の性格してますよね。とにかくあざとい。不倫相手の旦那がモラハラだからおとやさんに癒されたい、その気持ちもわかるけどどう引っくりがえっても不倫は不倫。節度を守れない女は不倫する資格なし。 まして障害児ギリギリグレーゾーンの息子がいての不倫だから万人受けするマンガにはなれそうにないですね。
(公開日:
購入者レポ 【 既婚者です 】
とても面白いです。私は大好きな夫と結婚して5年になりますが、結婚生活は冷めています。この話ほど状況は極端ではないけど、すべての夫婦が持っている悩みが描かれていて、すごく考えさせられます。最初は好きで結婚したはずなのに。相手の長所、恋愛の時は自分と違うところが魅力だったりするんですが。結婚生活を続けていくと決定的な価値観のズレだと気付く。でも諦めちゃったらそれで夫婦は終わりなわけだし、距離を縮めたいけど、近づこうとすると確実に失敗するという。夫婦とはそういうものなのでしょうか。私も夫と仲良くしたいんで、ヒント欲しいです。素敵なシーンは、奥さんの実家で、旦那が奥さんを庇うところ。夫の実家が出てこないってとこが、一番の結婚のドロドロを避けていて、むしろ爽快です。旦那は分かりやすいキャラです。奥さんは自分の願望がわからないめんどくさい人。でも新たな快感を開拓し、これからどう変わるか、楽しみですね。
(公開日:
購入者レポ ※ネタバレあり 【 これはあかんですよ。 】 レポを見る
公認不倫。これはもうねぇ、それをやったらお終いよ!って話ですよねえ。夫婦の関係はそれはもう色々あると思いますけど、ともあれ「怒る権利」の放棄はいかんです。この日本国における一夫一妻制の意味! リアルに意見するなら、おとやといちこちゃんは一回籍抜いて同居人としてリスタートしてみたら良かったんじゃん?(子無し、互いに収入有り、親族問題も絶望的ではなさそうだから)そこから始まる未来もあるでしょ?、と思うのですが、リアルじゃないから漫画としておもしろいですねー。 そして美月さんは終わっている。というか彼女はとても恵まれているね。余裕があるからこその不倫だわな。不幸ぶるなよなー(♯`∧´)専業主婦で経済的不安もとりあえずなく習い事までさせてもらって旦那も義母さんもそこまでではない、もっとヤバい人はいる。お子さんのことは何とも言えないが、それを差し引いてもさー。ぎぇー、嫉妬嫉妬!当方三十路独身。
(公開日:
購入者レポ 【 うーん 】
公認とはいえ、なりゆきからの提案でなりたってるだけで、旦那のウキウキになんかムカつく。 優先はあくまで妻だろ。 相手もなんか息抜きってより子供から逃げたいだけだろ。 優しいと優柔不断は=じゃない。
 

おすすめ作品

無料会員になるとこんなにお得!/

会員限定無料 もっと無料が読める!
0円作品 本棚に入れておこう!
無料で読める
来店ポイント 毎日ポイントGET!
5倍の日もあり

お得感No.1表記について

「電子コミックサービスに関するアンケート」【調査期間】2020年10月30日~2020年11月4日 【調査対象】まんが王国または主要電子コミックサービスのうちいずれかをメイン且つ有料で利用している20歳~69歳の男女 【サンプル数】1,236サンプル 【調査方法】インターネットリサーチ 【調査委託先】株式会社MARCS 詳細表示▼

本調査における「主要電子コミックサービス」とは、インプレス総合研究所が発行する「電子書籍ビジネス調査報告書2019」に記載の「課金・購入したことのある電子書籍ストアTOP15」のうち、ポイントを利用してコンテンツを購入する5サービスをいいます。
調査は、調査開始時点におけるまんが王国と主要電子コミックサービスの通常料金表(還元率を含む)を並べて表示し、最もお得に感じるサービスを選択いただくという方法で行いました。

閉じる▲