\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

特集 彼は私を溺愛中

特集 彼は私を溺愛中
俺だけの君にしてしまいたい…
甘すぎる一途な愛にドキドキがとまらない!

お前の初めては全部俺がもらってやる

その溺愛、お断りします
その溺愛、お断りします

その溺愛、お断りします

建築事務所で働く梨子は、恋愛未経験の“恋がしたい”21歳。幼なじみで8歳年上の社長・虎鉄は、カッコイイけれど兄妹のような関係だから、発展性ゼロ…。なのにある日の合コン帰り、突然「お前の初めては全部もらう」と虎鉄にファーストキスを奪われてしまった…! それ以来、社内でも隙さえあれば迫ってくる虎鉄に、梨子はたじたじ。もしかして私、からかわれてる…?そう思う梨子には、実は虎鉄を“好きにならない”ワケがあって――。ドキドキが止まらない!年の差溺愛オフィスラブ?(この作品は電子コミック誌comic Berry's Vol.32・33・34・35・36に収録されています。重複購入にご注意ください)

溺れるほど愛される新婚生活の始まり

お気の毒さま、今日から君は俺の妻
お気の毒さま、今日から君は俺の妻

お気の毒さま、今日から君は俺の妻

「だったら、私をいくらで買ってくれますか?」――天涯孤独の悲しみから救ってくれた初恋の人・春樹を失った日から、毎日喪に服すように生きているOLの澄花。後輩に誘われ紛れ込んだパーティーで、主催する企業の副社長・葛城と出会う。彼とは初対面のはず…なのに、まるで澄花をよく知っているような素振りを見せる葛城。さらに、恩人を救うため途方に暮れていた澄花に、契約結婚を持ちかけてきて――?『強引ドクターの溺愛処方箋』の孝野とりこ先生、衝撃の最新作! (この作品は電子コミック誌comic Berry's Vol. 76~80に収録されています。重複購入にご注意ください)

従順ならざる恋の戯れ

執事・黒星は傅かない
執事・黒星は傅かない

執事・黒星は傅かない

【「花と悪魔」「黒伯爵は星を愛でる」の音久無、待望の最新作!!】『その執事、お嬢の前では少々××が過ぎるようで…?』執事・黒星は自由奔放、他人の話は聞く耳持たず。おまけにこの方、ドの付く××なんだとか…。しかし一番の問題は……内弁慶な女子高生お嬢・紫が、黒星に恋心を抱いていることで――?執事×お嬢の従順ならざる恋の戯れ、幕開けでございます。

お前がそばにいないことが考えられないんだ

強引ドクターの溺愛処方箋
強引ドクターの溺愛処方箋

強引ドクターの溺愛処方箋

離さない、俺のものにするまで――沙織は医療品メーカー営業の27歳。仕事一筋で営業成績も常にトップ、恋とは無縁の日々を過ごしていた。そんな沙織は、取引先の病院で一番の人気を誇るイケメン外科医・真木先生が大の苦手。過去のトラウマから「恋より仕事」と色恋沙汰を避けてきたのに、隙さえあれば甘く迫ってくる真木先生にヤキモキしていた。ところが、ある日突然「好きだ」と告げられ、さらにキスまでされてしまい――!? それからというもの、会うたびにヒートアップする真木先生の溺愛っぷりにたじたじの沙織。軽い男だとばかり思っていたのに、一心に愛を伝えてくれる彼に沙織は惹かれ始めていて…。甘すぎ注意! 突然のキスから始まる、お医者様との溺愛ラブストーリー。 (この作品は電子コミック誌comic Berry's Vol.41~45に収録されています。重複購入にご注意ください)

所構わずカラダを狙われて触られて、もう逃げられない…!

先生は私のカラダを愛してる
先生は私のカラダを愛してる

先生は私のカラダを愛してる

先生の指が、私のカラダを愛おしそうになぞっていく…綺麗だなんて初めて言われて、嬉しいけど…好きなのは「骨」だけ――生物担当の烏水先生は、顔は良いけどいつもダルそうでなんかテキトー…だけど意外と面倒見が良くて、なぜか接点ができちゃう…。そんな先生を手伝いの最中にうっかり押し倒しちゃって――雰囲気が一変!?はだけた制服から覗く素肌を、背中から胸へと撫でられ、耳元で甘く囁かれ…「俺の標本になってくれ」――ってこの先生、骨フェチ!?変態教師に所構わずカラダを狙われて触られて、もう逃げられない…!

この娘は僕の専属にします

変態上司は私のカラダに用がある
変態上司は私のカラダに用がある

変態上司は私のカラダに用がある

「触り心地、確かめさせてください」憧れの上司の手に、胸元やスカートの中をまさぐられ…。地味な私のカラダになんでそんなに執着するの…!? 借金を抱え、会社に内緒でキャバクラで働く千夏。そこへ憧れの上司・雪代さんがご来店! Wワークがばれてしまったけれど、事情を知った雪代さんは「僕だけの専属にします」と家政婦として雇ってくれることに。はりきる千夏だが、雪代さんの家には“開けてはいけない部屋”があった。うっかり中を見ると、そこには隠し撮りされた千夏の写真と、大量のあるモノが…! ヒミツを知られた雪代さんは豹変! 押し倒され、「喘いだ顔を見せて」と彼の舌がカラダ中を這って…。私の上司、変態だった――!?

この特集を友達に共有する