\会員登録(無料)キャンペーン中/

人気メニュー

お得情報

ユーザーメニュー

ヘルプ&ガイド

漫画を探す

無料漫画

ジャンル別漫画

メディア化漫画

人気の著者

人気の掲載雑誌


「放課後はオトナの関係」特集

キャンペーン期間

2019 10/10 まで
このキャンペーンは2019年10月10日に終了しました。
柳原くんはセックス依存症。【フルカラー】

柳原くんはセックス依存症。【フルカラー】

あらすじ|ストーリー

「俺、今発情中だから―」保健室、温もりを求めるように優しく、幾度も唇を重ねる柳原くん。彼は、「セックス依存症」でした。過去のトラウマから男性に触れるのが怖いという悩みを持つ養護教諭、志帆。ところがある日、体調不良で保健室に来た男子生徒、柳原くんに押し倒され、突如キスされてしまう。咄嗟に突き飛ばしてしまうも、実は彼もまた「セックス依存症」という病を抱えている一面を知る。触れたい彼と、触れられるのが怖い志帆…柳原くんが提案したのは、毎日保健室で肌と肌を触れ合わせて慣らしていこうという約束であった。

放課後、ラブホで、先生と。【フルカラー】

放課後、ラブホで、先生と。【フルカラー】

あらすじ|ストーリー

「ここはそういう場所だろ?」ラブホのSMルームで先生に押し倒されて…!?どうしよう、逃げられない…!!昼は女子高生、夜はラブホのオーナーの柑奈。もちろん学校のみんなには内緒。忙しい毎日に成績はガタ落ちで留年スレスレ。でも密かに片想い中の斎藤先生に2人きりで補習してもらえてちょっと嬉しいかも。―そんなある日、ラブホに女連れで来店してきたのは…え!先生!?しかも宿泊は一番人気のSMルーム!!あのさわやかな先生が…!?なんて思ってたらよりによって先生と鉢合わせ!これから私どうなっちゃうの!?

先生、AV男優してるってほんとですか?【フルカラー】

先生、AV男優してるってほんとですか?【フルカラー】

あらすじ|ストーリー

先生がAV男優!?放課後、二人きりの教室…授業じゃ見せない表情で先生の唇が近づいて…ってAVで見たシチュが現実に…!?教室で見つけた1枚のAV。AVなんて見たことも無かったのに、憧れの三隅先生に見つかり持ち主だと勘違いされちゃった…。その晩、姉のAVをこっそり借りて初視聴…するとそこに映し出された男優は、三隅先生…!?先生のイケない一面を知り、核心に触れようとした私に「本当に俺がAV男優だったら、二人きりのこの状況相当ヤバいと思うけど」と黒板に追いやられ、急接近。嘘…本当に先生とシちゃうの…!?

時を止めて、君に、イケナイコト。【フルカラー】

時を止めて、君に、イケナイコト。【フルカラー】

あらすじ|ストーリー

もしも時間を止められたら、女子だってちょっとイケナイコトしちゃう…よね?でも、時間を止めても好きな人の前じゃ余裕ゼロで…。女子高生のさくらはドジをしては同級生の彰にからかわれる毎日。でもある日突然、「息を止めている間だけ時間を止める能力」を手に入れてしまう。いつものドジで男子の着替え中に入ってしまったさくらは、早速能力発動!でも、ドキドキしすぎてすぐに能力が切れちゃって、憧れの人をうっかり押し倒しちゃった!なんとか逃げ出したけど、能力を彰に勘付かれてしまったみたいで…!?

不健全ホストに、キマジメJK。【フルカラー】

不健全ホストに、キマジメJK。【フルカラー】

あらすじ|ストーリー

No.1ホストのマンションで押し倒され、制服に手が滑り込んでくる…こんな横暴でふざけた男、好きじゃない、のに――入院した父親の代わりにホストクラブのオーナーになった女子高生・千夏。出勤初日、ホストの1人に「お前、男知らねーだろ」と笑われ、唇を奪われる。そのキスはとろけるほどアツく気持ちよくて…しかし非常識な言動に怒った千夏は、勢いで彼を解雇してしまう。そのホストこそ、実はお店の売上No.1ホスト・レイだった!戻ってほしいと謝る千夏を「なら条件がある」と押し倒すレイ。…まさか、条件って身体で!?

あくまで、カノジョは襲われたい【フルカラー】

あくまで、カノジョは襲われたい【フルカラー】

あらすじ|ストーリー

「俺、かれんが動くまで余裕で待つよ?」身じろぎすれば唇が触れる、意地悪な彼との距離。思い切って私からキスしてみたら――佐治と私は付き合って2か月。なのに、「私がOKするまで触らない」という約束のせいで、まだ手を繋いだこともない。本当は触れたいんだけど…素直になれずに冷たくしちゃって…。「いっそ佐治から襲ってきてくれたら」ある日、そんな本音が偶然バレて、放課後の教室で迫られて…!?期待してしまう私を「かれんから襲ってよ」と焦らす佐治。一瞬だけなら…そう思ったキスは、舌を絡めてアツくなっていって…

このキャンペーンは20191010日に
終了しました。