\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌

『愛されてもいいんだよ』先行配信記念 女性百合漫画家×レズ風俗店長対談

『愛されてもいいんだよ』先行配信記念 女性百合漫画家×レズ風俗店長対談

「レズ風俗……そんなのあるの!?」――コミックDAYSで連載中の『愛されてもいいんだよ』のヒロイン、23歳のOL・倫(りん)は、知り合ったばかりの女性から「女性専用レズ風俗店 ゆりとぴあ」のHPを見て、心のなかでそう叫ぶ。同じように感じる読者は多いのではないだろうか。性風俗店といえば男性のためにあるもの。そんな時代は終わりつつある。女性向け風俗、なかでも女性が女性に性サービスをする「レズ風俗」の台頭が目覚ましい。

レズ風俗店に所属し女性にサービスする"キャスト"となった倫を描く『愛されてもいいんだよ』の作者、天野しゅにんたさんと、レズ風俗店を展開する「レズっ娘クラブ」の代表・御坊(おぼう)さんによるクロストークをお届けする。同グループは、2007年に「レズっ娘クラブ」を開店、現在は東京・大阪で計3店舗を構える業界のトップランナーで、同作に取材協力もしている。

<本稿は、現代ビジネスの記事『「レズ風俗」にハマる女性が続出中…知られざる「新しい快楽」の秘密』を一部抜粋したものです。全文はこちら(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/74303)

御坊:『愛されてもいいんだよ』おもしろかったです! 僕はレズ風俗店の経営者で、しかも男なんで、実はキャストがお客様をご案内する現場の様子は知らないんです。「本当にこんな感じなんやろうな~」というリアリティを感じながら読ませてもらいました。

天野:ありがとうございます。私が描いてきた作品は、“百合モノ”……女性同士の恋愛や性愛について描くコミックのジャンルに属します。その世界では以前からたびたびレズ風俗が登場し、私も目にしてはいたのですが、一方でなんとなくそれはファンタジーの産物なんだろうと思っていたんですよ。

ところが、永田カビさんの漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(2016年、イースト・プレス)を読んで、本当にあるんだ! と驚いたんですよね。

御坊:永田さんが訪れたのが、うちのお店だったと。同じく漫画がきっかけで知ってくださった方、多いです。

天野:どんな女性が利用しているのか、働いているキャストさんはどんな人たちなのか……すごく好奇心を刺激されました。

御坊:こういってしまうとつまらないかもしれませんが、お客様はいたって「普通」の女性ばかりですよ。年齢は、下は20歳前後から上は70歳前後まで。職業も幅広いです。

レズ風俗とはいいますが、セクシュアリティもそれぞれで、実はレズビアンとはっきり自認されている方は少数派で、バイセクシュアル、ヘテロセクシュアルの方が多いですね。夫や彼氏といった、男性パートナーがいる方もいますよ。それから、自分のセクシュアリティがわからないからそれを探るために、という方も少なくありません。

天野:普通というとキャストさんもそうですよね。取材で「レズっ娘クラブ」の事務所にお邪魔しましたが、みなさん、すてきなカフェで働いていそうな雰囲気。ボイ系*のキャストさんがさっそうと出かけていく姿を見て、さわやかで好感度が高いなぁと思いました。

*キャストは主に見た目の特徴から、女性らしい「フェム系」、男性のような「ボイ系」、その中間にあたる「中性系」に便宜上、分けられている。

御坊:『愛されてもいいんだよ』の倫は、契約社員として勤めてはいるけれど、仕事にも職場の人間関係にも引っかかるところがあって、疲れ気味。自分はこのままでいいんだろうか……と思っているときに、レズ風俗の世界を知るわけですが、彼女に親近感を覚える女性は多そうですね。

天野:レズ風俗についての話題をメディアでよく見聞きするようになりましたが、特に性にアクティブでもない女性にとっては、まだまだ身近とはいえない世界だと思ったんですよね。普通の女の子は、どういうきっかけがあればそこに飛び込もうって思えるんだろう、とあれこれ想像をめぐらせました。すごく勇気がいるんじゃないかと。

御坊:現実のお客様を見ていても、ものすごい勇気を出して来てくれたんやなぁ、って感じることが多いですね。初めての予約のとき、「お店のことは何年も前から知っていたんですが、やっと決心できました」と書き添える方がとても多いんです。

天野:そこで踏み出した一歩は、人生の大きなターニングポイントになるんじゃないかなぁ。

御坊:女性が利用できる風俗店があること自体、まだあまり知られていないですから。

天野:「ないこと」にされてきましたよね。

御坊:男性がサービスする女性向け風俗店もありますが、知ってしまえば「女性同士のほうが安心、怖くない」と思われる方が多いんですけどね。

天野:だからこそ、風俗店を利用したことのある女性と、ない女性とは、何かが違ってくる気がするんです。『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』の作者・永田カビさんももそうでしたし……。

御坊:倫もそうですよね。

天野:はい、それを転機として人生が変わっちゃうぐらいの出来事。レズ風俗にはそういう側面があるのではないかと思っています。

御坊:倫は初めてのレズ風俗体験で、性的な行為を楽しむことに躊躇していますよね。「エロいと思われて嫌われたらどうしよう」と思って、開放的になれない。

天野:自分がどうしてほしいのかを言えないんですよね。性のことだけでなく、日本人女性は自分は何が欲しいのかをはっきり言語化できる人が少ないんじゃないでしょうか。私自身も優柔不断だし、希望があっても「これをいって嫌われたらイヤだなぁ」と思うこともよくあります。

御坊:ご利用の前に、「エッチな人間だと思われませんか?」と問い合わせをされるお客様、実際にいらっしゃるんです。それに、うちのグループでは予約時、キャストに自分の希望を伝える「伝言欄」というシステムがあるんですが、空欄のままという方は少なくないですね。

ご案内時にキャストらができるだけ希望を汲み取ろうといろいろ質問しても、「うん」「いいえ」ばかりで、何をしたいのか見えない……というのはよくあることのようです。それでも会話の端々からその人のパーソナリティや思い、したいことをキャッチしてご案内します。

天野:倫はそこを乗り越えることで、少し前に進めたと思うんですよね。

御坊:『愛されてもいいんだよ』の連載をはじめる前に、天野さんには取材として「鑑賞コース」を体験してもらったんですよね。「レズ鑑賞クラブティアラ」独自のコースで、キャスト同士の絡みを見てもらうというものです。触らない、触らせないが鉄則。いかがでしたか?

天野:びっくりでしたね。女性同士どころか、他人の性行為なんてめったに見られるものではないじゃないですか。それが目の前で繰り広げられている……。最初は戸惑いもしましたが、すぐに見入ってしまいました。あれは男性がよく利用されるコースなんですか?

御坊:男性からのリクエストではじめたんですが、いまは男女カップルのお客様にも好評です。最近は女友だちと一緒に利用される女性も増えてますよ。

天野:女性たちは、どういう目的で鑑賞されるんでしょう?

御坊:いちばんは好奇心ですね。女性同士ってどうやってするの? っていう。「きれいだった」「自分の身体にも肯定的な気持ちになれた」という感想をいただきますね。

変わったところでは、プレイ中のキャストをデッサンされる方たちがいらっしゃいました。同人誌を描かれているそうです。写真はNGですが、デッサンならOKです。

天野:その需要はありそう! 私も女性同士の絡みを描きますし、『愛されてもいいんだよ』にもそのようなシーンが出てきますが、漫画だと構図のわかりやすさが大事なので、体位もだいたい決まっているんです。ナマの肉体の動きはぜんぜん違うんだと思いました。

御坊:「こういう体位をお願い!」と指示を出してもいいんですよ。自分でシナリオを作ってきて、そのとおりに演じてほしいという方もいます。

鑑賞コースだけでなく、デートコースもビアンコースも最低限のルールはありますが、楽しみ方は自由。お店のほうから「こうしてください」というのはないんです。キャストとお客様とで作り上げていくものだから。

天野:鑑賞を終えてから事務所にお邪魔したのも印象的でした。事務所というより誰かの自宅みたいで、くつろぎ感がハンパないなぁと。

御坊:性風俗店っていうと、事務所が殺風景で、「アレは禁止」「これはダメ」といった紙がべたべた貼ってある部屋でキャストの女性が待機……というイメージがあったのですが、自分だったらそんなところにずっといたら心が荒みそう。それって、いい接客にはつながらないやろうなぁと感じたので、リラックスできる場にしようと思ったんです。

「レズっ娘クラブ」の事務所

御坊:『愛されてもいいんだよ』のキャストさんも、それぞれ個性的ですよね。

天野:ストーリーが進んだら、まだ何人か増えることになると思います。

御坊:キャスト同士でもいろいろとドラマが起きそうな予感がしますが……実はうちでは、キャスト同士の恋愛は厳禁です。 キャスト同士も恋愛対象になりうるのはレズ風俗ならではですが、僕は開店当初、それに気づいていなかったんですよ。おかげでトラブルが絶えなかったので、禁止にしました。

天野:それは大変そうです(笑)。

御坊:天野さんの作品は、“百合モノ”というジャンルに属するものだと思うのですが、そのジャンルの作品は、どういう方が読まれているんですか?

天野:基本は男性読者が多いんですが、私の作品に関しては女性の読者さんも多く、レズビアンの方も読んでくれているという声をいただきます。

「女性同士であること」にリアリティを感じて、自分の生活と地続きにある世界のお話として読んでくださる方も、現実とはちょっと離れたファンタジーっぽい作品を好まれる方もいますから、人それぞれですね。

御坊:いまは女性も、「百合モノの漫画や小説が好き!」と公言しやすくなっているんですか?

天野:だいぶ市民権を得てきたと感じます。公言しても、「あ、そうなんだ」と受け止められているようです。とはいえ、聞く人によっては驚かれるのかもしれないけど……。

御坊:レズ風俗にも通じるものがありますね。利用するのを悪いこととは思っていないにしても、人には知られたくない方が多いです。

でも若いお客様を中心に、「すごくよかったよ!」と友だちから聞いて予約するという方も増えています。「百合漫画ファン」も「レズ風俗利用者」も堂々と公言できる社会になってほしいですよね!

Text=三浦ゆえ

愛されてもいいんだよ 分冊版

愛されてもいいんだよ

ときめき、快感、癒やし――全部あげる。ここは、あなたが自分を取り戻せる場所。「レズ風俗」に来てもいいんだよ。試用期間中の会社で、採用をエサにセクハラを受ける倫。「世界は私にやさしくない…」落ち込む倫の前に、不思議な美少女・諒が現れる。「2万であたしの2時間買って。人生変わるよ」倫が思わず諒の手を取ると、着いた先はラブホテルで――!?いま注目を集める「レズ風俗」を舞台に描く、愛と再生の物語!